精神工学兵器や神経学兵器を利用した資産強奪の対象は、全ての日本人へ

本日は給料日だったのですが、肉体の遠隔操作で、再び全く興味がないゲームセンターに無理やり連れて行かされました。連日、この被害にあい、大抵設定が店ごとに異なり、意外と商品が取れやすい店と、商品を取るのが非常に厳しい店があることがわかりました。今回の記事は、こちらの記事の続きです。

日記『カジノビジネスと神経工学兵器?』20200725
https://syuusutomemo.fc2.net/blog-entry-476.html

加害勢力は、精神工学兵器による科学的洗脳や、神経工学兵器を利用した肉体の遠隔操作を利用して、日本人から資産を効率よく巻き上げるシステムを現在考えている様です。独り身の資産家や、認知症の老人を特に狙っている様子です。はっきり言えば、日本を狩場にした電磁波兵器を利用した人間狩りシステム構築のための実験を行っている感じです。

本日は、最も設定が高く商品がとりづらい店で、2万円ほど100円玉に換金させられ、もっとも設定が難しい、かつ別にやりたくもない台で永遠と馬鹿みたいに、商品が取れないことが分かっているのにお金が尽きるまで消費させられました。偶然1個だけ取れましたが、偶然であり、しかも原価は300円ぐらいの商品であり阿保みたいです。

しかも、プレイする前にアルコール度数40度以上のお酒を、コンビニで強制購入させられ挙句、無理やりストレートで飲まさせられました。一歩間違うと、急性アルコール中毒になるレベルです。加害勢力はどうも、ド素人に下請けをさせている様で、それを背後から観察し、指令を出している連中、さらにその上の連中がいる様です。

私が書きたいのはそのことではなく、加害勢力が集団ストーカー被害者だけではなく、最近は平気で普通の人々に対して電磁波兵器を利用していることです。加害勢力は隣に人が来ると、肉体の遠隔操作を止めて、しかし私が帰らないように他人と距離を置いたうえで動けないように金縛り状態にします。帰宅しようとしても肉体の遠隔操作で戻され、私の財布からお金を好き勝手取り出し使用しています。

私が上記のやりたくもないUFOキャッチャーで永遠と100円玉を消費させられていると、となりに家族連れが来ました。その家族連れがプレイしている台も難易度が高く、というより正攻法ではほぼ商品が取れない設定の台でした。私は距離を置かさせられ、金縛り状態のまま、その家族連れのプレイを興味がないにもかかわらず観察させられました。

すると、明らかに何かしらの干渉を受けている様で、私と同じように永遠と1万円ぐらい100円玉をつぎ込み、結局商品を取れませんでした。その人たちは、集団ストーカー被害者ではありません。普通の神経なら、多くても10回もプレイすればプレイの仕方を変えたり、あきらめたりしますが、永遠と同じやり方で永遠と馬鹿みたいに100円を投入し続けており、客観的に見ると異様な光景に見えました。自分がどの様な目にあっているか、その異常性がよくわかりました。

何が言いたいかというと、普通に一般市民に対して、すでに精神工学兵器や神経工学兵器を利用した資産浪費システムの実験を恐らく、ここだけではなく日本中で行っているということです。また、この連中は日本人をお金が入った袋ぐらいにしか考えておらず、何ら躊躇なく、罪悪感を持たず、日本中の一般市民を対象として、この電磁波搾取システムを広げると予測できます。

加害勢力は、すでに理性を持たず欲望のまま暴走しており終わりが近い

以前、肉体の遠隔操作でお札のお金を取り出し破かさせられたことがあります。本日もATMで所持金を全額引き出させられ、帰宅するとハサミで一万円札を切断するそぶりを見せました。どうも、完全にやりたい放題で、完全に自分たちは何をしてもいいと勘違いしている様です。暴走しており、完全に理性が無いように見えます。

精神工学兵器や神経学兵器を利用した資産強奪の対象は、全ての日本人へ移行するつもりらしく、この連中は欲望を抑えきれず、バカみたいにこのシステムを自己の利益のために永遠と使う予定です。本日加害勢力から私の脳に送られてきたデータの一部は、非常に不快なものでした。

「オレの家の前に、あのゲームセンターの台を置いて、永遠とやらせようか」
「肉体の遠隔操作でATMから全額降ろして、オレのポストに入れさせようか」
など、何か不快な人間が、直接データを送ってきているように感じました。

内容はどうでもいいのですが、総括すると精神工学兵器と肉体の遠隔操作技術を利用して、日本人からお金を巻き上げるシステムを考えながら、日本中でその実験を行い、一部ではすでに極秘に実行に移している様なのです。今回の私の話を信じるか信じないかは皆さんの自由ですが、私の身に起きていることは少なくとも現実です。

私はついに給料日から数日で、所持金を0にさせられるように嵌められています。実質的な、無賃金強制労働であり、仕事を休もうにも、肉体の遠隔操作で強制出社させられます。SFの様ですが、すでに現実に起きている事です。

それにしても、こういう目にあい続けると、お金ってなんだろうと考えさせられます。お札を破かさせられたりしていると、お札に関して、何かゲシュタルト崩壊みたいな感じを受けます。原価数十円の、おじさんと鳥が描かれた薄い空気から作られた印刷された紙切れ数十枚のために、何故みんな奴隷労働をしているのだろう…と、最近は何か自然の中で暮らしたくなり始めています。

私が言いたかったのは、どうも集団ストーカー被害者で実験する段階は終えて、精神工学兵器や神経学兵器を利用した資産強奪の対象は、全ての日本人へ広げるつもりの様であり、彼らは日本人に対して一切の容赦はしないということですね。それにしても、あの永遠と100円玉を投入し続けて、憑りつかれたように取れるはずがない商品を取ろうとしてプレイを続けていた家族連れの光景が忘れられません。皆さんも、気を付けて下さい。
 
それにしても、無差別にこのシステムを私的な利益のために使い始めたら、それこそ終わりの始まりです。誰も、関わりたくなくなるでしょう。加害勢力はこのままいくと、私的利益のために電磁波兵器を悪用し続け、大金を得る代わりにより大きな権力を失い総体的に見れば自滅の道を歩むでしょう。悪霊に憑りつかれ崖に向かっている様に見えます、いずれすべてを失うでしょう。