カイザーウィルヘルム協会(マックスプランク研究所)

マックスプランク研究所の前身であるカイザーウィルヘルム協会、王立国際問題研究所の姉妹機関であるダヴィストック人間関係研究所。近代マインドコントロールはここから派生していますが、名称にヒントがあります。どちらも、特定の王侯貴族直轄の機関です。今回は、カイザーウィルヘルム協会の方を取り上げます。

人間は自殺しない
https://boogierock.hatenadiary.org/entries/2015/03/08

『ユートピアの表面的なゴールは人類に世界的な幸福を与えるというものである。しかし,彼らの裏に潜んだ意図は世界民衆の(マインド)コントロールを段階的に増して行くということでもある。19世紀に大英帝国とドイツは主要なイルミナティ(現在は4千万人のイルミナティがいるという)のコントロール地域であった。行動科学研究(Behavioral Science Research)は1882年にイギリスで設立された。しかし,マインドコントロールに関わる,最初の医学,精神医学技術はドイツのカイザル・ウイリヘルム研究所で開発された。Human Relationsのタビストック研究所は1921年にロンドンに設立された。人間のBreaking Pointの研究のために(注:人間がある限度を超えると正常な精神状態を保つことが出来なくなるポイント)。1932年,ドイツの精神医学者クルト・レウインがタビストック研究所の取締役となった。イギリスとドイツは壷の中の二つの豆のようにマインドコントロールを分け合った。彼らの兄弟団は(アドルフ・シュタイナー<ドイツ>とウイン・ウエスコット<英国>を軸とする)黄金の夜明け結社(Order of Golden Dawn)と黄金の曙ヘルメス教団を通してこれらの二つの団を結合させた。この秘密結社は多くのナチス党員とイギリス貴族社会を構成した』。

(引用終わり)

カイザー・ヴィルヘルム学術振興協会 Wikipedia

1927年にカイザー・ウィルヘルム人類学・人類遺伝学・優生学研究所が設立されました。この研究所は、ナチス時代にはナチス人種衛生学の研究拠点となり、ここの研究者たちは上述の人体実験などにも深く関与していました。
https://www.lit.osaka-cu.ac.jp/user/tsuchiya/class/vuniv99/exp-lec3.html

ナチス・ドイツの「優生政策」の実態
http://inri.client.jp/hexagon/floorA6F_hb/a6fhb700.html

ナチスとアメリカの「優生思想」のつながり
http://inri.client.jp/hexagon/floorA6F_hc/a6fhc550.html

マックス・プランク研究所 Wikipedia

ヴィルヘルム2世 (ドイツ皇帝) Wikipedia
※マックス・プランク学術振興協会の前身となるカイザー・ウィルヘルム協会は、1911年1月11日にドイツで設立されました。

黄禍論 Wikipedia

オラニエ=ヘッセンに乗っ取られた大英帝国

ヴェルフ資金と操られた江戸
http://utg.sblo.jp/article/178401019.html
普墺戦争(ふおうせんそう)は、1866年に起こったプロイセン王国とオーストリア帝国との戦争。

女街のヴェルフ家の流れを汲むハノーヴァーの資金、ヴェルフ基金を普墺戦争の勝者ビスマルクのプロイセンが奪う。これが英国の乗っ取りを決定的にするのです。

(引用終わり)

普墺戦争/プロイセン=オーストリア戦争
https://www.y-history.net/appendix/wh1202-113.html

ヴィルヘルム1世 (ドイツ皇帝)
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%B4%E3%82%A3%E3%83%AB%E3%83%98%E3%83%AB%E3%83%A01%E4%B8%96_(%E3%83%89%E3%82%A4%E3%83%84%E7%9A%87%E5%B8%9D)
1862年にオットー・フォン・ビスマルクを首相(ドイツ語版)に任じ、軍制改革を無予算統治で断行。ドイツ統一戦争に乗り出し、1871年の普仏戦争の勝利でドイツ皇帝に即位してドイツ統一を達成した。

関連記事:タビストック人間関係研究所の洗脳システムと集団ストーカー
https://ameblo.jp/syuusuto-memo/entry-12566561723.html