第六世代電磁波兵器を利用した、遠隔スパイ戦術が完成済み!

先日、映画サーホーを見たのですが、冒頭で一般市民が無自覚に高度な組織犯罪に利用されているシーンがありました。これを見て、私は日頃の第六世代電磁波兵器を利用した遠隔スパイ戦術を思い出しました。

政府関係者は知っておくべきですが、第六世代電磁波兵器を利用した遠隔スパイ戦術は、1つの兵法ジャンルとなり、半世紀にわたり戦術が開発され、今もなおその戦術は進化し続けているのです。政治家に失言をさせたり、肉体を操りスカートを盗撮させる事件もあったようですが、はっきりいってこんな単純なレベルではありません。

47都道府県に、自在に脳と肉体を操れる日本人が配置されています。私の職場でも、すでに私以外に感情や肉体を操作され、利用されている者が複数います。近頃は、本人の自覚なしに工作に利用するという戦術が多発しています。

皆さんは、電磁波兵器を利用した兵法、戦術開発が半世紀にわたり極秘に開発され、ほぼ完成したと知ってください。

私は、スマホのゲームアプリを開発したり、RPGツクールでゲームを作っていましたが、まさにキャラクターのプログラムとよく似ています。特定の時刻に、特定の人間に電話をかけさせたり、特定のお店の特定の席に座らせたり、全て可能です。

また、あらゆる人体の活動も操作できます。よく使われるのは、ターゲットと別の誰かに対して、利尿作用を催す周波数を使い、同時にトイレにばったりいかせたり、ターゲットと別の人間の肉体を遠隔操作し、同時に特定の場所でばったり合わせたり、これらは私に対しても多用されています。

チェスの駒の様に、47都道府県に少なくとも千人以上の自在に操作できる駒を、情報機関は持っています。今は一般市民ですが、いずれは全ての政治家、軍高官がこうなるかもしれません。

遠隔から、千人以上の人間に対し自在に行動や思考、感情をプログラムでき、それらを利用した様々なスパイ工作戦術の開発もが今日も行われています。被害者の中には、特定のアイテムを特定の場所に配置するだけという、一見意味の分からない行動を繰り返し強要させられている人もいます。

例えば、これが何かしらの入ったバッグであれば、自覚なき運び屋として利用され、別の被害者が肉体の遠隔操作でその中身を利用して何か事件を起こせば、映画サーホーのような完全犯罪も可能でしょう。一般市民を、モルモットにしておもちゃにしながら、365日この様なことを日本のどこかで行っている連中がいる事を忘れないでください。まるで、何かの準備のために、遠隔操作できるロボット人間を大量生産し、各地に配置しているかのようです。

これら第六世代電磁波兵器を利用した遠隔スパイ工作が、今後完全犯罪に多用されると予測できます。政府・軍関係者は、この事実を知っておいてください。そして、対策をすると同時にそろそろこの犯罪を公にするべきです。

そして、一般市民をモルモットにして、日本破壊の道具としてロボット人間に改造している連中とその雇い主は、国家反逆罪で処刑するべきです。

※最終的には、全ての日本人を遠隔操作できるシステムを作るつもりの様です。決して他人事ではないので、皆さんもこの犯罪とこの戦術を忘れないでください。エイリアン説や憑依説は大嘘なので、騙されないでください。