毛利家、島津家と忍者

毛利と忍者

毛利元就の忍者〈世鬼一族・座頭衆〉
https://ncode.syosetu.com/n2851cy/23/

【世鬼一族】
http://blog.livedoor.jp/sakonsimotukenokami/archives/18035951.html

元就と間者
http://samuraiworld.web.fc2.com/motonarikiko-ninja.htm

松蔭の闇~「ウラ毛利」と呼ばれる忍者集団の存在
http://www.rui.jp/ruinet.html?i=200&c=400&m=262941

島津と忍者、山伏

薩摩島津家の忍者〈兵道家・鞍馬揚心流〉
https://ncode.syosetu.com/n2851cy/25/

薩摩島津家の忍者〈山くぐり衆〉
https://ncode.syosetu.com/n2851cy/24/

イエズス会のフランシスコ・ザビエルを日本に輸入した薩摩の山伏鮫島の子孫が小泉進次郎だ。彼がCSISの傀儡というのも当然の流れだ。昔から続く日本侵略機構の手先というわけだ。そして、小泉進次郎は人口削減を推奨。
FEMA計画はバックに、イエズス会が絡んでいる。

山伏は海の民でもあり、バチカンと繋がっていたりする。
山窩ことサンカと亀(カメツリ編)
http://tokumei10.blogspot.com/2012/06/blog-post_3158.html

山窩ことサンカと根来衆(切支丹忍者編)
http://tokumei10.blogspot.com/2012/06/blog-post_6034.html?m=1
まあ要するに隠れキリシタン人脈こと隠れ羅馬教人脈は現代版忍者みたいなもんですね。

(memo)

山伏、サンカ、乱波(忍者)

・忍者の服部家は、もとは秦氏です。

全国の忍者流派
http://www.eonet.ne.jp/~bankeshinobi/ryugi.html

忍者・忍術の研究ノート
https://ncode.syosetu.com/n2851cy/

忍者とカラス
http://utg.sblo.jp/article/178835498.html
どうも日本国は実態を知らぬのに、洗脳され情報をまき散らす輩が多い様で、忍者=間者=諜報機関とカラス=俸公衆が混同されているようです。

俸公衆とは表向きにはトップとされる天皇からの権威ルートでの支配体制を堅持する為の裏方、つまりトップダウン施策遂行の為の特殊部隊です。

これに対しク●マ寺に代表される諜報部隊は、一般社会でおこる現象を吸い上げるために民間、官僚、警察・・・あらゆる領域に入り込んで情報を吸い上げるボトムアップの流れであり、複数の得意先を持ちます。この上得意先としてカラスさん達=俸公衆が居るだけで、他にも得意先は存在するのです。また、この衆の出自を辿ればクーロン一族を含む、多国籍群であり、日本国に古くから存するが、決して日本国民とは言えぬ連中です。

5摂家を頂点としていた一時代前の公家システムから、新規公家システムに移った現在も1人の鳳の下に3トップという体制は存在しています。この実質権益を支配する3トップに入る家柄は、5摂家の中からは1家だけです。

(引用終わり)

九龍一族と云うと、日本の漫画で徳川家康との関連をほのめかす作品を想起する方も多いのでしょうが、裏国際経済界では武闘派として知られる、実在する集団です。満蒙開拓移民で知られる満蒙国時代には、中野学校と並び称された存在です。
http://utg.sblo.jp/article/179344411.html

  秀吉は鉢屋出身の軒轅という下忍であり、毛利元就もまた鉢屋出身の上忍であった。「藤吉郎さりとてはの者なれば」と書いた『安国寺文書』は、秀吉は毛利と同じ鉢屋族だから秀吉を助けろといったものであろう。もちろん毛利氏の先祖を大江氏につなげた系図は偽作で、天皇家の系図と同じく血はつながっていない。元就が系図握造の利得者であり、そして忍者の支配者だったからこそ、長州忍者の吉田松陰は寅之祐を睦仁とすり替えるという忍法を考えついたのである。足利義満の血系を天皇にしていたのだから、誰が天皇になってもこれ以上悪くならない。

 これに対して、家康はささら遊女お大の私生子で長じて弾左衛門体制に属する願人になったが、たまたま松平家の当主にすり代った。この手口が慶喜によって明治天皇すり替えプランとなったのである。国家非常の時こそ忍者たちの出番であった。

 7、戊辰の戦い以後の明治天皇は孝明天皇の子の睦仁ではない。孝明天皇は岩倉の義妹の堀河紀子邸で、ひそかに便所の床下にひそんでいた伊藤によって刺殺された。岩倉が厠番(かわやばん)の非人を買収しておいたのである。ついで、その子の睦仁も岩倉に買収された朝廷の医者によって毒殺された。そのあと南朝の子孫と自称する長州麻郷の「饅頭職人」だった大室寅之祐が睦仁とすり替った。まさに長州忍法「変身の術」であった。

 松下村塾ははちや忍者の養成所であった。日本全国を隠密として廻り、あげくの果てにアメリカを見てこようとした吉田松陰も、もちろん長州の中忍であった。もと石見銀山を支配していた筆頭家老の益田家に毛利家から養子が入って上忍となり、幕末、益田家老が松陰を中忍として利用したのである。
http://utg.sblo.jp/article/186150717.html