3大騎士団人脈と集団ストーカーという名の超国家的侵略システム ※重要

三代騎士団

ドイツ騎士団

聖ヨハネ騎士団(マルタ騎士団)

テンプル騎士団

集団ストーカーの黒幕を調べていると、一時期ブレジンスキーを始めとしたマルタ騎士団人脈にあたりました。その後調べていくと、やはり軍情報部や諜報機関、結社の上層部に三大騎士団人脈がいると分かりました。

集団ストーカーシステムの最重要部を、王侯貴族直轄の代理人と、3大騎士団から派生した人脈が占めているのです。(特にテクノロジー犯罪)

イエズス会もフリーメイソンも、テンプル騎士団の人脈の影響を受けています。どんな秘密結社でも、核となる人物は5~10人程度とどこかで読みましたが、イエズス会もフリーメイソンもトップは同じであり、核は同じ人脈で占められています。

3大騎士団と聞くと、日本は関係ないように聞こえますが、明治維新以前から現代まで、深く関係しています。集団ストーカーには、テクノロジー犯罪には、軍・諜報機関が、スパイ工作には、諜報機関や忍者、技術者が、組織的工作には宗教ネットワークと警察ネットワーク、地下社会ネットワーク、防犯、対テロネットワークが利用されています。

まとめ

集団ストーカーに関与する最上層部は、やはり日本でも、欧米の特定の血統や3大騎士団ネットワークと深く繋がっています。集団ストーカーというのは、国境を越えた超国家的勢力の侵略システムです。日本の歴史が古代から欧州と、連動して動ていたことを知る必要があります。明治維新以降、主体となった勢力や皇室周辺も、3大騎士団と深いつながりがあります。


(memo)

なぜ政府ではなく、民間企業であるFRBが通貨発行するのか?
http://utg.sblo.jp/article/187152108.html

超国家主義
分かりやすくする為に、ポルトガル+スコットランド+ドイツ騎士団のグループと書きましたが、ポルトガル国家全体やスコットランド王国全体という意味ではない事に注意して下さい。彼らのポリシーは超国家主義です。国と言う単位は、仮の住処に過ぎません。ポルトガルにも巣食い、フランスの一部であるブルゴーニュ公国にも巣食い、最終的にオランダ王となり、英国にも王権を得た一族等は、ぞの代表格でしょう。この一族はドイツ騎士団側とも婚姻していますね?ヘッセン家と婚姻しているのです。彼らが欧州で用意周到に興した国家乗っ取りは、英国、スペイン、フランス・・・多くの国に及びます。英国ではジャコバイト派として動いた訳です。このジャコバイト派の王位継承権を主張する中には、かの有名なサヴォイア家も入っています。また彼らが欧州で既得権を得る為の動きに連動して、極東の国でも戦国時代が終わり江戸時代に入ったり、江戸期を終了して明治期に入ったりと、都合良く動かされてきました。関ヶ原の合戦の年には、英国東インド会社が設立され、その後オランダ東インド会社、そして西インド会社になり、ニューヨークの原型を米国で作っていますね?あっぱれとしか言いようがない程、緻密に連動して動いています。明治維新(1868年)は普墺戦争(1866年)でドイツ騎士団側が勝利した2年後の事です。皆さんが学校で習った歴史の授業は、裏さえ知っていれば、とても連動性が在る、壮大な実録物語なのです。

3大騎士団
寺、仏教等に纏わる裏金のネットワークは、ローマ帝国時代の3大騎士団が形を変えた、国際的商業ネットワーク=フリーメーソン(イルミナティー)の一部に組み込まれていると考えると分かり易いでしょう。有名なテンプル騎士団はフランス王との対立により解散された後は、ポルトガル、スペイン(アラゴン王国+カスティーリャ王国)、スコットランド等に分散しながらも、交易ネットワークは維持された訳で、ポルトガル+スコットランド+ドイツ騎士団のグループをメイソン、アラゴン王国+カスティーリャ王国側がイエズス会と大雑把に見れば、現代に至る流れが見えてきます。これらの流れに移行されるのが12~13C頃でしょうか、その勢力関係でスイスの様なタックスヘブンも出現します。このメイソン側の30~32階級を宗門会議と称し、寺、仏教関係の中でもここに入る団体が多く存在します。一方、神道等の寺社側はイエズス会仕切りのネットワークに組み込まれた団体が多く存在します。この二元論を、過去の3大騎士団が形を変えたネットワークが操っているのです。

(引用終わり)