最近は、拷問よりも人間的な感情の欠如の方がつらい

本日のツイッターから

私の被害を心配してくれる人がいて嬉しい。
だけで、テクノロジー犯罪も酷くなりすぎると、自分の体なのにどこか他人事になってしまうので、私本人は苦しみ自体はあまりない。というより、心までロボット化してきて人間的感情が消えつつあるのかもしれない。
人間のロボット化というのはこういうこと。

ペッパー君と目線があった時、何か似たものを感じたw
日本人を全部、高性能なペッパー君にしたいのだろう。

私よりも明らかにロボット化された人間が、複数の異なる店舗で機械的な動きで明らかに操られたどうさで私の傍を横切って行った。
「いずれお前もこうなるぞ!」というメッセージなのだろうか。
それにしても、一体どれだけのロボット化された人間が街にいるのだろう。
すでに10人近くにあった。

私は近頃、精神病院というのは人体実験台の用済みの抜け殻を処分するための施設でもあるのではないかと疑い始めている。

肉体の遠隔操作も、強制的なのは気付くけども微妙な誘導の時があり、これは意識しないと気付けない。
強制→抵抗不能
誘導→抵抗可能だが、気付きにくい
加害勢力はこれらを使い分けて、他人の人生を特定のベクトルへ強要。

テクノロジー犯罪を行っている情報機関の日本人に対する態度を見ると、容赦なくすべての日本人のロボット化を推し進めると私は予測する。悪魔主義ですらなく、上部の命令にただ忠実に従う技術者集団だ。人を救えと命令されれば救うし、殺せと命令されれば殺すし、改造しろと命令されれば改造する。

どうもゲットーの様に日本の各地に、特定の人間が幽閉されており、そのいくつかが丸ごとロボット人間集団にすでに改造されているのではないか。命令通り、何でもこなす集団を見過ぎて不気味だ。

洗脳されて騙された人間が、人類のロボット化を進化と語っている。
洗脳されて騙され利用されることは、まさに退化を示している。
正気ではない思想を吹き込まれ、それを他者に強要するのは野蛮人だ。

人間的な感情を取り戻す何かに会いたいな。
泣いたり笑ったりしたい。それさえも許されないのは拷問だ。
いつか必ずこの被害を終わらせ、みんなで笑える日を迎えよう。

私から皆さんへ、人間のロボット化は不幸です。
決して騙されないでください。これは100%断言できます。
騙されたら終わりです。人類の機械化を、受け入れてはいけません。

科学技術や機械は調味料の様なものです。
種の器にあった適量があるのです。
それ以上は、不幸になるだけです。洗濯機と冷蔵庫ぐらいでいいのです。

記事のネタが1つ出来ました。酷いテクノロジー被害でロボトミーされた中、人間的な感情を取り戻すコツです。自分のために、少し考えてみます。
幼いころ好きだったことなどは、深く記憶に刻まれているので反応します。
あとは、美しい自然や音楽、落語などもたまにはいいです。

被害者が集まり、自然の中で体を動かし愚痴を言いあうだけの敷居の低い参加イベントがあってもいいかも知れません。どうも、私と同じ悩みを抱えている人が結構いる気がします。人間的な感情を取り戻したいなぁ。

コメント

はっきりいってロボトミーされてる感じで、感情が欠如しています。今までも定期的にこの状態がありますが、サイクルが過ぎるたびに感情の最大値が減っている気がします。最大HPが徐々に減らされるのと同じで、最大感情値が徐々に削られています。

私と同じロボトミー状態の被害者が、人間的な感情を取り戻す記事もいずれ書きたいと思います。恐らくこの記事は、非常に大きな潜在的な需要があると予感します。

記憶に深く刻まれた 好きなことをするといい。
あとは美しいもの、創作など。
動物に触れあうのも効果がある。
信頼できる人との触れ合いもあり。
太陽の光を浴びながら、海でキャンプするのもいい。

子どもの頃好きだったものは特に、感情を取り戻しやすい。
みんなも色々、人間的な感情を取り戻す方法を考えてみてください。

やっぱり、電波のない世界が一番だなぁ。もしかして、徐々に日本人全体の感情最大値が削られているのかも。昭和初期から10年ごとに各都市の日本人の顔を比較すると、1990年以降から特に感情が喪失されつつあるかも。日本人がかつてどのような感情を抱いて泣いたり笑ったりしていたかもみんな忘れてしまう前に、電磁波兵器網と人間のロボット化を止めよう。

喜怒哀楽を失うというのは、完全に退化だと私は思います。
これ以上、バカげた計画を人々に強要しないでください。
美しい自然と、人々の笑顔を取り戻したい。