集団ストーカーを単純化して考えてみた!

集団ストーカーシステムに関する、私的な思考実験です。

システムを単純化し、本質を考えようと思いました。
管理人の主観が含まれているので、ご注意ください。

目的

•血統管理
•カースト制度の維持
•奴隷の製造・管理
•権力の拡大
•目的達成の潤滑油
•警察国家の完成

手法

単純化 A 

ccebe4e06b23ce

単純化B

人体への攻撃
精神への攻撃

•人間を利用した攻撃
•科学技術を利用した攻撃
•洗脳
•資産への干渉
•情報の操作

方法

単純化A
・権力者→命令を忠実に行う、プログラムされた人間の集団

単純化B
・黒幕(マインドマスター)→権力者→シンクタンク(頭脳集団)→システム構築→システムを忠実に実行する傭兵→傭兵の下請けの奴隷人間

傭兵と奴隷人間

•思考傭兵
•技術傭兵
•軍事傭兵
•一般傭兵
•単純命令用の奴隷人間

傭兵、奴隷人間は習慣的洗脳で作られる。

ターゲットの単純化

•権力者の邪魔になるもの
•人体実験体
•システムを維持するための実験体
•利権のための犠牲者

集団ストーカーが終わる可能性の単純化

・システムの所有者の都合
集団ストーカーシステムで得られる利益よりも、システムを運営する事で生じるリスクが上回った時

・システム自体の問題
物理的に、運営が不可能になった場合

集団ストーカーが終わらない可能性の単純化

・集団ストーカーシステムが、所有者に安定的な利益を与え、リスクが低いままに維持されている
・システムの本質を理解する者がおらず、運営リスクが低いままに保たれている


まとめ

集団ストーカーの本質
•権力者が自らの血統を維持し、自らに不利益を与える対象の血統をつぶす。
•権力者が自らの地位を維持し、それを脅かす者を潰す。
•命令をよく聞く傭兵、および奴隷人間の長期的育成および、管理
•権力者の権力、及び、所有組織の拡大
•権力者の目的の達成の障壁となるものを排

集団ストーカーの本質は、国境を超えた超法規組織と各国政府合同による、一般市民に対する組織的テロ及び、精神破壊工作です。テクノロジー犯罪の本質は、政府、軍、民間合同の先端科学技術も利用した、一般市民に対する遠隔拷問及び、人体実験です。

現代世界への置き換え

現在世界を支配している、世界政府樹立を目指す一部のシオニスト貴族連合は、イエズス会、フリーメイソンをはじめとした高級奴隷を利用し、自らの欲望を合理的に叶えるための様々なシンクタンクを世界中で設立。そこで練られたシステムは、軍・諜報機関・カルト宗教など命令を忠実にこなす洗脳された傭兵、家畜人間を通し実行に移される。

集団ストーカーシステムは、権力者の欲望を叶えるために生み出された最大のプログラムの1つです。


管理人コメント:

思考実験をした結果、やはり、システム運営者のリスクを高める必要がありますね。ビラ配りも有効な手段です。何より、一般人にこの犯罪を知ってもらうことが大切です。何故なら、集スト被害者は実験台であり、このシステムの本番は一般人がターゲットなのですから。

※個人意見です、真実に至るためには幅広い情報に触れましょう。
※過去記事の魚拓(https://archive.vn/mDKMV)の復元です。