テクノロジー犯罪は、国際連合人権高等弁務官事務所のサイトにも載っています!

テクノロジー犯罪を説明する際、国際連合に属する組織、国際連合人権高等弁務官事務所のサイトにも載っていますと伝えれば理解されやすいかも知れません。

Call for input to a report: Psychosocial dynamics conducive to torture and ill-treatment
https://www.ohchr.org/EN/Issues/Torture/SRTorture/Pages/CallGA75.aspx

Google翻訳
https://translate.google.co.jp/?hl=ja

国際連合人権高等弁務官事務所 Wikipedia


コメント:ツイッターで偶然見つけた情報です。のちほど、時間をかけて機械翻訳しながら読んでみます。

国連を生み出した勢力が、集団ストーカーシステムの原型を生み出しているので、マッチポンプではありますけど、一般市民にこの犯罪を伝えるには国連の名をあえて出すのも有効な手段です。

国連の正体
https://1tamachan.blog.fc2.com/blog-entry-20460.html

Google翻訳(部分)電磁拷問

電磁的嫌がらせの被害者は、しばしば「標的にされた個人」または「TI」と呼ばれます:

1.頭と体の電磁気刺激などの拷問のルーチン。打たれることの痛みを伴う刺激に相当する(表面)筋線維の収縮、異なるその他の効果を生成する刺激パターン、例えば痛み、刺痛、ピンと針の効果、また、激しい加熱、灼熱感、かゆみの感覚。

2.人工耳鳴り、聴力、精神的操作、つまり精神的内容提示/挿入および抽出(個人的な思考内容が間隔を置いて繰り返される)数秒)。

3.脳と脳のインターフェースを介した操作:離れた人間のオペレーターが支配的な認知を発揮する特定の機能(例:手足の移動などの運動機能)の決定に影響を与える。


Google翻訳 嫌がらせの手法

ハラスメント手法には次のものがあります。

1.監視(追跡中、電子監視、コンピュータと電話のハッキング、すべての監視オンライン活動、および家の盗聴)

2.プロファイルは、後で使用されるすべての弱点と不安を特定するために作成されます。よく情報性的パートナーや生活の中で信頼されている人々から入手したもの。

3.犠牲者がどこに行くような特定の刺激に敏感になっている条件付け彼らはあなたを過ぎて歩くように咳。目標はあなたを自己警察にして、咳をする人は誰でも嫌がらせに関与している。人々は、手のジェスチャー、明白な使用を含むように調整することを報告します人々の服の色(誰もが赤を着ているのを見るのと同じように)または車の特定の色またはヘッドライト付きオン(ブライトニングとも呼ばれます)。

4.嫌がらせに虚偽の根拠を提供する場所に固定する。多くの場合可能犠牲者を混乱させないように根拠が植えられ、嫌がらせの焦点は1つから被害者が自分の永続性を推測し続けるために、次のラウンドへの考えられる理由あなたが責任を負うすべてのシナリオで自己疑念、恐怖、脅迫、そして最終的には破壊的な思考のサイクル

5.どこへ行っても、人のあからさまな表示が見えるモブ(または真のギャングストーキング)あなたをフォローし、よく条件付けられた言葉やあなたの名前を使って注意を引く

6.グループが偽の対立やシナリオのような明白な活動を「行う」ストリートシアターあなたの反応をテストするように設計されています。多くの場合、あなたの近くに自分を置き、次に、条件付けられた単語の多くを使用して、または特定の単語に関連して会話します状況と感度。

7.サウンドを単一の個人に向ける能力を持つ指向性スピーカーの使用混雑した部屋。この特定のアイテムは、最終的に最も使用され、多くの場合V2KまたはVoiceと呼ばれます頭蓋骨に、そして被害者の心理的な内訳で広く使用されています。最初の使用は被害者は正気を疑い、メンタルヘルスシステムに追い込み、後でただ苦しむ被害者にプライバシーや平和の瞬間を与えないでください。彼らがメンタルヘルス制度に参加した場合、被害者が「信用されていない」ため、嫌がらせが劇的にエスカレートし、嫌がらせについて発言した場合、精神的に問題のある人。

8.もともと開発されたあなたの視力とバランスに影響を与えるための電子機器の使用軍隊と警察の群衆管理は「眩しい」と呼ばれ、あなたを嘔吐させる能力すらあります。

9.コミュニティの嫌がらせの手法であるサウンドキャンペーン。被害者とその家に向けられた。これには、故意にブレーキをかけたり加速したりする自動車が含まれます。通り過ぎる、人々が夜中ずっと大声で話している、指向性を使用した音の増幅以前は聞こえなかった外部音ができるようにスピーカー、ごみ収集車など大型車、および他の無数の意図的な戦術

10.睡眠不足-これはおそらく、犠牲者が目覚めた場合に使用される最も陰湿な戦術の1つです。夜に複数回、一度に何日も目を覚まし続けることができます。効果は劇的であり、完全に衰弱させる効果的な集中力、気分、過敏性、外観、および重大な影響彼らの人生のすべての領域-仕事のパフォーマンス、関係、そして被害者の信用を落とすのに大きく役立ちます

ページ2
彼らは組織化されておらず、乱れたように見え、睡眠パターンが変化するため、日中に眠ることができます(ノイズキャンペーンがより効果的である)そして夜に起きている(それらは騒ぎ立て、コミュニティの破壊的なメンバーになること)。

11.犠牲者が暴力を振るって攻撃するまで嫌がらせを受ける餌付けや罠彼らが攻撃の源を突き止めようと試みるとき、暴行、侵入、侵入、破壊行為などの犯罪嫌がらせ。嫌がらせは積極的に口頭と身体的な対立を誘発しようとします睡眠不足の期間。または、それらは、レバレッジとして使用できるアクティビティに促されます事件、セクシュアリティ、薬物使用、その他の犯罪行為など。

12.誰かが積極的に弱体化しようとする心理的虐待の一形態であるガス照明被害者が自分自身を疑うようにして、すべての自信と自尊心を失い、そのため、より簡単に操作し、メンタルヘルスの経路に近づけることができます。それはあるのと同じように単純にすることができます彼らが否定することを話し、それから彼らがそれを言ったと思うのがどれほど愚かであるかを彼らに伝え、そして人に対する攻撃に嘘を回します。それは信頼できるから来る信じられないほど効果的であることができます人と被害者が彼らに何が起こっているかを理解する前に。

13.Blackbagの仕事は、嫌がらせ者が被害者の財産に侵入し、何かを置くか、または意図的に何かを動かします。目的は自己疑惑を引き起こし、彼らの財産がされていることを恐れることです嫌がらせ者がパラノイアとして販売しようとするアクセス。

14.プロパガンダと偽情報は、この慣行の知識を抑制するもう1つの重要な要素でもあります。その有効性は最初、被害者がギャングストーキングの存在に気付かないように要求するので、ガス照明、または指向性スピーカーなどの電子技術なので、非常に長い時間がかかります精神を押して被害者の信用を落とそうとする偽情報サイトの作成にオンラインで専念健康アジェンダ。彼らは犠牲者を装い、積極的に狂気に聞こえるようにすることでこれを達成し、被害者はそのように扱われます。また、被害者を助けると主張し、リソースであることを主張するウェブサイトを作成することによって被害者が集まり、希望を失い、もはや被害を受けない範囲で被害者に嫌がらせをするさらに隔離するために助けを求める。

15.上記に加えて、ギャングストーカーは不信と信用を失い、そのため、嫌がらせは(少なくとも最初は)メンタルヘルスの問題を模倣するように設計されています。彼らは虐待にも頼っています信じられないほど被害者になるほど、極端で広範で根本的に不道徳であるその後、彼らの日常的な出会いを写真、ビデオ撮影、録音に頼るそれらに対してなされた無数の根拠のない主張に反証する-特にガス照明に関連して、ギャングストーカーは振り向いて被害者を偏執的または非合理的に描こうとします。被害者は感じさせられる自分を守るためのあらゆる試みが彼らに対して使用され、彼らが助けを求めるとき彼らは不信感や敵意に出会った。

Google翻訳 拷問や助長につながる心理社会的ダイナミクスの入力虐待レポート
https://translate.googleusercontent.com/translate_c?depth=1&hl=ja&pto=aue&rurl=translate.google.co.jp&sl=auto&sp=nmt4&tl=ja&u=https://www.ohchr.org/Documents/Issues/Torture/Call/Individuals/Militarygrade.pdf&usg=ALkJrhhHdHDHaNtKJCyMGdsu6eXDvRvW0A

関連記事:国連がTI問題を調査開始
https://syuusutomemo.fc2.net/blog-entry-266.html
※2020年2月、国連人権理事会の第43回セッションにスウェーデン国籍の電磁波被害者が出席し、特別報告者で国際法の専門家であるニルス・メルツァー教授がサイバー拷問の存在を正式に報告した。