医療利権と軍閥、財閥 ※私的メモ

日本の医療利権は旧軍閥と財閥の関係が深い

・日本の医療利権や、医者の組合などは旧日本軍の影響力が非常につい良いことが分かりました。
・株式で見ると、外資がかなりの比率を占めています。
・石油系財団を始め、ある種の財団も医療利権に深く関わっています。
・軍産複合体、核利権、医療利権、麻薬利権、防犯利権が密接であると分かりました。

近代医療の教育にはロックフェラーなども関わっています。
精神医療に関しては、ダビストックから派生しています。

近代医学は、詐欺的な錬金術です。
基本は、自己免疫力と漢方、自然療法で治し、
緊急時のみ、病院に行き応急処置をするべきです。

ここで書きたかったのは、警察利権と同じく医療利権も、
時代の積み重ねによる搾取機構に過ぎないということです。
はっきりいって、人間狩りと人体実験要素があります。

病院に行くよりも、病気にならない健康な生活を心がけてください。

(memo)

医者の組合
全て旧日本軍が親になって作られている
https://ameblo.jp/karajanopoulos1908/entry-12582230282.html
医療0315

各国の医療利権の歴史を調べると、集団ストーカー解明のヒントが得られるかもしれません。日本においては、医者の家系みたいなものも結構あるみたいですね。赤十字とスイスの関係も重要です。

どの国でも帝国主義的な軍の本質は、盗賊、海賊、空賊です。テンプル騎士団や東インド会社と同じで、大きな利権の流れを時代に残す。制御の効かない軍閥は時に暴走し、国内の利権を狩り始めます。制御が肝心です。