組織的工作とテクノロジー犯罪は別のレイヤー

テクノロジー犯罪と、組織的工作をする部隊は、別々であり、背後にそれを統括する者がいる。
レイヤー1.テクノロジー犯罪、高度な電磁波兵器を運用する。機密であり、管理は軍諜報機関であり、高度なプログラムが使われている。
レイヤー2.組織的人的工作。

集団ストーカー被害者が犯しがちな間違いは、1つの組織がテクノロジー犯罪も組織的監視付きまといも行っているという考えです。基本的に私は、テクノロジー犯罪は在日米軍、自衛隊情報本部、公安、NSA,CIA,およびその下請け機関だと考えています。そして、組織的付きまといは、アイク歓迎実行委員会の現代版である、警察ネットワーク、宗教ネットワーク、地下組織ネットワーク、防犯ネットワーク、対テロネットワークの融合だと考えています。

レイヤー1とレイヤー2を統括管理するのが、軍情報部や諜報機関なのが普通です。末端に行くほど作業は細分化され、全体像は何も知らされておらず下手をすると、自分が何をやらされているかもわからない人たちが増えてきます。

つまり、集団ストーカー犯罪の全容を知るものはごく少数であり、ほとんどの工作員は細分化された作業に徹しているわけです。技術屋は技術屋であり、スパイ工作はスパイ工作であり、嫌がらせは嫌がらせで、特定の人間がテクノロジー犯罪をしながら、スパイ工作をし、さらに嫌がらせをしているわけではありません。ここは重要なので、覚えておいてください。

仮に末端の工作員を捕まえて、聞き出しても恐らく情報は出てきません。せいぜいリーダー格とそのグループの人脈程度でしょう。まぁ、下から順々に上を調べていく方法もありますが、一番情報を持っている人から聞くのが一番です。

集団ストーカー犯罪のレイヤー分析

1.テクノロジー犯罪
2.スパイ工作(プロの技術)
3.誰でもできる人海戦術的工作

さらに、1,2,3のレイヤーも細かく細分化すると、さらに分けられます。この分析から見えることは、3の誰にでもできる工作を担当しており、なおかつ何もこの犯罪の全体像を知らされていないザコは無視して、1.と2.の対応に徹底する事です。

集団ストーカーの対策は、レイヤーごとに分けた方がいいです。
1.テクノロジー犯罪の対策
2.スパイ工作の対策
3.誰にでもできる工作(ほのめかしや嫌がらせ)は法を犯さない限り無視が基本

自らがもつ時間とエネルギーの総量を、レイヤー対策ごとに上手く使い分けましょう。情報共有する事も大切です。スパイ工作は被害者側が学習し団結すればかなり防げます。やはり、最後の難関はテクノロジー犯罪の対策です。ここは、専門家や弁護士の知恵を借りていくのがいいと私は思います。普通の主婦やサラリーマンには、対応にも限界があります。

皆さんも、自身に対して行われている加害を分析し、レイヤーごとに分けて対策してください。そうすれば、無駄な時間とエネルギーを使わずに、自分の人生にも時間を使えるようになります。

今後の課題

レイヤー1のテクノロジー犯罪の分析と対策、周知、そして何よりも重要な防御方法の確立電磁波兵器の防御方法が確立しない限り、民族と国家はつねに存続の危機にある。核シェルターと同じくらい、今後電磁波シェルターが普及するでしょう。そうすれば、私たちにも手が届きやすくなります。ですが、それまでは自分たちで考え対策を見つけるしかありません。

レイヤー2のスパイ工作は、軍事やスパイ工作に関する書籍を学習すれば、かなり対策が出来ます。嫌がらせ犯罪では決してなく、住居侵入の上での工作行為は完全なスパイ工作であるという認識を持ってください。まずは、意識改革が必要です。