睡眠をとる方法 テクノロジー犯罪被害者編

テクノロジー犯罪被害者の中には、短時間しか眠れずに永遠と拷問されている人がいます。睡眠導入法など役に立たないという意見もありますが、それは間違いです。何もしないよりは、出来る対策をすべてした方がいいです。私は、睡眠導入法に効果があると考えています。

本来の正しい手順は、シールドルームの作成→休息の方法なのですが、被害者の中には金銭的問題で、シールドルームが作れない方もいるため、被害の中少しでも体を休める方法を模索します。

睡眠に入るコツ

質の良い睡眠をとるコツは寝るコツは、体温を上げて、下げて、縮める。
覚醒時に体を動かし、寝る前に体を冷やす。
特に最初の90分が重要で、大切なのは皮膚温度と深部温度の差を縮めること。

①睡眠の90分前にお風呂に入る。なるべく毎日同じ時間帯でルーティーンを作る。お風呂に入れない日は、足湯でも大丈夫。

②クーラーを最適な温度で設定し、90分程度のお休みタイマーを使う。靴下は脱いだ方が眠りに入りやすい。

③頭部の熱が溜まりやすく、頭部の熱を放出すると眠りに入りやすい。
テクノロジー犯罪が酷い被害者は、濡れタオルや蕎麦殻の枕で頭を冷やすといい。ただし、冷やし過ぎると逆効果なので、ほどほどにしてください。

④どうしても夜は眠りにくい人は、昼寝や隙間を見て小刻みに脳を休める。これだけで、疲労が減ります。自然のある所を昼間に歩くと夜眠りに入りやすいです。

⑤寝る前のスマホやパソコンはNGです。タイマー付きでリラックスできる音楽と美しい風景の番組を録画してみるのもありです。寝る前は、難しい事は考えずに頭をシンプルにすることが大切です。

⑥寝る前に大量のお酒はいけません。書籍では少量の度数の高いお酒を一口だけ飲む方法が書籍に書かれていましたが、テクノロジー犯罪被害者は自己コントロールが出来ないため、寝る前のお酒自体を止めた方がいいです。寝る前には、コップ一杯分の水かお茶を飲むといいです。

⑦目を覚ますときは、2つのアラームを使うと目覚めやすいそうです。
1.ごく小さな音本来オイル時間の前に鳴らす。
2.通常のアラーム、起きる時間に鳴らす。

朝は、カーテンを開けて自然の光を取り込むと目が醒めやすいです。

※電磁波防御の衣服をお持ちの方は、そちらを着用して寝てください。少しでも肉体の被害を弱めて睡眠をとることが大切です。


どうしても眠れない程テクノロジー攻撃が酷い日は無理に寝ない

眠れない程被害が酷いのに、無理に寝ようとしても疲れがたまるだけです。
一番被害がマシな空間に行き、落ち着く音楽を聴いたり、美しい自然の風景の映像を見たりして、体をぼーっとさせて少しでも休めてください。簡単な読書もいいかもしれません。私はそんな日は、白紙の紙に思いつくまま色々書いています。

私が無意識にやっていた休息方法

私は独自の分散休息を行っていますが、これが誰にでも行えるのか分かりません。
・単純作業の時は、脳を極力休めながら体を動かす。
・机の作業では肉体を極力休めながら、脳を動かす。
・脳と肉体の疲労や蓄積を分析し、分散しながら休める。
・頭を半分ずつ休める。
・隙を見て、短時間完全に休息する。

何よりも大切なのは、昼寝かもしれません。

だけど、はっきりいって私の肉体はすでにボロボロであり、休息というよりもどちらかというといかにエネルギーを消費せずに1日を終えるかの技術かも知れません。

やはり、自然のある空間でみんなとお喋りした後に、散歩するのが一番疲労が取れます。
それが出来ない日は、隙間を見て、ごく小さな眠りの状態を意図的に作っています。テクノロジー犯罪が酷すぎる日は、昼間はとにかく外出した方が疲労が抑えられます。家の同じ部屋にいる限り、疲労は蓄積するばかりです。

私は寝る前は難しいことは考えていません。4コマ漫画を読んだり、自然の風景写真を見たり、録画した自然の風景と音楽が流れる番組をお休みタイマー付きで流しながら、ぼーっとしています。濡れたタオルで頭を冷やした日は、冷やしていない日よりは眠りやすい気がします。

コメント:
やはり、電磁波シールドルーム(防振機能付き)が必須であり、本来は睡眠はシールドルームの中でするべきだと思いました。ですが、金銭的問題でシールドルームが作れない方もいるので、それまでは何とか睡眠導入法を活用し休息をとってください。


参考にした書籍

『スタンフォード式最高の睡眠』
著者名:西野精治
https://www.kinokuniya.co.jp/f/dsg-08-EK-0407080

内容説明

「睡眠研究のメッカ」スタンフォードの現役日本人教授が明かす、
最新の科学的エビデンスに基づいた「究極の疲労回復」法とは?


「世界最高」の呼び声高いスタンフォード大学の睡眠研究。
そのトップを務める世界的権威の日本人による、
「最強の眠り方」を伝授する本です。

「有名研究者が一度は在籍する、睡眠研究のメッカ」
と称されるスタンフォードには、
世界最新の睡眠データが蓄えられています。
著者の西野先生は、そんなスタンフォード大学医学部の現役教授で、
世界一の睡眠研究機関の所長として活躍する、
まさに、「睡眠研究の権威」。

「睡眠は『時間』ではなく『質』で決まる」――
西野先生が30年近く睡眠を研究してたどり着いた、
「究極の疲労回復」と「最強の覚醒」をもたらす
最高の睡眠法が、本書では明かされています。

「寝つきが悪い」「朝起きれない」「日中眠たい」……
睡眠に関する悩みも一挙に解決してくれる、
眠りに関するすべてが詰まった1冊です!


*目次より*

0章 「よく寝る」だけでパフォーマンスは上がらない
1章 なぜ人は「人生の3分の1」も眠るのか
2章 夜に秘められた「黄金の90分」の法則
3章 スタンフォード式 最高の睡眠法
4章 超究極! 熟眠をもたらすスタンフォード覚醒戦略
5章 「眠気」を制する者が人生を制す

試した結果

記事の内容を試した結果ですが、眠気は順調に来ます。
ただし、テクノロジー被害が酷いと普通にいつも通り眠れませんでした。眠気を呼び起こすことまでは可能でした。