集団ストーカーの被害の流れと 身に付けるべきスキル

集団ストーカーの流れ

1.数か月~1年程度かけて、ターゲットおよび関係者の情報を徹底的に取得し、プロフファイリングを行う。ターゲットの住宅、職場、通勤路、監視装置の設置場所などを入念に調査する。その後、身内に有力者などがおらず、ターゲットにして問題がない場合は、工作員を配置し、工作を開始する。

2.工作初期に人海戦術を利用して、徹底的にターゲットを心理的に追い込む。同時に、監視システムを構築し、ターゲットに恐怖を植え付け、洗脳アンカーを埋め込む。

3.プロジェクトによっては、テクノロジー犯罪と呼ばれる人体実験を行う。諜報・監視用、洗脳用、攻撃用など。

4.高度な電磁波監視網が完成し、ターゲットの行動パターンが決まると、工作員を減らし、代わりに遠隔操作された一般市民も活用する。ターゲットは洗脳されているため、特定の動作を強要した一般市民も工作員と誤認する。

5.反抗的な被害者に対しては、首輪をつけるため、肉体の遠隔操作など特殊なプロジェクトが追加される。あるいは、ターゲットを管理しやすくするために人質がとられることもある。

6.この段階になると、ターゲットのあらゆる生体データ、個人データが集まり、人工知能で自動管理可能になると予測できる。ターゲットの家族や人間関係、資産も自在に操作可能な状態になる。

7.集団ストーカーと呼ばせている極秘諜報プログラムが安定運用され、ターゲットは監視網の中、電磁波兵器で脳や神経系を操作され、加害勢力が望む行動を無意識レベルに行うようになってしまう。

集団ストーカー被害者は、高度電子工学を利用したフラクタル監視網を日本中に広げるための苗床であり、種子である。疫病が感染するように、この監視システムは関係者に伝染していき、点として日本各地に存在する被害者は線で結ばれ、やがて面になる。現在は、線が面としての監視網に移行しているさなかである。

すでに、テクノロジー犯罪は、無差別な市民テロへ移行し、ごく普通の市民に向けられ始めた。これは国家反逆罪であり、国家転覆のテロ行為であり万死に値する。ただ、ターゲットを増やし過ぎたため、有力者の関係者を敵に回し過ぎ、システムの全容の解明は何人暗殺しても防げない領域に来ている。

フラクタル監視網には、衛星、軍事レーダー、商業レーダー、擬態したアンテナ、などが利用されており、第六世代軍事兵器である人工知能と繋がった電磁波兵器と音響兵器が24時間、プログラムされた拷問メニューを行い、生体データを取得し、人工知能に学習させている。被害者がいるエリアは、街ごと監視地区であり、すでに47都道府県に、フラクタル監視網は張り巡らされており、全ての日本人が射程距離内におり、いつでも暗殺、洗脳、遠隔操作可能な状態にある。

これを踏まえ、被害者が身に付けるべきスキルを模索する。


被害者が身に付けるべきスキル

・完全なプロファイリングをされた人間は、行動パターンを読まれているため、ランダム要素を増やし、行動パターンを読まれないように工夫すると同時に、スパイ工作の基本を学習し対策を練る。

・洗脳及び、洗脳解除に関する知識を身に付け、認知行動療法やストレスコントロールを身に付ける。

・人工知能、アンテナ、レーダー、電磁波、音波、放射線、電磁波兵器、音響兵器の基本知識と防御策を身に付ける。専門家との関係を深め、情報を得る。

・お金と社会的信用を増やす。この2つがあれば、賢者の知識も借りられる。

・巧妙な反抗を行い、目立ち過ぎないことも大切。一度強くマーキングされたら、覚悟を決めるしかない。肉体の遠隔操作など特殊な被害にあった場合は、精神力を強めながら、技術解明と対策に努め、助けを借りる。

・電磁波兵器、音響兵器の周波数リストで可能な事、精神工学兵器で可能なすべてをあらかじめ学習し、自らに行われるであろう工作をあらかじめ考え、対策を練る。

・資産への工作、健康への工作、人質工作など、あらゆる工作に対する対策をあらかじめ練っておく。

・コミニケーション能力、分析能力、問題解決能力を高め、敵を増やさず、味方を増やす。

・時代の流れをよく読み、上手くそれを利用しバランスをとる。