集団ストーカーの落とし穴を事前に学習する。

集団ストーカーの手法は、基本的にスパイ工作であり、嵌める方法もマニュアル化していると分かりました。特に、被害初期の方が落ちやすい落とし穴の種類と傾向を今回は取り上げ、その対策を書きたいと思います。

集団ストーカー被害者がはめられた罠=落とし穴をもし、図に表すことが出来れば、みんな大抵同じところで大きな損害を得ていることが分かると予測できます。

集団ストーカーの落とし穴一覧

・被害初期に、探偵を呼び大金喪失。
・正社員を退職させられて、加害資本系の低賃金の職場に誘導させられる。
・引っ越し誘導の後、引っ越しするたびに被害が酷くなる。
(一人暮らしから実家に戻るのは、問題なし。)
・洗脳により、家族や友人と仲たがいさせられる。
・加害勢力に、この犯罪が宇宙人や幽霊の仕業と洗脳される。あるいは、それに準ずる嘘を信じ込まさせられる。
・最も大きな落とし穴は、孤立化工作。
・被害者同士の、離反工作にはめられる。
・NPOや〇〇は工作側だという、デマを信じる。
・人間関係を選ばずに、癖が強く洗脳された厄介な被害者ばかりと繋げられる。そして、理性的な被害者とは切り離される。
・精神病院への強制入院。
・テクノロジー犯罪は、防御出来ないという嘘に騙され対策を取らない。
・加害勢力側の嘘に騙され、加害が収まると信じ込み、証拠を自ら捨てて、行動を自粛する。その結果、加害は変わらない。
・〇〇をすれば自体がよくなるという、加害側の嘘を真に受ける。
・偽装の救出に騙される。
・〇〇をしてくださいと依頼され、フェイクニュースの拡散や工作に利用される。
・被害者がお金を集めることは、汚いと洗脳され、問題内解決のために必要な資金を放棄する。
・何をやっても変わらないという嘘や虚無に勝手にだまされ、絶望して人生を無駄にする。
・被害が強まるからと勝手に自粛して、学習や分析を放棄する。
・心のすきを、カルトや工作員に利用される。
・酒、女、ギャンブルなどの悪癖を利用される。
・周知活動で、妙な政治団体や工作員に利用される。
・被害初期の〇〇=犯人という洗脳を、いつまでも引きずる。
・感情コントロールが出来ず、加害側の挑発に乗り事件を起こす。
・自己保身に走りすぎて、何も行動しない。その結果、多くを失う。
・本物の被害者を偽被害者と誤認して、攻撃して、加害勢力に利用される。
・人が好過ぎて、あらゆる問題を引き寄せ続ける。
・洗脳の手法を学習せずに、同じ洗脳でストレスを溜め続ける。
・自暴自棄になり、自殺や犯罪に走る。
・助かりたい心を付けこまれ、詐欺に騙される。
・被害を弱めたい一心で、影響力を手放す。ツイッターやブログのアカウントを自ら消去して、後ほど後悔する。
・社会的影響力、お金、信用、人脈を失う。
・家を失い、路頭に迷う。生活保護。
・思考停止、行動停止、現実逃避。

など、とりあえず、思いついたことを書きました。
ここから、多くの被害者がはまっている落とし穴をさらに考えていきます。


集団ストーカーの落とし穴 はまる人が多い編

被害初期の方が陥る5大落とし穴が、
孤立化工&人間関係のコントロール、騙されて大金喪失、精神病院強制入院、加害者の嘘を真に受け行動自粛、引っ越し&転職のミスです。

1.人間関係の喪失、孤立化工作

加害勢力が最も力を入れているのが、人間関係のコントロールです。孤立化するほど、被害者の影響力は弱まります。加害者側は、まずターゲットを孤立化した上で、洗脳し、他の工作に利用するための道具に改造しようとします。これは、スパイの洗脳手法でもあります。何よりも、社会的影響力を保ち、信用を維持し、これまでの人間関係を維持し続け、家族とも仲良くすることが大切です。

2.騙されて大金を失い、後で後悔する

探偵や集団ストーカーを解決しますという怪しい業者に騙されて、貯金を失う被害者が後を絶ちません。他にも、おはらいやお守りに大金を払う人もいますが、効果はなく、加害側の利益になるだけです。その他にも、ボーナスが入るたびに、家電が壊れるなどが行われています。被害者はミニマリストになった方がいいかも知れません。

加害勢力は、人間関係と共に、お金を重要視しています。
お金をエネルギーと考えており、影響力とも考えています。被害者に対して、集団ストーカー被害者はお金を集めるのはよくないと洗脳し、犯罪解決に必要な資金を自ら手放させています。問題解決のために、あるいはサービスの対価としてお金を得ることは全く悪い事ではありません。

中には、洗脳されてギャンブルや株に手を出しすべてを失う人がいます。テクノロジー犯罪の被害者は、ギャンブルや株では大きく勝てないので、手を出さないのが無難です。

3.精神病院に近づき、強制入院

精神病院に近づき、騙されて薬付けにされて脳を破壊される被害者が後を絶ちません。中には、警察や役所に相談して、精神病院に強制入院させられる被害者もいます。精神病院には、近づかないことが大切です。

4.加害者の嘘を真に受けて行動自粛、影響力の放棄

加害者は、さも〇〇をしたら被害が弱まるかのような嘘をほのめかし、被害者に証拠を捨てさせたり、ツイッターやブログのアカウントを自ら消去させたり、周知活動を自粛させようとします。ですが、基本は何も変わりません。

騙されて、自らがもっている影響力を捨ててしまっただけです。これも、大きな落とし穴です。

5.引っ越し&転職

引っ越しや転職をするたびに、被害が酷くなる被害者が後を絶ちません。
今より良くなるかもと、行動を起こしさらに嵌められるわけです。ごくまれに、引っ越しや転職する事で、事態が好転する被害者もいますが、大抵は資本系列が加害側とずれた会社に上手く入りこめた時です。

引っ越し&転職をする際は、くれぐれも、慎重に調査を行てからにしてください。財閥系の会社は、被害が強い傾向にあります。


この5つは、みんなが落ちている落とし穴です。
今回は、メモなのでこのぐらいにします。新たに、思いついたら追加します。

落とし穴の対策

過去の被害者が繰り返し落ちてきて落とし穴をあらかじめ知っておくと、落とし穴に落下しにくくなります。何よりも大切なのは、社会的な影響力、信用、人脈、家族や友人との絆、お金、資産、自由に使える時間を減らさないことです。同時に、強い意志を維持して、認知の歪みを取り除き、社会とのつながりを保ち続け、正常に社会人としてふるまえる能力を維持することが大切です。

加害側がやっている事は、被害者が所有する影響力=エネルギーを徐々に削ぎ取っていることにすぎません。加害工作を全て分析し、対策を練り、影響力=エネルギーを維持・拡大し続け、協力し、問題解決のために正しく使用することが大切です。