電磁波兵器を利用した諜報戦術の対策プログラム ※私的メモ

光学兵器を利用した諜報戦術の対策を身に付ける必要がある

テクノロジー犯罪は軍事・諜報の分野であり、嫌がらせではありません。いかに相手を追い込み、利用し、実験データを得るか加害勢力は常に考えています。これは兵法の世界です。

先日、本屋で『逆境に強い心の作り方』という本を中古で購入しました。

システマ ピンチを生き延びるための原則
・呼吸、リラックス、姿勢、動き続ける
・恐怖心のコントロール
・キープ・カーム
・回復
・己を知る

私がシステマに興味を持ったのは、「サバイブ(生き延びること)」に重点が置かれているためですね。システマのサバイブスキルは、集団ストーカー被害者の役に立ちます。

同じレベルの電磁波兵器の攻撃を受けていても、体質や脂肪、年齢、免疫によって年間の総体蓄積ダメージは異なります。いかにダメージを減らし、回復力を高めるか、防御以外にもこの観点が必要だと気付きました。
(肉体的ダメージと精神的ダメージ、双方について。)

テクノロジー犯罪被害者が身に付けるべきいくつかの必須スキル

・洗脳を解除する技術
・相手の諜報工作を分析し対策する技術
・肉体を休める技術

この3つは必須です。特に心身の回復力は大切です。
テクノロジー兵器の防御は最重要ですが、相手は軍事技術のため防御にも限界があります。電磁波の総体被ばく量を抑え、バランスの取れた食事をして、自然の中を歩き、日光を浴びるだけでもかなり回復力は取り戻せます。

電磁波を利用した諜報工作を分析する

電磁波兵器は被害者だけではなく、周辺の人間にも利用され、高度な情報工作が行われています。まず、この事実を強く認識する必要があります。

被害者ごとに人体実験プロジェクトが異なるようで、電磁を利用した工作も共通点は多いものの被害者ごとで内容が異なります。料理の献立の様に拷問メニューを組み立てている様に私は感じます。冷静に分析すると、時間帯ごとに被害内容が変わっており、毎日同じ時間に特定の被害を受けることもあります。例えば、休憩時間前、休憩時間中、仕事が終わる〇〇分前など。

遠電磁波兵器で、遠隔から人間の言動を自由にプログラムしてセッティングできるという現実

電磁波兵器を利用すれば、特定の人間に遠隔から特定の言葉を喋らせたり、特定の動きを強制させる事も出来ます。感情も体調も操作可能です。アンドロイドを遠隔からプログラムできるように、人間の言動を遠隔からコントロールできます。

これを利用して、加害勢力は被害者だけではなく、周りの人間にも電磁波干渉をして様々なトラップを仕掛けてきます。例えば、仕事で特定の人にミスをさせて、引継ぎを被害者にさせるなど。日々色々なところで、こういった実験をしている様です。

※頭が回らないため、続きは明日書きます。