3ルートのサイトマップ ※私的メモ

私は、8月いっぱいでブログを停止する予定なのですが、最後にサイトマップを作ろうと思います。私のサイトに来た人たちは、多種多様なため、読者のタイプに合わせたサイトマップを最後に作れたらいいなと考えています。

サイトマップとは、ホームページの中にあるページ構成を一目見て分かるようにした、 目次のような案内ページのことを指します
https://ferret-plus.com/words/1087


被害者向け
・集団ストーカー被害初期の方に向けたサイトマップ
・平均的な被害者のためのサイトマップ
・テクノロジー犯罪被害者のためのサイトマップ

被害者関係者向け
・被害者のご家族や友人向け
・被害者の知り合いや会社の同僚向け

一般市民向け
・入門用
・学習用
・より知りたい方向け

最低、被害者、被害者関係者、一般市民用の3ルートのサイトマップを作ります。余裕があれば、10通りぐらい作りたいのですが、どこまでやれるかはわかりません。

被害者関係者向けの記事も必要

集団ストーカー被害者の周りにいる、ご家族、友人、知人、会社の同僚に向けた記事が少ないなと思いました。以前に一度記事にしましたが、もう一回ぐらい記事にします。皆さんも、ぜひ被害者関係者向けの記事を書いてみて下さい。

被害者のご家族に向けて伝えたいこと
https://ameblo.jp/syuusuto-memo/entry-12431662537.html

集団ストーカーを正しく理解してもらう
https://ameblo.jp/syuusuto-memo/entry-12435302218.html

一般の方々へ 知っておいてもらいたいこと
https://syuusutomemo.fc2.net/blog-entry-16.html


「集団ストーカーのこれだけは知っておこう!」
という一般市民向けの、簡単な説明を書こうかなぁ。


(memo)

集団ストーカー被害者に人生の内に会うのは、決して珍しい事ではありません。友人や知人、会社の同僚に集団ストーカー被害者がいる方もいると思います。それらの人に向けた、簡単な情報を書きます。

集団ストーカー被害者は、極度の身体的、精神的ストレスを抱えている

ストレスも適度にもつのは人生にとって必要ですが、悪性のストレスをため込み過ぎると様々な症状が出ます。

・物事を決められない
・怒りを爆発させる
・物忘れがひどくなる
・元気がなくなる
・いつもくよくよ悩んでいる
・ミスが多くなる。
・死や自殺について考える。
・人間関係が上手くいかなくなる。
・人と交わろうとしなくなる。
・責任を引き受けようとしなくなる。
・注意が散漫になる。
(-米陸軍 FM 3005.70 『サバイバル』2-2)

十中八九、あなたの身近な被害者もこの様な症状を抱えていると思います。被害者に対する対応は、被害者との関係によって異なります。家族や友人など、身近な場合は丁寧に接してください。

知人や会社の同僚など、そこまで関係が密接ではない場合は、何より加害勢力に取り込まれ加担しないことが大切です。あとは、被害者が所有する特性を知った上で、寛容性を持ってこれまで通りに接するのがいいと思います。

テクノロジー犯罪被害者は、記憶の消去や洗脳の被害に常にあっています。仕事を意図的にミスさせられる被害を受けている被害者がほとんどです。細かいミスについては、注意して直せるものと、直せないものがあります。例えば、記憶の問題は、メモ帳を持つことで緩和できます。細かなミスも、確認作業を増やすことで減らすことが出来ます。

ですが、加害勢力が電磁波兵器を利用し、遠隔からミスを意図的に誘発させている限り0には出来ないのが現実です。また、加害側の工作はパターン化されており、繰り返し行われているミスは今後も起きる可能性が高いと考え、あらかじめ可能な対処をしておく必要があります。

会社の同僚に被害者がいる場合

集団ストーカーの被害者の数を考えると、大企業であればどこも複数名の被害者がいるはずです。同僚に被害者がいる場合は、基本はこれまで通り普通に接してください。

知っておくべき点:
被害者は心理工作とテクノロジー犯罪で、極度の緊張状態にあります。テクノロジー犯罪被害者の9割は、会社でも被害にあっています。ですから、就業中も指向性エネルギー兵器の攻撃を受けている状態の可能性が高いです。さらに、精神工学兵器の被害を受けている人は、感情も自在に操作される状態にあります。

また、洗脳の結果、特定の音やにおい、会話に敏感になり注意力が散漫になり、コミニケーション能力も低下し、疲れやすい状態にあります。この被害を、皆さんにわかってもらうのは不可能なため、生まれつき病弱な人ぐらいに思ってくれた方が、私の場合は楽です。これらの症状は、基本的に永遠に終わりませんので難病の症状ぐらいにわりきって接してくれた方が助かります。
(人によって意見が異なるでしょうが…私の場合は、その方が楽です。)

被害者の被害レベルによって大きく異なる

被害を受けながらも、営業成績が高い方もいれば、単純作業さえできない方もいます。これは、個人の素質と被害のレベルが大きく関係しています。例えるならば、癌のステージ1とステージ4の症状の違いぐらい、差があります。


基本は優しく接し、代替案を出す。

被害者に対しては優しく接してください。厳しく接しても、精神的余裕がないため頭に入りません。ミスを繰り返す場合は、このミスを防ぐためにこれを行えばいいという代替案を出したほうがいいです。私を含め、一部の被害者は認知症の症状を強制的に誘発させられています。メモを習慣化するのも有効です。

居場所を作ることが何よりも大切

同僚に被害者がいる場合は、これまでどおり普通に接してください。何より居場所を作ることが大切です。大抵の被害者は、職場で孤立工作に会い、孤立化して心を閉ざしてしまいます。一人でも理解者がいると、とても助かります。あなたの何気ない優しさが、被害者の人生を救うかもしれません。


集団ストーカーの被害者にあったら、これだけは知っておこう!

ある日突然、家族や友人、知人、会社の同僚に「私は集団ストーカー被害者」と打ち明けられて度肝を抜かれてどうしていいかわからない人も世の中にはいるでしょう。そんな人たちに向けて書きます。

・集団ストーカーは、精神病ではない
くれぐれも、精神病院をすすめないでください。大抵、脳を破壊するほどの薬物漬にされてしまいます。

・テクノロジー犯罪による被害は、努力ではどうしようもない
テクノロジー犯罪による遠隔拷問は、24時間行われ、それによる睡眠不足、注意力の散漫、仕事のミスは努力でどうにかなる部分と、どうにもならない部分があります。

・科学的洗脳による感覚敏感と認知の歪みが起きる
ガスライティングの被害などにより、被害初期は現実認識能力が破壊されています。

・理解できないものに、理解を示す必要なない
被害者の話を聞いて、理解できる部分と理解できない部分があると思います。話を聞きつつも、理解できない部分は無理にしなくていいと私は思います。くれぐれも、人格の否定などはしないでください。
「私にはわからないけど、大変だね。」ぐらいでいいと思います。理解できる部分は、理解を示してあげて下さい。

・大切なのは、存在を否定せず、居場所を与え、寛容に接すること
これまで通りに普通に接してくれるのが、一番助かります。家族や友人など、大切な人が被害者の場合は、テクノロジー犯罪の症状と、集団ストーカーの心理工作の内容を学習してください。多少、理解できない事があっても寛容に優しく接して、受け入れてあげてください。あなたの優しさが、被害者の人生を絶望から救うのです。

※頭が回らないため、このぐらいにします。のちほど、改めて記事にします。

被害者は基本的に孤立化工作を受けています。
ぜひ、気分転換のイベントに誘ってあげて下さい。