テクノロジー犯罪の症状も、酷くなると難病と変わらない

テクノロジー犯罪は、軍や情報機関、その下請け組織が、ネットや人工知能と繋がった第六世代の電磁波兵器、音響兵器を利用し、24時間ターゲットを攻撃しています。難病との決定的な違いは、人体実験プロジェクトであり、プロジェクトが停止されれば、この被害が止むことです。

ですが、1960年代にテクノロジー犯罪という名の人体実験プロジェクトが日本に導入されて、私が知る限り、被害者の9割9分は死ぬまで被害が終わりません。基本的に、障害この被害は終わらないと覚悟した方がいいです。
これは、人為的な拷問であると同時に、難病ともよく似ています。

身近な人が、テクノロジー犯罪被害者になった時、どう接すればいいか、これは難病患者とどう接すればいいかが参考になりました。

身近なあなたが知るべきこと

・テクノロジー犯罪について正しい知識を持つこと
・被害者が弱っている時は、そばにいて見守ること
・被害者をを勇気づけ、被害者の言葉や想いに『共感』すること
・被害により、疲れやすく記憶の忘却などの、様々な症状が出ます。落ち着いてきたら、簡単な家事などは出来ます。
・被害者により、人体実験プロジェクトが異なるため、被害の症状もかなり個人差があります。
・精神病院をすすめてはいけません。
・病院も、本人が望んだ時だけにしてください。
・被害者の味方であることを示す。同時に、依存させすぎない。
・被害者の話を聞く、会話の内容より感情をくみ取る。
・優しく接する。相手の言動に動揺しない。
・出来ないことを否定せず、まだ出来る事を評価する。
・この被害は永遠に終わらないと覚悟する。
・自分自身の感情(怒り、不安、焦りなど)をコントロールする。
・遠隔レイプの被害は、イクイク病の様でかなりきついと知る。
・難病の症状ぐらいに割り切った方がお互いのためになるかも。
(この辺は、被害者本人の意識に寄ります)
・ターゲットにより、被害レベルが異なります。がんのステージ1~ステージ4のようなものです。被害が強いテクノロジー犯罪被害者を働かせることは、末期がん患者や難病患者を無理に働か得ることと同じと理解してください。


テクノロジー犯罪被害者にかけてはいけない言葉

甘えているだけ、だらけているだけ、自己管理能力がない、頑張って、やればできる、心が弱い、気合が足りない等の言葉

対人レーダー兵器で睡眠もロクに取れず、被害者の過半数は遠隔レイプさえされています。レイプされた難病の人に甘えるなといっているのと同じで、かなり心が傷つきます。
「どうしてそうなったの?」「何が原因なの?」などの追求もしない方がいいです。大抵は、被害者自体もどうしてこんな目になっているかわかりません。元のあなたに戻ってや、早く良くなってとの言葉も傷付けます。

加害勢力が軍事兵器の使用を停止しない限り、いくら頑張っても元に戻るのは不可能です。
※どの様に接するべきか、被害者と直接話してもいいかも知れません。わからない場合は、これまで通りに接してください。

電磁波シールドルームを作ることを許可してください

難病と異なる点は、制振材を備えた電磁波シールドルームで、被害が弱まります。電磁波シールドルームや防御を許可してください。ただし、指向性エネルギー兵器は軍事兵器のため、360度防御しないと効果がありません。また、被害者の9割は普通の主婦やサラリーマンであり、電磁波シールドの正しい知識がありません。被害者と一緒に勉強し、試行錯誤してください。

もし、身近な人がテクノロジー犯罪被害者になったら

基本的に、一生被害が終わらないと理解した上で接してください。被害には波があります。同時に、被害者に対しては高度な洗脳と、精神工学兵器を利用した科学的洗脳が行われているケースがあります。特に、音声送信や脳へのデータ送信の被害を受けている被害者は洗脳されやすい傾向があるため、特殊な宗教や特殊な思想にはまらない様に気を付けて下さい。

被害のレベルによっては仕事も出来ます。被害が強い場合は、仕事を続けるのが困難です。基本的に、テクノロジー被害は仕事中も続きますからね。被害者自身と相談し、今後を決めて下さい。

テクノロジー犯罪被害者によって、どう接してもらいたいか個人差があります。私の場合は、あまりに被害が酷いため、難病の症状ぐらいに割り切った上で、これまで通り接してもらえると助かります。被害者の正確に合わせて、接し方を調整してください。

被害者の傍にいると、脳への科学的干渉をあなたも受けてるかもしれません。ですが、被害者があなたにとって大切な人であれば、それに負けずに優しく接してあげて下さい。あなたの優しさが、被害者の人生を救います。