鷲の紋章について

鷲の紋章

鷲 (紋章) Wiki

双頭の鷲

双頭の鷲 Wiki

33とフリーメーソンについて
https://golden-tamatama.com/blog-entry-1294.html


アメリカと鷲の紋章

アメリカは鷲の紋章で溢れています、ローマの植民地だから当然かもしれません。テクノロジー犯罪関与組織というより、アメリカ政府自体が鷲の勢力に所有されている気がします。

アメリカ合衆国の国章を見ると、ハクトウ鷲の頭上にダビデの星が見えます。ダビデの星は、ユダヤのシンボルではなく、イエズス会が作り出したシンボルです。ユダヤのシンボルは、メノーラーです。

37436c093ee8579aeb9f03afb409ee003388d95a
国璽の表面

cc663dfe90b072abe74fc44c012063838d56b7f8
国璽の裏面

※集団ストーカーの黒幕を調べるのに、紋章学的な知識は非常に役立ちます。日本国内のテクノロジー犯罪には、在日米軍と防衛省が関与していますが、味方を変えると米国を支配する鷲の勢力と日本国内のクロカモです。米国の国璽の表面と裏面はそのまま、黒幕を暗喩しています。テクノロジー犯罪には、NSAやDARPA、NASAなど、世界支配層側の科学部門が関与しています。DARPAの昔の紋章は、国璽の裏面を想起させます。

アメリカのテクノロジー犯罪関与組織は、鷲の紋章が多い

・CIA = 米国中央情報部  
・NSA = 米国国家安全保障局
・ONR = 米国海軍研究局
・U.S.A.F = 米国空軍
・ONI= 米国海軍情報局
・DARPA = 米国国防高等研究計画局
・FEMA = アメリカ合衆国連邦緊急事態管理庁
・FBI = 米国連邦捜査局

テクノロジー犯罪の内、MKウルトラ計画には、上記の組織が関与していることが分かっています。それぞれの組織のロゴマークを調べてみると興味深いです。

赤白ストライプは、オルシーニやヘッセンなど薔薇十字系の貴族の家紋にもよく見られます。オルシーニは、イエズス会の背後にいるローマ貴族で、ヘッセンは元神聖ローマ選帝侯です。ペンタゴンを所有するファルネーゼ家とイエズス会とのつながりも重要です。バチカン背後のローマ貴族、ロスチャイルドなどの高級奴隷のユダヤ人(シオニスト系)…。彼らが生み出したシンクタンクと研究所も重要です。もちろん、現在では上記勢力以外にもあらゆる派閥が指向性エネルギー兵器を研究しています。

米軍高官のほとんどがCFRのメンバー
https://syuusutomemo.fc2.net/blog-entry-284.html

アメリカを代理人にして、日本を支配している勢力が存在します。
アメリカも今だ植民地なのです。アメリカと日本は、同じ勢力に支配されています。

関連記事:アメリカ合衆国の人体実験の歴史
https://ameblo.jp/syuusuto-memo/entry-12589448111.html

ドイツと鷲の紋章

テクノロジー犯罪は、東ドイツのシュタージと旧ソ連が発祥です。旧ソ連を生み出したのは、ドイツの秘密諜報部なので、結論から言えば、テクノロジー犯罪はドイツの諜報部隊が生み出しました。その原型はナチスにあります。

ヒトラーの「究極兵器」と「マインド・コントロール計画」
http://inri.client.jp/hexagon/floorB1F_hss/b1fha666.html

「諸君、近い将来、我々は『究極兵器』を持つようになる。かつて私は、それを細菌かウイルスだと考えて諸君に話したことがあったが、今では、もっと強力なものが見えている。『心理兵器』や『意志兵器』がそれだ。『特殊な電磁波』を媒体として、我々自身の意志をそのまま兵器にする。それは敵に命令し、少なくとも敵を無力化させ、我々の望む通りに動かす。軍隊に限らず、人類全体をそのようにできる。

今、『アーネンエルベ』と『AHS』でその研究をさせており、目鼻はすでについている。それさえ完成すれば、べつに毒ガスや核兵器など使わなくても、戦わずして我々はあらゆる敵を、人類全体を支配できるようになるだろう」

(引用終わり)

この技術が、完成したという事でしょう。

ドイツの国章 Wiki

NSAの源流は、1916年、イリノイ州シカゴにあったリヴァーバンク遺伝子研究所の遺伝子情報解読部を、米国国防総省・ペンタゴンが暗号部として独立させ、当初はMI8と呼ばれた。名前から見えるように、英国の諜報組織を手本とし、英国と密接な関係を持っている。
http://ryuma681.blog47.fc2.com/blog-entry-811.html?sp

※MI5などは、クラウン(王族)に絶対的忠誠を誓います。テクノロジー犯罪に関与している組織は、一部の王侯貴族に繋がっています。

世界を支配している連中と、集団ストーカーシステムを調べると、最後には鷲と蛇に関係した組織行き当たります。

集団ストーカーシステムに関与している人間を調べると、シュメール派生の宗教と非常に関係が深いです。(ミトラ・ゾロアスターから派生した密教など…)シュメールの古代神話はその後、北欧神話や旧約聖書にも影響を与えています。

蛇の勢力も世界中に存在します。バチカン(Vatican)という言葉も、「神聖である」という意味を持つラテン語Vatisと、「蛇」という意味を持つCanが合わさった言葉です。

ワシの力 ―エタナ物語とその背景
https://ci.nii.ac.jp/naid/110008750895

※消された過去記事を、魚拓(https://archive.vn/JAi2b)を元に復元したものです。