マインドコントロールの原理と応用

岡田 尊司『マインド・コントロール』 より引用

第一の原理:
情報入力を制限する、あるいは過剰にする

第二の原理:
脳を疲労状態のおき、考える余力を奪う

第三の原理:
確信をもって救済や不朽の意味を約束する

第四の原理:
人は愛されることを望み、裏切られることを恐れる

第五の原理:
自己判断を許さず、依存状態に置き続ける

岡田 尊司『マインド・コントロール』
http://gangstalking-crime-databease.blogspot.com/2013/10/blog-post_17.html