ロックフェラーと近代日本、そしてTIとの関係

ロックフェラー一族は、トルコ(元の名はRaw-gen-mute?)から、フランス、ドイツ、アメリカ経由で、元はカルヴァン派プロテスタント系です。ロックフェラーは、一般的にはWASPだと考えられていますが、トルコ以前に、スペイン・ポルトガルにいたスファラディ系の隠れユダヤ系貴族という説もありますが、真偽不明なので保留にしておきます。

最初に読者の皆さんが知っておくべきことは、ロックフェラー一族は大英帝国の背後にいる(特にオランダやスコットランド)貴族たちの米国での代理人という立ち位置だということです。彼らは背後にいる王侯貴族から資金を提供され与えられた役割(プログラム)をこなしているだけです。いってみれば、ロックフェラーやロスチャイルドはタコの足の一本です。タコの頭を潰さない限り、代理人を潰しても新たな足が生えてくるだけなのです。

※ロックフェラーとロスチャイルドは、元は別系統ですが、それぞれのバックの貴族たちが、時に協力することもあり、それに伴いロックフェラーとロスチャイルドも部分的に協力関係にあります。例えばD.ロックフェラーは仏ロスチャイルド系と関係が深かったです。ロックもロスチャも、派閥に分かれ一枚岩ではないのでご注意ください。

ロックフェラーに関する基本情報


ロックフェラー家 Wikipedia
ロックフェラー家(Rockefeller family)は、ドイツ南部のプロテスタントの一派バプテスト(浸礼派)として起源を持ったアメリカ合衆国の名門一族。祖先はフランス系のユグノー出身であり、本来の家名はロクフイユ(Roquefeuille)であったが、ドイツへの移住とともにロッゲンフェルダー(Roggenfelder)となり、アメリカに移住してからロックフェラーと改称した。


ロックフェラー01

(引用終わり)

ロックフェラーは遡ると歴史が古いのですが、今回はジョン・ロックフェラーから日本と関係する人物を、ポイントだけ取り上げます。特に、近代日本と関係が深いデイビット・ロックフェラーに関して書きます。


ジョン・ロックフェラー Wikipedia

ロックフェラーの資金提供で1903年に創設された一般教育委員会は、アメリカ全土の様々なレベルの教育促進のための組織である。1901年、ニューヨークにロックフェラー医学研究所を創設。研究所は1965年にロックフェラー大学となり、医学以外も扱うようになった。

※ロックフェラーは、アメリカの教育や医療にも大きな影響を与えています。実は、現在の薬の多くは石油の副産物から作られています。

ジョン・ロックフェラー2世 Wikipedia

ロックフェラー2世はその文化事業によって最も記憶される。彼は一族と共にロックフェラー財団とロックフェラー大学を創立した。さらにヴァージニア州のコロニアル・ウィリアムズバーグの再建に資金を提供し、ニューヨークの国連本部の建設敷地を寄贈した。

ロックフェラー財団 Wikipedia

アフリカで緑の革命を主導。戦前はナチスの関係者に資金提供を行っていた。

ロックフェラー財団の慈善事業は大変に有名である。主な慈善活動は、1)医療、健康、人口科学、2)農業、自然科学、3)芸術、人文科学、4)社会科学、5)国際関係の5つである。

世界中から数千人の科学者や研究者が、財団の研究員として、あるいは奨学金をもらい、最先端の研究をしている。多数の大学や研究所に寄付を行っており、後のロックフェラー大学となるロックフェラー医学研究センターなどを設立した。また様々な機関に建物などを寄付している。

助成金などにより当財団から寄付を受けている主な機関と企業は以下の通りである。
外交問題評議会
王立国際問題研究所
ブルッキングス研究所
世界銀行
ハーバード大学
イェール大学
プリンストン大学
コロンビア大学 - ロシア研究所を設立
フィリピン大学
マギル大学
アメリカ議会図書館
ボドリアン図書館(オックスフォード大学)
人口評議会
社会科学研究評議会
国立保健医療科学院(日本)
ロンドン・スクール・オブ・エコノミクス
リヨン大学
モンサント (企業)

(引用終わり)

※ロックフェラー財団が寄付している組織は、非常に興味深い。

ネルソン・ロックフェラー Wikipedia

ジョン・ロックフェラー4世 Wikipedia
小沢一郎著『Blueprint for a New Japan 英文版 日本改造計画』(講談社インターナショナル、1994年7月)には、ジョン・ロックフェラー4世による序文がある。

※Wikipediaの情報が、多少印象操作されている感じを受けます。

デイヴィッド・ロックフェラー Wikipedia

日本との関係

1972年(昭和47年)、デイビッド・ロックフェラーはオランダ王室にビルダーバーグ会議への日本の参加を打診したが断られたため、ズビグネフ・ブレジンスキーに日本が加わる会議の創設を提案した。宮沢喜一、大来佐武郎らを招待した勉強会が開催され、翌年の1973年10月に「三極委員会」が誕生した。

1978年(昭和53年)に日本文化を伝える非営利団体「ジャパン・ソサエティー」の名誉会長に就任。

1988年(昭和63年)の創設時から1990年(平成2年)まで高松宮殿下記念世界文化賞の国際顧問を務め、その後名誉顧問に転じた。

1989年にロックフェラー家がロックフェラーセンターを三菱地所に売却した際、米国民から批判が巻き起こったが、デイヴィッドがその矢面に立った。

1991年(平成3年)には勲一等瑞宝章を受勲した。

1994年(平成6年)に明仁天皇(現明仁上皇)がニューヨークを訪問した際には自邸に招待した。

2007年(平成19年)に11月に来日、回想録(日本語版)の出版記念会が都内のホテルで催され、出版記念サイン会がMoMA Design Storeにて催された。デイビッド・ロックフェラーの来日はシティグループがサブプライム問題で大きな損失を被ったことと関係があるとする報道が見られた。

新生銀行の社外取締役を勤めた。

(引用終わり)

集団ストーカーシステムを考える上で、特に重要なのが、デイビット・ロックフェラーとブレジンスキー、ロックフェラー財団、及びその寄付を受けている組織です。

キッシンジャーの主人はネルソン・ロックフェラーだったんだ
そしてブレジンスキの主人がデイヴィッド・ロックフェラー
https://ameblo.jp/karajanopoulos1908/entry-12311747561.html

ロックフェラー財閥系企業の一部
【通信】NBCテレビ、AP通信、USNEWS
【石油】エクソンモービル、テキサコ(石油を利用した製品)
【軍事】ボーイング
【食品】ペプシ
【情報】IBM、ウェスティングハウスエレクトロニクス
【建設】ベクテル(世界最大のゼネコン)、ロックフェラーセンター
【金融】モルガンスタンレー、チェース・マンハッタン銀行、
ファースト・ナショナル、シティバンク
【交通】GM・フォード・クライスラー(米BIG3)
【その他】GE(ゼネラル・エレクトリックは世界最大のコングロマリット)

ロックフェラーと近代日本

CFRや日米三極委員会をとして、戦後ロックフェラー一族は日本に大きな影響を及ぼしてきました。第二次世界大戦でロックフェラーは勝者側に立ちつつも、ナチスを支援し、戦争で莫大な利益を得ました。ロックフェラー一族は、米国の帝王の1つであり、敗戦国である日本がその支配下に置かれるのはある意味当然の流れです。

ロックフェラーが日本を支配しているのではなく、大英帝国貴族の代理人ロックフェラーとその組織が、米国経由で日本を植民地化する作業を進めたと私は考えています。

mCFR

ツイートまとめ テーマ:CFR関係者との会合に於いてデイビッド・ロックフェラーの肖像画の前でTPPの推進や農業市場の開放を「宣言」する安倍「総理」。CFRこそが安倍一味の真の親分。
https://kokuhiken.exblog.jp/29529993/

今の日本の政治家は、CFR,日米欧三極委員会、CSIS,CIA,日米合同委員会のメンバーに傀儡されています。

野口英世は1904年よりロックフェラー医学研究所で研究に従事した、ロックフェラーのエージェントですが、彼が千円札になっている時点で、また上記の写真を見ればロックフェラー一族が日本で大きな力を持っていたのが分かります。ただ、D.ロックフェラーとブレジンスキーが亡くなり、日本への影響力は減少しています。

ちなみに、トランプ政権もロックフェラー人脈と強い関係にあります。ロックフェラー一族の有力者が消えても、その財力と米国での影響力は今だ健在です。

三極委員会 Wikipedia
検索に移動
三極委員会(さんきょくいいんかい、英: Trilateral Commission, 略称:TLC, 仏: Commission Trilatérale)は、国際社会における日本・北米・欧州(三極)の協同を促進する為に設立された非営利の政策協議組織である。世界各国から著名な政治家、財界人、学者などが参加する。発足時の名称は「日米欧三極委員会」。

1973年にデイビッド・ロックフェラー、ズビグネフ・ブレジンスキーらの働きにより、「日米欧委員会」として発足した。

日本・北米・ヨーロッパに設けられた三つの委員会によって総会が運営される。参加国は委員会の規定では「先進工業民主主義国」とされている。三極委員会の目的は、先進国共通の国内・国際問題等について共同研究及び討議を行い、政府及び民間の指導者に政策提言を行うことである。

欧州では90年代中頃に中欧諸国から、北米では2000年にメキシコから参加者があり、2000年以降にアジア太平洋地域の参加国が拡大されることから、日本委員会はアジア太平洋委員会となった[6]。それにともない日本語名称は「日米欧委員会」から「三極委員会」に改称された。

(引用終わり)

1972年、デイビッド・ロックフェラーはオランダ王室にビルダーバーグ会議への日本の参加を打診したが断られたため、ズビグネフ・ブレジンスキーに日本をメンバーとする会議を創設することを提案した。宮沢喜一、大来佐武郎らを招待した勉強会が開催され、翌年の1973年10月に「日米欧委員会」が誕生した(「3極委員会 新たな転機」(春原剛)日本経済新聞 2008年1月21日)。西側の「大西洋同盟重視派」が反対したとも言われている(中田安彦『ジャパン・ハンドラーズ-日本を操るアメリカの政治家・官僚・知識人たち』 日本文芸社 2005年)。

※デイビット・ロックフェラーもバックは、オランダ王室です。キャボット>シェルバーン>ロックフェラーであり、ロックフェラーより上の貴族は複数います。
※ロックフェラーは、国連やWHOの設立にも関与しています。

外交問題評議会(CFR) Wikipedia
名誉会長はデイヴィッド・ロックフェラー。会長はリチャード・ハース(前国務省政策企画局長)。理事長はピーター・G・ピーターソン(元商務長官、ブラックストーン・グループ会長)。

png-image-2_orig
米国の被害者は、ロックフェラーやロスチャイルド、CFRもTI(集団ストーカー)に関与していると考えている様です。米国の植民地である日本は、米国のTIネットワークに組み込まれている可能性があります。もちろん、日本独自の諜報ネットワークが利用されているケースもありますが、テクノロジー犯罪は自衛隊+在日米軍を通し、被害者のデータが米国経由でさらにイギリスやベルギー、スイスに行っている可能性があります。恐らく、世界中の被害者のデータはどこかで集約され、人工知能世界政府のために利用されていると私は考えています。

スーパーコンピュータ BEAST(獣) があるベルギーのブリュッセルは、元はオランダと繋がっていました。
https://syuusutomemo.fc2.net/blog-entry-67.html

さらに、ブリュッセルにはタクシスの本拠地がありますが、タクシスが所有するドバイでは、人工知能政府が動き始めています。
https://www.mag2.com/p/money/397953

今回の記事は、集団ストーカー解明のヒントの模索なので、日本の政治とロックフェラーの関係は(文字数の関係上)省きます。

重要なのは、D.ロックフェラーの卒業論文が優生学的なフェビアン協会であり、ナチスとロックフェラーは歴史的に大きな関係があり、日本の医療利権、癌利権にもロックフェラーは大きな影響を持っている事です。ロックフェラーの企業グループは、1つの帝国になっており、財界を通しても日本に大きな影響を与えています。

世界的なTIとの関係

集団ストーカーの黒幕は、世界的な王侯貴族連合です。ロックフェラー一族の立ち位置は、大英帝国(本当は大英帝国の背後にいるオランダやスコットランド)が米国に遣わした代理人の一人です。つまり、ロックフェラー一族が日本を支配しているというよりも、大英帝国の特定派閥貴族の代理人が米国を通して日本を支配している形になります。

ちなみに、米国中央銀行(FRB)や王立国際問題研究所は、派閥の異なる世界王族の合同機関であり、ロックフェラーやロスチャのものではありません。管理を任されている代理人に過ぎないのです。FRBに関しては、ウォーバーグが大きな役割を果たしており、ウォーバーグの代理人がかつての白洲次郎です。

国際文化会館人脈と白州次郎
http://www.asahi-net.or.jp/~vb7y-td/k6/160718.htm

世界的なTIとロックフェラーの関係を考える上で重要なのが、優生学とナチスとの関係です。そして、日本の医療利権との関わりです。カイザーウィルヘルム協会(マックスプランク研究所) にもロックフェラーは資金提供をしていました。

ナチスとアメリカの「優生思想」のつながり
http://inri.client.jp/hexagon/floorA6F_hc/a6fhc550.html

「スタンダード石油」とナチス
http://inri.client.jp/hexagon/floorA6F_hc/a6fhc200.html#02

フェビアン協会 とは
https://syuusutomemo.fc2.net/blog-entry-157.html

戦後、バチカンがナチスを米国に送り、その人脈の一部がOSSと融合しCIAが生まれました。ナチスの遺伝子を受け継いだ米国諜報機関は明らかにロックフェラーやウォーバーグ一族とも深い関係にあります。CIAのMKウルトラに利用されたLSDは、ウォーバーグ系企業で開発されたものです。

また、ロックフェラーは、イルミナティ13血流の1つでもあります。
※イルミナティ13血流の各ファミリーは、アスター家、バンディ家、. コリンズ家、 デュポン家、フリーマン家、ケネディ家、. 李家、オナシス家、ロックフェラー家、ロスチャイルド家、. ラッセル家、ファン・ダイン家、ダビデ血流(メロヴィング朝)。

そして何より、D.ロックフェラーの右腕だったブレジンスキーは、20世紀後半の世界全体のプランを考えるディレクターの1人でもあり、ここが電磁波兵器やナノ兵器を利用した人類支配と大きな関係を持っています。

ブレジンスキーが提唱する「テクネトロニック(Technetoronic)」と集団ストーカー
https://ameblo.jp/syuusuto-memo/entry-12433245717.html

集団ストーカーは、国境を越えた超法規的犯罪です。その核には、イルミナティ13血流を含む超法規的な財閥ネットワークの存在があり、各国に政府内政府、国家内国家を所有しています。集団ストーカーには、明らかにディープステート側の国家機関と、金で雇われた諜報ネットワークが使われています。ロックフェラーが犯人ではなく、ロックフェラーはそれらのグループを構成する1つの有力な家系とみてください。

ラッセル家も大きな役割を果たしています。
バートランド・ラッセルと優生学
https://syuusutomemo.fc2.net/blog-entry-134.html

こうした、優生学的思想、超人思想を持った財閥グループが手を組み、派閥に分かれながらも両建てで世界を共同支配しているのです。近代医療もロックフェラーの悪しき教育や洗脳が、影響しています。現在の薬の多くは石油の副産物から作られていますが、本来はそんなものは必要ありません。抗がん剤に関しては、マスタードガスです。毒兵器の在庫や石油のゴミを加工して、薬として植民地の人間に買わせて飲ませて人口を減らしているのです。

ロックフェラー、優生学、メンタルヘルス、教育、WHO (年表)  by 気まぐれです。
https://syuusutomemo.fc2.net/blog-entry-174.html

速報720号 ニック・ロックフェラーは「全住民にマイクロチップを埋め込むのが最終目標だ」と言った
https://www.tup-bulletin.org/?p=741

ロックフェラーとTIの関係 まとめ

ロックフェラー一族というよりも、ロックフェラーの背後にいる王国貴族の複数の代理人が、超国家的なグループになり米国に君臨しています。彼らは自らの利権を得るためにどんな手段も取ります。現在の世界は、大きく分けて2つの派閥があります。そのどちらも集団ストーカーシステムを所有しています。ロックフェラーとロスチャイルドは本来は異なる派閥ですが、部分的に協力しながら世界を支配しています。

ロックフェラーは戦後の日本に大きな影響を与えています。意外ですが、反原発運動の1つの流れも石油利権です。なので、原発批判で石油利権はむしろ得をするので、日本では原発批判で利権を損なうのは経団連や仏ロスチャイルド系です。(核兵器利権にはもちろんロックフェラーも関与しています)。もちろん、ロックフェラーもかなりどす黒いのでご注意ください。日本の医療利権、特に抗がん剤利権にはロックフェラーも絡んでいます。

ネットの世界では、2つの世界派閥が情報工作をしながら相手の派閥をののしっていますが、究極的には黒い貴族から派生した根っこは同じ連中です。どちらも正義ではないので、情報操作に注意してください。


コメント
日本の集団ストーカー被害者は、叩きやすい敵役を好む傾向があります。それが、ロスチャイルド、ロックフェラー、創価学会です。これらの記事は毎度人気ですが、問題の本質ではありません。そろそろ叩いても問題ない叩かれ役の銀行家(タコの足)の背後にいる、タコ本体を問題視していきましょう。



(memo)

イングランドのタヴィストック研究所とカイザー・ヴィルヘルム協会はこういった世界支配の探求の為にロックフェラー財団を筆頭とする多くの富豪達からの資金供給を受けた。
https://blog.goo.ne.jp/skidmore/e/6d37b55d75b3fcdde68dee8ad6427d45

中曽根は児玉誉士夫子分となり政治資金を貰い児玉同様CIAエージェントになった。中曽根は1953年7月~11月ハーバード大学国際問題研究会出席の為に渡米。彼の面倒みたのは当時ハーバード大学助教授ヘンリーキッシンジャー。 キッシンジャーらネルソン•ロックフェラーブレーンだった 。
https://twitter.com/takayukiway/status/328402965754941441

ロックフェラー家は祖先を遡るとカルヴィン派プロテスタントが民衆化した福音派の“大親分”のような存在であり、本来的には正統派ユダヤ教の「選民思想」から出た国家主義的、人種及び民族主義的な性格が強いはずなのである。
http://17894176.blog.fc2.com/blog-entry-792.html

もうひとつ、ロスチャにも二種類あり、J・シフはB、E系と考えてください。日露戦争で日本に巨額の融資をした銀行ですね。先日もロックの運用を任されたりしています。
https://blog.goo.ne.jp/palinokuni/e/8d3e41f8b8eb8c7938e9e67afc5f5f86
※D,Eは共に黒い貴族から派生。派閥にすぎず、両建てで世界を支配。どちらも正義ではないので注意。

鉄道会社はすごかった
https://blog.goo.ne.jp/palinokuni/e/3c3e8a05bb8d6744836fe5d022653205

ロックフェラー謀殺の力学
https://nueq.exblog.jp/22837066/

長いものには
https://nueq.exblog.jp/17815440/

ジャパンソサエティ Wipedia

ビルダーバーグ会議 Wikipedia

クーン・ローブ商会
https://sites.google.com/site/uranenpyou/home/kuhn-loeb-co
1974年、ネルソン・ロックフェラーが副大統領に指名された時に、個人資産を公表しなければならなくなった。その時に明らかになった事は、ロックフェラー家の資産は、ジェイコブ・シフ以来、クーン・ローブ商会が財務管理しており、その投資はすべてクーン・ローブ商会の承認を受けなければならなくなっていたということである。

【FRB設立のための秘密会議のメンバー】

ネルソン・オルドリッチ・・・共和党上院議員で院内幹事。全国通貨委員会委員長。J・P・モルガンの投資パートナー。ジョン・D・ロックフェラー・Jr.の義父。
エイブラハム・アンドリュー・・・連邦財務次官。通貨委員会特別補佐官。
フランク・ヴァンダーリップ・・・ナショナル・シティー・バンク・オブ・ニューヨーク頭取。ロックフェラーとクーン・ローブ商会を代表。
ヘンリー・デイヴィソン・・・J・P・モルガン商会の共同経営者。
チャールズ・ノートン・・・J・P・モルガンのファースト・ナショナル・バンク・オブ・ニューヨークの頭取。
ベンジャミン・ストロング・・・J・P・モルガンのバンカーズ・トラスト・カンパニー社長。のちにニューヨーク連邦宇準備銀行の初代総裁。
ポール・ウォーバーグ・・・ロスチャイルド代理人。クーンローブ商会の共同経営者。
https://sites.google.com/site/uranenpyou/home/frb

ロックフェラー研究所=ロックフェラー大学
https://www.facebook.com/kitigaii/posts/1887142371571989/

ロスチャイルドとロックフェラー、資産運用事業で資本提携 (2012年5月)
https://jp.reuters.com/article/zhaesmb15177-idJPTK814146220120530

※ウォーバーグは、サヴォイアの代理人です。ロスチャイルドは、ヘッセンの代理人です。円卓会議人脈の合衆国代表がモルガン家といわれています。
※ロックフェラー以外にも、クーン・ローブやシフ、ウォーバーグも重要です。米国ではロックフェラーよりも重要な家系(メロン家やモルガン家)がいくつもあります。ロックフェラーやロスチャイルドは、本当の敵を隠す叩かれ役なのです。

タコ足の末路は、大抵本体に回収されるのでした。
https://twitter.com/five1996/status/1054339475860385792