テクノロジー犯罪被害者関係者向け 精神医療に関する資料

精神侵略技術を考慮した新しい精神病の診断基準の必要性について
キャロル スミス
http://www5f.biglobe.ne.jp/~terre/JPSS_gothic.htm

日本語では知らされない精神医学の嘘
~精神医学の嘘から、グローバル製薬企業が日本市場に仕掛けた「うつ病キャンペーン」まで。~
http://antigangstalking.join-us.jp/AGSAS_Step01_Plus.htm

国家犯罪としての医療保護入院制度、その証明
http://antigangstalking.join-us.jp/AGSAS_Step01.htm

統合失調症の目次
https://ameblo.jp/patent123/entry-12531804596.html?frm=theme

統合失調症ではない
http://stopeh.org/wordpress/?page_id=667

精神保健の歴史 Wikipedia

参考書籍:
精神科は今日も、やりたい放題―医者が教える、過激ながらも大切な話
https://www.kinokuniya.co.jp/f/dsg-01-9784569768502

テクノロジー犯罪被害者関係者は、テクノロジー犯罪被害者を精神病院に入院させてはいけません。

テクノロジー犯罪は、精神工学兵器や指向性エネルギー兵器等、軍事兵器を利用したものであり、精神病ではありません。テクノロジー兵器で疑似精神病を遠隔から作り出すことが出来ます。精神病院に入院させると、長期的に薬漬けにされ本当に脳や肉体を破壊されてしまいます。精神病院や刑務所は、人体実験場として使われてきた歴史があります。

精神医療の歴史を調査すると、テクノロジー犯罪と酷似するCIAのMKウルトラ計画の背後にいたダビストック人間関係研究所や、集団ストーカーシステムを所有する財閥の影響下にあり、利権システムと化していることが分かります。

20200708
画像引用元:https://ameblo.jp/sting-n/entry-12187369722.html

テクノロジー犯罪は遠隔的拷問の要素があり、精神的に不安定になるのはむしろ当然です。テクノロジー犯罪は一度始まると、基本的に終わりません。いっそのこと、生涯治ることがない難病の様なものと割り切った方が、お互いに楽かもしれません。テクノロジー犯罪被害者関係者の方は、テクノロジー犯罪の被害が精神病ではないことを理解した上で、寛容な心を持って支えてあげてください。

テクノロジー犯罪の被害症状
https://ameblo.jp/syuusuto-memo/entry-12581263795.html

ローゼンハン実験 Wikipedia


関連記事

精神病院への強制入院について
https://ameblo.jp/syuusuto-memo/entry-12431659275.html

集団ストーカーの手法 その12 精神科強制入院
https://ameblo.jp/syuusuto-memo/entry-12535438675.html

タビストック人間関係研究所の洗脳システムと集団ストーカー
https://ameblo.jp/syuusuto-memo/entry-12566561723.html

医療利権と軍閥、財閥 ※私的メモ
https://syuusutomemo.fc2.net/blog-entry-243.html

ロックフェラー、優生学、メンタルヘルス、教育、WHO (年表)  by 気まぐれです。
https://syuusutomemo.fc2.net/blog-entry-174.html

世界精神保健連盟(WFMH)の7大目標 ※必読
https://syuusutomemo.fc2.net/blog-entry-114.html

集団ストーカー被害者は、統合失調症ではありません!
https://ameblo.jp/syuusuto-memo/entry-12434797189.html