集団ストーカー(Targeted Individuals)に理解を示した人に起きる現象を分析!

集団ストーカー(Targeted Individuals)は、説明すると意外にみんな理解してくれます。ただし、集団ストーカー(Targeted Individuals)に理解を示した人に対してはある現象が起きます。その現象は、その人の知名度に応じて強まります。全く知名度のない人に対しては、この現象はほとんど起きません。

集団ストーカー(Targeted Individuals)に理解を示した人に起きる現象

集団ストーカー(Targeted Individuals)に理解を示した人に起きる現象は、

①本物の被害者
②洗脳された本物の被害者
③完全にマインドコントロールされ、加害者の遠隔ロボットの様に動く被害者
④情報操作の工作員
⑤プロの情報機関

①~⑤の人間が大量に連絡を取って、好き勝手なことをいう現象です。

①本物の被害者の内、理性的な被害者は相手の立場を考え、冷静に連絡を取り相手が迷惑になる場合は、決してそれ以上深く関わらず潔く距離を取ります。

②洗脳された被害者の内、特に被害が酷くとにかくつらく誰でもいいので自分の被害を訴えたい被害者は、この犯罪を理解してくれる知名度の高い人を見つけると、自分の被害のつらさを訴えます。特にテクノロジー犯罪被害者は、MKウルトラの被害者と同レベルの被害にあっていますから、かなり酷い状況に置かれています。

また、洗脳された被害者の中には加害勢力の情報工作を鵜呑みにして、それをまるで正解かの様に押し付けてくる被害者がいます。例えば、集団ストーカーは創価学会の総体革命だなど。これらを鵜呑みにして、洗脳された被害者に取り込まれ、間違った情報を発信し続けると、発信者の信頼性も失われます。

組織的な付きまといは創価学会もやっていますが、テクノロジー犯罪に関しては完全に軍・情報機関の管轄です。そして、この犯罪は世界的なものであり創価学会が単独で出来るものではありません。

テクノロジー犯罪は、国際連合人権高等弁務官事務所のサイトにも載っています!
https://syuusutomemo.fc2.net/blog-entry-434.html

テクノロジー犯罪の被害症状
https://ameblo.jp/syuusuto-memo/entry-12581263795.html
※このような目に会えば、理性を保つのが困難なのはあたりまえなのです。被害者に悪気はありません。

③完全にマインドコントロールされ、加害者の遠隔ロボットの様に動く被害者の存在はあまり知られていませんが、遠隔からプログラムされたとおりに動いてしまいます。ほとんど遠隔ロボットと同じ状態です。部分的にまるで憑依されたかのように人間が変わり、工作員の様な情報を発信する被害者の方もいるため注意してください。本人に悪気がある場合と、無い場合があります。

④情報操作の工作員
こちらは情報機関の下請け企業などが行っていると考えられます。
大体、パターン化された情報工作を、集団ストーカー(Targeted Individuals)に理解を示した人に吹き込みます。それも、自信満々に大嘘を吹き込んでくるため、情報リテラシーが無いと騙されてしまいます。

⑤プロの情報機関
知名度がさらに高くなると、プロの情報機関の本格的な情報工作が始まります。被害者の中で、認知の歪みを引き起こした洗脳された被害者を集団で遠隔操作し、相談させたり、理解者に負担を高め、集団ストーカー(Targeted Individuals)被害者にマイナスの印象を持つように、かなり戦略的に洗脳を行います。

統合失調症のふりをした偽被害者工作員が、永遠と相談の電話をかけることもあります。そうして、集団ストーカー(Targeted Individuals)被害者=正常ではない人間というイメージを刷り込み、あわよくば集団ストーカー(Targeted Individuals)=統合失調症というデマを拡散させる自覚なき協力者に改造しようとして来ます。

集団ストーカー(Targeted Individuals)に理解を示した人に起きる現象を分析すると、
①知名度と影響力が大きい理解者ほど、高度な情報工作が向けられる
②集団ストーカー(Targeted Individuals)犯罪に対して、間違った情報を自信満々に吹き込むため、意外と騙されてデマを信じてしまう理解者が後を絶たない
③加害勢力は、あわよくば理解者を洗脳し自覚なきデマ拡散要員に改造しようとする

これらの対策としては、情報リテラシーを身に付けた上で、自ら調査し、真相を見極めるしかありません。くれぐれも、自称被害者が自信満々に吹き込む内容を鵜呑みにしないでください。

集団ストーカー(Targeted Individuals)に理解を示した人が、工作員や洗脳された被害者に取り込まれそうになっている場面を見かけると、私はその人の影響力が強い場合に限り以下の様なメッセージを送っています。

私が送っているメッセージ

集団ストーカー被害者から連絡が来た時は、
①本物の被害者
②洗脳された本物の被害者
③工作員

の3パターンがあるためご注意ください。
見分け方は、アカウント名、プロフィール画像、フォローしているアカウント、最近のツイートを見れば大抵わかります。ちなみに、多くの被害者には集団ストーカー=カルト=創価学会という洗脳アンカーが埋め込まれているためご注意ください。

創価学会の組織工作と、世界的なTI=集団ストーカーは別物です。この両者の混合にご注意ください。集団ストーカーにも、日本財団が支援する防犯パトロールや創価学会も協力機関として関与しているため問題がややこしくなっています。

くれぐれも、私を含め特定の人物から送られてきた情報を鵜呑みにせず、
ぜひ、ご自身で調査して正しい情報を身に付けてください。

複数の情報ソース;URL

………

こういったメッセージを送る必要もないのですが、善良な人ほど、全ての被害者のメッセージに目を通しています。私は、集団ストーカー(Targeted Individuals)に理解を示した人の内、影響力が強い人に対しては被害者組織の代表者などがメッセージを送るのがいいのではないかと思います。膨大な数の被害者が一斉にメッセージを送って好き勝手なことを言ってしまうと、どちらが集団ストーカーかわからなくなり大きな負担を与えてしまいます。

とはいえ、集団ストーカー(Targeted Individuals)の被害は酷すぎます。特に、被害初期の方の暴走は仕方がありません。私も被害から数年たつまでは、誰よりも暴走していろんな人にメッセージを送ってご迷惑をかけました。ですが、少なくとも安定期に入った被害者は意識的に、相手の負担になるメッセージを繰り返し送るというのはやめるべきです。私も繰り返し失敗して、ようやくそう思うようになりました。

一般読者の方々へ

集団ストーカー(Targeted Individuals)に理解を示すと、影響力がない人にはほとんど何も起きませんが、影響力に応じて上記の様な現象が起きることをあらかじめ知っておいてください。そして、私がそうであったように被害初期の方に例え暴走したメッセージをもらっても寛容な心で接してあげてください。そして、負担になるアカウントや、明らかに常軌を逸したアカウントは、気にせずにブロックしてもください。

大抵、その被害者がどんな人物かは少し調べればわかります。信頼に足ると感じた被害者とのみやりとりをすればいいと思います。私としては絶対に避けたいのが、集団ストーカー(Targeted Individuals)に理解を示した人が、情報機関の工作に騙され、集団ストーカー(Targeted Individuals)被害者のイメージを破壊する情報発信を行う無自覚な加害の協力者に改造されてしまうことです。

これだけは何としても避けたいのです。ですから、上記の仕組みを知っておいてください。お願いします。
最後に、集団ストーカー(Targeted Individuals)システムは数日調べて分かるモノではありません。軍・情報機関の極秘プログラムが関与しており、ネットの情報も操作されています。少なくとも、人工コロナウイルスのデマに騙される人は、この犯罪の真相にはたどり着けません。

本気でこの犯罪を知りたい方は、覚悟を決めて最低1年は徹底的に調査してください。そして、何よりも本物の被害者の内、理性的な被害者の話を聞いてください。そうすれば、全体像が見えてきます。ただ、集団ストーカー被害者の9割はこの犯罪の全体像を知りません。なので、複数の被害者の情報に目を通す必要があります。こちらにリンクを貼っておきます。

集団ストーカー テクノロジー犯罪 関連サイト 
https://ameblo.jp/syuusuto-memo/entry-12492410188.html