本気でテクノロジー犯罪の防御をするために必要なもの

1.電波が入りにくい土地の取得

電磁波は周波数ごとに性質が異なります。加害に使われる周波数が届きにくい、回り込みにくい地形を調査し、レーダーの墓場ともいえる土地を取得し、そこかその地下に防御施設を作ります。

2.電磁波、磁気、音波、放射線、その他に関する専門的知識

テクノロジー犯罪に使用される電磁波、磁気、音波、放射線、その他は素人でも学習可能です。専門家に相談しながら、自らも学習してください。周波数の性質が分かれば、防御に適した素材が分かります。お金があれば、金メッキやカーボンナノチューブ塗料も使いたいです。

3.電気配線と家電がない建築物

電気配線、家電、スマートメーターなども、テクノロジー犯罪に利用されている可能性があります。特に電気配線がそれ自体がアンテナの役目を持ち、電磁界の渦を巻き起こします。電磁波過敏症患者の様に、電気配線と電化製品が全くない小屋を別に立てた方が防御に適しています。

4.高性能電磁波シールドルーム

防振素材を施した高性能な電磁波シールドルームがあれば、自宅に安全地帯を作れます。市販品を購入する事も出来ますが、半年本気で勉強すれば、自分で設計でき安くつきます。木材や金属の加工は、加工場を借りれば出来ます。

5.お金、あるいは工夫

お金があれば、実は電磁波兵器はかなり防御出来ます。お金がない場合は、勉強し工夫するしかありません。

6.電磁波防御衣服

半袖で日焼けなどすると分かりやすいのですが、衣服による電磁波の防御も重要です。電磁波防御素材を購入し、衣服を作り少しでも総被ばく量を減らしましょう。

7.学習意欲と試行錯誤する行動力

電磁波の防御は可能であり、あとはやるかやらないかです。
学習し試行錯誤すれば、色々とわかってきます。

例えば、テクノロジー犯罪の防御でまず大切なのが、窓の防御です。
そして、360°隙間なく防御をして、材質を上手く組み合わせることも大切です。

8.学者や専門家、技術者など、外部協力者の会得

専門家の協力が得られると、電磁波の防御性能は飛躍的に上がります。

9.企画力

例えば、お金が無くてもクラウドファンディングで寄付を募り、電磁波シールドルームを作ることは可能です。また、被害者が協力してお金を出し合い、電波の入りにくい広い土地を購入し、そこに電磁波シールドルームを施した小屋を作ってもいいかも知れません。企画し、人を集める力があればお金は要りません。素材も、ただで廃材をもらう手もあります。

10.周囲の理解

家族や親せき、友人の理解が得られれば土地を借りることもできるし、自分の部屋に電磁波シールドルームを作ることもできます。テクノロジー犯罪が理解されにくい場合は、電磁波過敏症という設定にしてもいいかも知れません。

※テクノロジー犯罪被害者が10人集まれば、土地を手に入れて小屋を建て、高性能な電磁波シールドルームを作ることは可能です。電磁波シールドルームだけならば、1人でもできます。

コメント

電磁波が入りにくい広い土地を購入し、そこに電磁波シールドを施した設備を整えて避難所にしたいです。