会社の同僚の集団ストーカー被害者の接し方

※今回の記事は、私個人の意見なので参考程度に読んでください。

集団ストーカー被害者は、大企業にはざらにいます。中小企業にも、点在しています。集団ストーカー被害者とどう接すればいいか、私の意見を書きます。

被害者の個人差は3か月でわかる

被害を受けながらも、営業成績が高い方もいれば、単純作業さえできない方もいます。これは、個人の素質と被害のレベルが大きく関係しています。例えるならば、癌のステージ1とステージ4の症状の違いぐらい、差があります。どの程度仕事が出来るかは、3か月もすればわかると思います。普通に仕事が出来る被害者の場合は、ごく普通に接すればいいと思います。

仕事に支障が出るほど被害が酷い被害者の場合は、被害者特有の特性を知り、寛容性を持って接してください。

テクノロジー犯罪被害者の9割以上は、仕事中も被害を受けている

最も大変なのが、テクノロジー犯罪被害を受けながら働いている被害者です。これは難病を抱えたまま、無理やり働いているのと同じ状態です。できれば、テクノロジー犯罪の被害がどの様なものか、基本知識を身に付けてください。また、ほとんどのテクノロジー犯罪被害者が、仕事をミスするように意図的に脳や人体に電磁波干渉を受けており、ミスをしやすい状態にあります。

加害勢力は、平気で被害者周辺の人間にも電磁波干渉を行う現実

テクノロジー犯罪は、ターゲットだけではなく周りの人間にも及びます。チェスの駒の様に、周辺の人間の脳や人体にも干渉し、ターゲットに仕向けます。例えば、ターゲットにミスをさせた後に、別の従業員に対し精神工学兵器を使用し、問題を広げるなど。この犯罪は大規模な社会実験の要素もあるので、これらの電磁波諜報工作は、日常的に行われます。

基本はターゲットに対しては、24時間であり、周辺の人間に対しては、ポイントのみ使われます。


最初に知っておくべきことは、被害者は極度の緊張とストレス状態にある


集団ストーカー被害者は、極度の身体的、精神的ストレスを抱えています。悪性のストレスを溜めると、この様な症状が出ます。

・物事を決められない
・怒りを爆発させる
・物忘れがひどくなる
・元気がなくなる
・いつもくよくよ悩んでいる
・ミスが多くなる。
・死や自殺について考える。
・人間関係が上手くいかなくなる。
・人と交わろうとしなくなる。
・責任を引き受けようとしなくなる。
・注意が散漫になる。
(-米陸軍 FM 3005.70 『サバイバル』2-2)

十中八九、あなたの同僚の被害者もいずれかの症状が現れている可能性が高いです。まずは、被害者がどの様な目に会っているかを知っておいてください。

【永久保存版】集団ストーカーの手法 まとめ
https://ameblo.jp/syuusuto-memo/entry-12432328284.html

テクノロジー犯罪の被害症状
https://ameblo.jp/syuusuto-memo/entry-12581263795.html

はっきりいって、この被害を受けながら普通の人と同じ仕事をするのは、驚異的な精神力と体力が必要であり、末期がんの患者に常人と同じ様に働けと言っているのと同じぐらい無茶です。特に、被害が酷いと生きているだけで精一杯です。被害が安定し、それ程ではない方でもかなり大きなストレスを抱えています。

大切なのは、ターゲットを追い詰めないこと

同僚の被害者に対して、どうすればいいか。

1.何よりも加害行為に加わらないことが大切。
2.これまで通りに接する。
3.本人の話を全否定しない。被害者の話は、理解できるものは理解を示してください。理解できないものは、理解できないけど、大変そうだねぐらいでいいと思います。
4.居場所を与える。テクノロジー犯罪被害者は、常時体調不良であることをしる。
5.精神病院やカウンセラーをすすめない。

基本は普通に接してください。理解不能な内容の言葉を話してくるかもしれませんが、これらを理解するためには事前知識が必要です。ほとんどの被害者が、自分に対して何が行われているかわかっていません。平均的なサラリーマンがもっている知識の中で、この犯罪を説明しようとするとどうしても支離滅裂になってしまいます。特に、被害初期はだれでも支離滅裂になるので、この期間は多めに見てください。

何よりも寛容性を持って、優しく接してあげてください。
あなたの優しさが、追い詰められた被害者の人生を救います。

普通に接してくれるのが一番うれしい

被害者を追い詰めるのではなく、過剰に心配する事もなく、被害内容を知った上で普通に接してくれると嬉しいです。私みたいな人間は追い詰められても、次の日には忘れていますが、被害者によっては追い詰められて暴走するケースもあります。
被害者の置かれた立場を知った上で、普通に接してください。これが、結論です。


コメント

私の場合は、すでに肉体がロボット化して半分自動で働いています。加害勢力は、電波で遠隔からバーコードを読み取れるようで、わざとミスをさせた後に指摘してきたりします。私の場合は、肉体の遠隔操作で強制出費被害にあっているため、ぶっちゃけ働いている意味もなく、本当は障がい者資格でもとって休みたいのですがね。

会社の仕事も肉体労働で、職場ではマスコットぐらいな扱いでいいのか悪いのかわかりませんが安定しています。私の場合は、体が病弱なお兄さんぐらいの扱いで、職場の人は(加害者以外は)この被害を知りません。あえて、この犯罪を知らせずに、私の様に生まれつき病弱な人に擬態して働くのもありかも知れません。

今までの職場では、仮眠室がある職場が楽でしたね。休憩時間は、いつも仮眠していました。仮眠できる場所があると、被害者は助かります。どこか、他人の目を気にすることなく休める場所があるとだいぶ楽になります。車で休むのもありです。