白龍会とグノーシス派イルミナティの繋がり 

大分前に、バランサーフルフォードの本を立ち読みしているとp2ロッジとグノーシス派イルミナティは、人類にチップを埋め込むことを目的にしていると書かれていた。鵜呑みにはしていないが、グノーシス派閥は確かに人類ロボット計画に深く関与している。それよりも気になったのはあれ、白龍会ってグノーシス派イルミナティと共闘宣言していなかったっけ? ということ。

フルフォードレポート(英語版)
https://ameblo.jp/jicchoku/entry-11578576164.htmlt02200176_0500040012620192592

左から右に掛けて、白龍会スポークスマンのベンジャミン・フルフォード、世界武術協会の朝堂院大覚、グノーシス・イルミナティのアレクサンダー・ロマノフ団長である。

(引用終わり)

オーラ分析などは私は信じませんが、直感的にどうも3人とも高位情報機関に洗脳され利用されているのではないかと感じます。自らの内側の知識というよりも、誰かに与えられた知識と思考経路、洗脳アンカーに見えます。

666 イルミナティの革命のためのテキスト
著者:アレクサンダー・ロマノフ
https://www.hikaruland.co.jp/products/detail.php?product_id=223

玄洋社の一部の黒龍会が改名したのが白龍会

黒龍会 Wikipedia
黒龍会(こくりゅうかい)は1901年(明治34年)1月に設立された国家主義(右翼)団体である。中国・満州・ロシア国境を流れる黒龍江に名前が由来する。対露開戦を主張。玄洋社の海外工作センターといわれた。海外では日本の壮士集団、BLACK DRAGON SOCIETYとして恐れられていた。1931年に大日本生産党を結成。1946年、GHQ当局によって、最も危険な影響力のある国家主義団体として解散させられた。

日清戦争後の三国干渉に憤慨した玄洋社の一部が大陸での活動をするために、1901年、平岡浩太郎の甥に当たる内田良平を中心として葛生修吉らが設立した。他に平山周、葛生能久がいた。玄洋社の頭山満が顧問となった。東京神田の錦輝館で行われた発会式には先の葛生、平山の他、伊東正基、吉倉汪聖、佃時夫、大原義剛、権藤震二らが参加した。事務所は芝区西久保巴町の内田の自宅。賛助員として平岡の他には犬養毅、鳩山和夫、頭山満、大井憲太郎、神鞭知常、河野広中、中江兆民がいる。

(引用終わり)

黒龍会 (2008年-) Wikipedia
2008年7月26日玄洋社の創立者の1人である初代社主の平岡浩太郎の曾孫で、歴史作家にしてアジア・ナショナリズムを専門として活動している田中健之、また頭山満の孫に当たる頭山家当主である頭山立国をはじめ、財団法人大東会館理事長の緒方守、旧黒龍会で活躍した制度学者権藤成卿の実父権藤直の師匠で久留米勤皇党の領袖池尻茂四郎の子孫に当る池尻泰顔、それに福岡市の玄洋社遺族会の本松宰らの関係者、旧黒龍会の遺族らとその関係者によって設立されかつての黒龍会を再興したと宣言している。

(引用終わり)

Black Dragon Society (BDS)は白龍会に改名しました
https://benjaminfulford.typepad.com/benjaminfulford/2010/05/black-dragon-society-bds%E3%81%AF%E7%99%BD%E9%BE%8D%E4%BC%9A%E3%81%AB%E6%94%B9%E5%90%8D%E3%81%97%E3%81%BE%E3%81%97%E3%81%9F.html

世界紅卍字会が白龍会と同盟関係を結んだ
http://benjaminfulford.typepad.com/benjaminfulford/2011/04/世界紅卍字会が白龍会と同盟関係を結んだ.html


現在分かっている白龍会が共闘している組織
・八咫烏
・グノーシス派イルミナティ
・世界紅卍会
・青幇・紅幇(チンパンコンパン)

フルフォードと共に、リチャードコシミズ(李)が現れるのも気になります。フルフォードをスカウトしたのは、中丸薫ですが、興味深いのが京都皇統系サイトがこの両者を否定する記事を書いている点です。

なんでもかんでも「ユダ金が~」陰謀論のデタラメ。
https://ameblo.jp/japmasa778/entry-12434864288.html

記事の内容には興味はないが、個人照射型HAARPであるMKウルトラで”プラズマ化”ってなんだろう。
https://ameblo.jp/japmasa778/entry-12594008462.html

”ポストコロナ(國體社会)”と思想的転回…生態系の中で
https://ameblo.jp/japmasa778/entry-12596735891.html

私にはグノーシスの思想共通する点が多いと感じる。何より世界國体のHAARP計画が始動したとあるが、これは私が皇族王族連合のフラクタル電磁波兵器システムといっているものと同一ではないかと疑問を抱いたので、今後調べます。

創価学会、統一教会は京都皇統が作った國體工作機関だった!
https://ameblo.jp/japmasa778/entry-12565702115.html

玄洋社 Wikipedia
玄洋社(げんようしゃ、1881年 - 1946年)は、旧福岡藩(黒田藩)士が中心となって、1881年(明治14年)に結成されたアジア主義を抱く政治団体。日本で初めて誕生した右翼団体ともいわれる。

(引用終わり)


世界紅卍字会 Wikipedia
界紅卍字会(せかいこうまんじかい、The World Red Swastika Society)は、道教系の宗教団体「道院」に付随する修養慈善団体。戦前の中華民国及び満州において赤十字社に準ずる組織として活動した。略称として「紅卍会」とも呼ばれる。

主な会員

出口王仁三郎
出口すみ
内田良平
張海鳳
陳漢森
今小路了円
浅野和三郎
林出賢次郎
岡田茂吉
植芝盛平
堀川辰吉郎
谷口雅春
出口日出麿
出口直日
安岡正篤
笹川良一
笹目秀和
中西旭
五井昌久
伊與田覺
小田野早秧
呉清源
西園寺昌美


(引用終わり)

玄洋社というのは黒田藩であり、イエズス会や麻生とも関係が深いです。
京都皇統~八咫烏~大本~道教系組織である紅卍字会~玄洋社~白龍会~グノーシス派イルミナティ
これらがぐるりと繋がっている点が興味深かったです。バチカンや客家まで繋がっており、壮大な輪が見えます。ユーロシアというのは、そのまま東ローマ主体のNWOなのかもしれません。

ムーンショット計画と、京都皇統の語るポストコロナ(國體社会)の関係性が気になります。
スーパーシティ法案は、ムーンショット計画の前の助走なのかもしれませんね。

私はグノーシス派イルミナティは信用しない

私はどうもグノーシス派イルミナティを語る連中も正気ではないと考えています。私は正気ではない思考を他者に強要する集団や組織は例外なく信用しません。グノーシス派イルミナティを信用しないというより、狂信的な思想を広めて自らが理想とする世界をウイルスの様に全世界に広げようとする全ての勢力を私は信用しません。多様性と寛容、理性こそが今の人類に必要な要素です。

「グノーシス派イルミナティ」他、各種思想工作・憑依型戦術(クロウリー一派、大本一味、「霊性」概念、日猶同祖論等)を斬る
https://kokuhiken.exblog.jp/29462693/

ツイートまとめ テーマ:破グノーシス主義。両建の一角であるグノーシス一派を斬る。
https://kokuhiken.exblog.jp/29633166/

(memo)

思い出したのが私がマツダで期間工をしていた時、心臓にかなり酷いテクノロジー被害を受けたのですが、マツダの再建をした永井家はアイゼンベルグや堀川家と深い関係があります。私は本社のエンジン組み立て課に配属されていたのですが、やたら九州の人ばかりで特に福岡の人間が多かったのを思い出しました。
玄洋社との関係は不明ですが、少なくとも九州の特定のエリアの人間が集められた部署に私が配属され、ある日から突然非常に工作を受けたのは事実です。また、農協でトラブルを起こして期間工になった同期の19歳の子は私より少し前に血便になり体調を崩し退社しました。農協でトラブルというのが気になりました。他にも、別のグループの職長が脳の病気になったり異変ばかりでした。ただし、証拠がないため保留にしておきます。

1つだけ明らかな異変を覚えています。九州の工作員グループの中で、一人よくしゃべる人間がいたのですが、私がその人間が喋ることの違和感について色々考えていたのですが、ある日その人物が身内に不幸があったとのことで顔を真っ青にして九州に戻ったのですが、その後職場に復帰したあと、実家に戻ったが誰も死んでおらず地元の何かしらに叱責をされたような口ぶりをしていました。口が軽い工作員を脅すための演出だったのかもしれません。あと覚えているのは、やたら「男気」とかそういった独特のキーワードを口にしていたことです。集団で弱者を嵌めるとか、男気もくそもねー。


関連魚拓:
ベンジャミンフルフォードで有名な白龍会とは?
https://archive.vn/kKP2k

ルシファー主義、グノーシス、進化論、トランスヒューマニズム
https://ameblo.jp/syuusuto-memo/entry-12596121195.html