マインド・ウォーズ 操作される脳 by ジョナサン・D・モレノ

4c20d466d30242170a7e

マインド・ウォーズ 操作される脳
モレノ,ジョナサン・D.【著】〈Moreno,Jonathan D.〉/久保田 競【監訳】/西尾 香苗【訳】
https://www.kinokuniya.co.jp/f/dsg-01-9784048673624

内容説明

先端脳科学を使えば、相手の思考を読み取る、思考だけで物を動かす、記憶をすべて完全に残す、恐怖や怒りや眠気を感じなくする、外気に合わせて体温を変動させて冬眠する、炭水化物型代謝を脂肪分解型代謝に切り替えてダイエットする、傷を急激に治す自己治癒力を高める、他人をロボットのように自在に操作する―といったことが実現する!?米国防総省国防高等研究計画局DARPAが研究する、人の脳を電気的に、あるいは化学的、物理的に操作して人類に革新をもたらすテクノロジー。これは、SFではない。

目次

第1章 DARPAが頭から離れない
第2章 機械と人間たち
第3章 マインド・ゲーム
第4章 脳についてどのように考えるか
第5章 ブレイン・リーディング
第6章 より優れた兵士を「構築」せよ
第7章 非致死性兵器を開発せよ
第8章 ニューロセキュリティの倫理を目指して

著者等紹介

モレノ,ジョナサン・D.[モレノ,ジョナサンD.][Moreno,Jonathan D.]
エミリー・デイヴィー・アンド・ジョセフ・S・コーンフェルド財団の教授にして、ヴァージニア大学生命医科学倫理センター長。さらに、医学研究所の選出メンバーでもあり、ハワード・ヒューズ医療研究所顧問を務め、二つの大統領倫理委員会の上級スタッフでもある。過去には、全米生命倫理人文協会の会長を務めた


(引用終わり)

『マインド・ウォーズ 操作される脳』が人工知能電磁波兵器を暴露
https://archive.vn/ASSJS
※魚拓

本書では、

・思考を読み取る技術、

・脳から直接マシンに命令を送るシステム、

・脳に致命的なダメージを与える薬物を搭載したウイルス、
 敵を殺さずに無力化する化学物質など、

米国防総省国防高等研究計画局(DARPA/ダーパ)が研究する先端脳科学に
ついてわかりやすく解説している。

先端脳科学を使えば、自軍の兵士用として、敵軍の兵士用として、
あるいは、統治権力にとって邪魔な人物用として、

(1)相手の思考を読み取る、

(2)思考だけで物を動かす、

(3)記憶をすべて完全に残す。記憶を操作する。

(4)恐怖や怒りや眠気を感じなくする、

(5)外気に合わせて体温を変動させて冬眠する、

(6)炭水化物型代謝を脂肪分解型代謝に切り替えてダイエットする、

(7)傷を急激に治す自己治癒力を高める、

(8)他人をロボットのように自在に操作する、

――といったことが可能となる。

これは、SFではない。すぐそこの極めて近未来に実現する現実である。


●<著者 ジョナサン・D・モレノ博士>

ハワード・ヒューズ医療研究所顧問を務め、二つの大統領倫理委員会の上級
スタッフでもある。過去には、全米生命倫理人文協会の会長を務めた。『議会
に倫理学者はいるのか?――生命倫理の最先端)』2005年刊、『不当な危
険――アメリカ政府が秘密裡に行った人体実験)』(2000年刊)など多数の著
書がある。

==============================

・思考を読み取る技術、
・脳から直接マシンに命令を送るシステム、

に関しては、すでに、マウスとキーボードを不要にした、電磁波送受信装置
を介して「脳波」が直接に、遠隔に、パソコンを操作する、という装置が製
品化された。もうすぐマイクロソフトなどがその汎用品を提供しだすだろう。

くわえて、Googleの検索クローラロボットの進化は著しい。彼はすでに人間
と同じように考える。ページを瞬間的に全情報を記録し瞬間的に参照し、瞬
間的に解析思考する。

NSAの。スパイロボットは、全人類のパソコン行動をライブで身張り全人類に
張り付いている。


軍事部門で秘密裡に開発されてきたテクノロジーが、民間へ公開されビジネ
ス化される時は、すでにそのテクノロジーは開発が予定を完成し、十分、非
公開な臨床実施によるデータ収集が集積している、ことになっている。

そうしたことで、

電磁波の照射によって人工知能が人間の脳と生体の機能を乗っ取り、人間を
遠隔操作された多重人格分裂生物に変えてしまう装置の開発は、初期の段階
から現在の高度な人工知能の段階まで、すでに十分、非公開な、その臨床実
施(国家犯罪テロ)を繰り広げてきた、といえる。

ということで、悪玉人工知能ハルと電磁波送信受信装置は、非公然なレベル
で、世界のあちこちで、とくに米国とその同盟国では、設置されているので
ある。

(引用終わり)

DARAPAはインターネットの原型を開発した組織であり、前身のARAPA時代から思考盗聴システムに投資していました。
上記に引用した、人工知能が人間の脳と生体の機能を乗っ取って多重人格生物に変えてしまう…という部分はまさに、私の現状です。現在の私は、たびたび肉体を遠隔操作されています。

私は肉体を操られ、何かに利用され社会的に抹殺される可能性もあります。いずれ、多くの政治家も科学的にラジコン化される可能性があります。私はこの脳の科学的操作の問題は、すべての日本人に関係していると考えています。


こちらも気になる書籍です。

ニューロ・ウォーズ―脳が操作される世界
リンチ,ザック【著】〈Lynch,Zack〉/石浦 章一【監修】/杉本 詠美【訳】
https://www.kinokuniya.co.jp/f/dsg-01-9784781604121

内容説明

先端脳科学が、裁判を、広告を株式投資を、そして信仰や戦争までを変えつつある―!人の手による驚くべき“脳操作”、「サイボーグ化」する脳―驚愕の実態と近未来のすべて。

目次

序幕 「核エネルギーをも凌駕する新技術」の時代
1幕 あらゆる分野を「ニューロ」が変える―現代社会から「ニューロ社会」へ
2幕 神経法学―脳の「指紋」でウソがばれる
3幕 ニューロマーケティング―広告業界が脳画像技術に飛びつく!
4幕 ニューロエコノミクス―「金融脳」理論の誕生
5幕 「信じる」ことと脳―信頼
6幕 ニューロ美学―脳は美をどう感知するか
7幕 ニューロ神学―「神」は脳画像に映るか
8幕 ニューロ・ウォーズ―脳科学が最強の殺人兵器をつくる!
9幕 美容神経学―「感情」を整形する
終幕 「脳のプライバシー」は守られるのか

著者等紹介

リンチ,ザック[リンチ,ザック][Lynch,Zack]
UCLAで経済地理学のMAを取得。ニューロテクノロジー産業機構(NIO)の創設者、取締役。妻とともに「ニューロインサイツ」社を立ち上げ、政府機関、民間企業、個人投資家に対し、ニューロテクノロジー関係の情報発信とコンサルティングを行っている。業界各社の株価を追跡するNASDAQ Neurolnsights Neurotech Indexという指数を開発。同社が毎月発行するニュースレターや投資情報のアニュアルレポートを執筆している。マサチューセッツ工科大学マクガヴァン脳研究所、クレアモント大学院神経経済学研究センター、企業向けwikiを開発提供するソーシャルテキスト社などの顧問も務める

(引用終わり)

人間の脳を戦場にした、制脳権をめぐる電磁波戦争がすでに始まっています。私の脳は、第六の戦場としてすでに利用されています。はっきりいって、全ての干渉者が大迷惑w スーパーシティ法案が通り、5Gが始まり、全ての日本人の制脳権がすでに狙われていることを忘れないでください。ニューロセキュリティシステムが、これからの時代は必要になるでしょう。