集団ストーカーとヘリ ヘリの機体認識方法


機体番号を調べれば、かなりの情報が分かる。

helicopter

ヘリコプターには必ず機体番号が記載されています。ヘリによる威嚇がたびたび行われている被害者さんは、高性能カメラでヘリコプターの機体番号をばっちし撮影しましょう。

機体番号 Wikipedia
機体記号(きたいきごう、英語:aircraft registration)とは、航空機に付けられる個別の記号。国籍記号と登録記号により構成される。

機体番号の秘密
http://www.aero.jaxa.jp/exair-report/2012/02/20/233000.html

機体番号は、航空法で定められているので、普通のヘリコプターが集団ストーカーに利用されているなら、必ず記されているはずです。性能の良いカメラで証拠を取り、あとで検索してみましょう。そうすれば、どこに所属するヘリコプターかすぐわかります。

日本の機体番号には、必ず最初にJAが付きます。
もし違うアルファベットだったら、日本のヘリコプターじゃありません。
民間の機体番号を調べる事が出来るサイトもいくつかあるようです。

警察やNHKなど、政府の所有するヘリコプターは機体に組織名が書かれている事が多いです。

JA Search
https://jasearch.info/

ちなみに、集団ストーカーで利用されるヘリは低空飛行が多いです。また、住宅や町中、通勤経路に現れるのがほとんどです(私の場合)。

ヘリコプターって通常上空何mを飛行しているものなのですか??
https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1414388764?__ysp=44OY44Oq44Kz44OX44K/44O8IOacgOS9jumrmOW6pg%3D%3D


最低安全高度)
航空法第八十一条 航空機は、離陸又は着陸を行う場合を除いて、地上又は水上の人又は物件の安全及び航空機の安全を考慮して国土交通省令で定める高度以下の高度で飛行してはならない。但し、国土交通大臣の許可を受けた場合は、この限りでない。

航空法施行規則 第174 条
航空法に基づくヘリコプターの最低安全高度は
イ 人又は、家屋が密集している地域の上空
(ヘリコプターを中心として水平距離600m範囲内のもっとも高い障害物の上端から300mの高度)

ロ 人又は、家屋のない地域、及び広い水面の上空
(地上、又は水上の人、又は物件から150m以上の距離を保って飛行することができる高度)

ハ イ、ロの地域以外の地域の上空
(地表面、又は水面から150m以上の高度)

このように定められています。ただし離着陸の段階ではこの法律は適用されませんので空港周辺では当然この高さより低く飛行することになります。


航空機には「登録番号」(レジ番というそうです)が必ず機体に書かれています。これはヘリコプターも一緒です。

その「登録番号」は、世界共通で特定の1機を示しています。
日本では必ず「JA」が頭に付き、その後ろに数字が並びます。

今後高度違反が起きたら「登録番号」を書き留めておけば、そこから所有者がわかるので苦情を言う場合の相手先がわかると思います。

また、飛行管理しているセンターがあって、時間と場所を話すと、同時刻に飛行ルートを届け出られたヘリコプターを特定して教えてくれます。


(引用終わり)

航空法も学び、アプリも活用しましょう。

Flightradar24 Wikipedia

高性能カメラで、ばっちり証拠を取りましょう♪

証拠の撮影は高性能カメラの方が証拠力が上がります。証拠を取る時は、徹底的にやるか、あるいはやらないか、中途半端は証拠にならないうえ負担が多いので止めたほうが良いです。ただし、警察、自衛隊、米軍など、明らかに機体がわかるものは、単発でも撮影していたほうが良いです。

証拠を取るとき、できればカレンダー機能付きの腕時計や、日付、時間の写ったスマホなども一緒に撮影した方が良いです。日時、場所もともに記録することで、偶然では説明できない現象を証明出来、一般の方にもこの嫌がらせが実在することを認識してもらいやすくなります。