コロナウイルスには、市民に対する心理戦争要素がある!

コロナウイルスは存在せず安全といっている連中と、福島の放射線は問題ないといっている連中がかぶっている点も気になる所です。確かに、心理戦争にコロナが利用されており、恐怖をあおるために過大評価する演出も行われていますが、コロナ=〇〇という単純思考は止めた方がいいです。

私個人は、コロナウイルス問題は、
1.毒性の強い人工合成ウイルス
2.ただの風邪程度のウイルス
3.電磁波兵器の使用
4.デマや心理戦争
これらが混在していると考えています。
恐らく、ウイルスは存在しないと安心していると、
再び1が散布される可能性がある。

最初の武漢ウイルスは、
1か3、あるいは1と3だったと考えています。
あれらは恐らく演出ではない。

興味深い事に、「コロナ禍」は市民に対する心理戦争とその反動を利用した監視社会の促進要素があると同時に、市民の分断と、問題の分析能力を浮かび上がせるフィルター要素がある。ただ、本当に危険な人工ウイルスも巻かれている地域があると私は考えている。心理戦争は、より巧妙になってきている。

コロナウイルスを利用した情報操作と、分断工作。
https://syuusutomemo.fc2.net/blog-entry-413.html

集団ストーカー加害の中に、毒物や毒ガスの散布がおり、日本国内に毒物、放射線、ウイルス、毒ガスを散布する訓練を47都道府県で行っている組織がいる事は確実です。私の懸念は、みんなが油断したころに、再び「1.毒性の強い人工合成ウイルス」が散布されパンデミックが起きることです。そして、それを理由にさらなる監視システムが強化されることです。

マスクやフェイスシールドに効果はありませんし、こういった光景は馬鹿げていますが、適切な対処は引き続き継続し、免疫力を高め油断しないことが大切です。

集団ストーカーと同じく、コロナウイルスには情報機関の本物の情報工作が行われています。毒性の強いタイプの人工合成ウイルスが報道されているほどではないにせよ、まだ存在している可能性があるため、今後も油断しないでください。


心理戦の対応に兵法の応用

菊池@kikuchi_8
江戸時代の剣術書「天狗芸術論」に「其の欲を動かして其の動の虚を討つ」とある。欲に働きかけて人を動かす。ならば根源的な欲と言える生存欲に付け込むやり方は絶大な効果があるだろう。生命の危機の強調は他の何よりも人間の心理に強力に働きかける。今仕掛けられている心理戦はまさにその類である。

逆に「只己を尽して無欲なる者は討つべきの虚なし」「(無欲なる者に対しては)欲を以ても動かすべからず 巧みを以ても欺くべからず」とも言う。「無欲」は難しいが、少なくとも「欲」などの心理的弱点に付け込み人を動かす機制を認識していれば冷静さを失わずに的確な思考・判断・対処が出来るはず。

先人の知恵を参照すると重要なヒントが得られる事が多い。「コロナの脅威を喧伝する心理戦」は兵法的には「其の欲を動かして其の動の虚を討つ」に相当する。「欲」は千差万別だが、生存欲は万人が持つ「欲」だろう。そこに付け込めば「万人」を動かす事も可能。世界規模のショック・ドクトリンである。
https://twitter.com/kikuchi_8/status/1284570976194228225

大衆を恐怖と欲望の操作で操るのは、味方を変えれば引力と斥力の複合利用です。羊の群れをエサと鞭、牧羊犬で操作しているようなものです。恐怖に惑わされずに、欲望を利用されなければ引力や斥力の影響を受けずに、コントロールされずに済みます。

実は、個人の生体情報を入力するだけで遠隔から対人レーダーで追尾する技術があります。私の予測では、各個人の詳細な生体情報の収集がメインであり、チップやワクチンウイルスの推進も行われるでしょうが、市民に監視装置を埋め込む手法は、恐らく何段階にも分かれてどれかが避けられても、どれかを実行できる形で行われると思うため油断しないでください。

コロナウイルスを利用した心理戦争の反動による、監視社会の促進、ワクチンの促進、「緊急事態条項」などの政府の権力の拡大、どさくさにまぎれた政治的暴走&売国高位、市民の生体情報の管理・監視などには今後も気を付けて行きましょう。そして、コロナウイルスに関して自分と意見が異なる人たちにも寛容的に接して、共により大きな問題解決のために協力して行きましょう♪


おまけ ジョンズ・ホプキンス大学、ラッセル家、優生学、心理戦争計画

広島、長崎に原爆を落とし、「日本人の戦意喪失」を図る心理戦争計画は、ジョンズ・ホプキンス大学が設計した。 オルタ
https://blog.goo.ne.jp/beingtt/e/eca903676ad6e5d19eea01e8af6a8961

ラッセル家とものみの塔(エホバの証人)、ジョンズ・ホプキンス大学
https://ameblo.jp/syuusuto-memo/entry-12562470392.html
ジョンズ・ホプキンス大学は指向性エネルギー兵器の開発にも関係しているわけで、原爆を利用した心理学、コロナウイルス、指向性エネルギー兵器と繋がります。

バー トランド・ラッセル「戦争ではあまり人口増加を防げない」「世界中に定期的にペストが広まればいい」  by 気まぐれです。
https://syuusutomemo.fc2.net/blog-entry-177.html