本当につらい時こそ、もう少しだけ頑張ってみる!

黒澤明「生きる」言葉
繰り返していると、ゆとりが出てくる 「すごく単純だけど、どんな仕事でも一生懸命働いてみて、しんどいと思ってももう一押し頑張って、もう一歩ズカッと踏み込んで、もう駄目だと思ってもう一歩だけやってみる。・・・」

本日は、本ブログで『集団ストーカーの調べ方』を記事にする予定でしたが、妨害され肉体の遠隔操作で強制飲酒させられた挙句、MKウルトラされています。もう寝ようかと思いましたが、ここで寝てしまっても加害勢力の思うツボなので、少しだけ書きます。

・大切なのは、才能よりも継続して努力する力。
・大切なのは、持続して、しんどくてももうひと頑張りする力。
・大切なのは、加害勢力に何をされても、立ち上がり前を向く力。

集団ストーカーを分析・調査するという行動を習慣化した方が、いいかも知れません。才能ある方が、短期的に頑張った情報よりも、粘り強く長期間にわたって持続的に調査した被害者の資料の方が、深い情報をもたらします。

私の経験上、才能がある方というのはこの世にたくさんいます。ですが、継続して努力できる方というのはあまりいません。実は、才能だけで生きている方は、努力を出来る方にはかないません。歴史的な天才は、才能を持ったうえで努力、あるいは好きなことの追及をしています。

集団ストーカーの解明に必要なのは、才能よりも継続的努力

集団ストーカーの解明には、才能は平均程度あれば問題ありません。ただ、才能がマイナスな場合は、残念ながらいくら努力してもわからないという非道な現実もあります。これは書くべきではありませんが、全ての仕事にいえるまぎれもない事実です。

ですが、平均的な人であれば、才能がなくとも継続的学習と分析調査だけで、この犯罪はかなり解明できます。そして、何よりも精神的な打たれ強さと、洗脳に対する態勢が必要になります。

①平均的な才能
②継続できる努力
③精神的な打たれ強さ
④洗脳の体制
⑤自分に足りない部分を、他の人とのつながりで補う力

これがあれば、集団ストーカー犯罪は誰でも、基本的な部分までは解明できます。

本当にしんどい時に、立ち上がりもう一押しできるかどうかが大きな差になります

テクノロジー犯罪の被害が酷いと、誰でもぐったりして休みたくなります。そして、もちろん皆さんも休んで構いません。ですが、本当にこの犯罪を深い部分まで調査したい方は、つらい時こそ、妨害が酷い時こそ、脅しに負けずにもう一歩、少しだけでも半歩だけでも作業を進める必要があります。長期的に見れば、このもう一押しが出来るかどうかが大きな差になります。

もちろん、普通の被害者の方は無理せず休むことも大切です。ですが、本気で命がけでこの犯罪を解明したい方は、覚悟を決めてつらい時こそ、努力を継続するべきです。そうすれば、明日の自分が少しだけ楽になります。今の集団ストーカー被害者が、ちょっと無理してでも頑張るほど、未来の被害者が少しだけ楽になるのです。