神経科学者の誓約

Neuroscientist Pledge
https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSf_rbqXnKq6fJztRyuwx_SMD6u_ebiozbeYpyZQ65ShxLuyWA/viewform?formkey=dEF4RFhhSWZwNktCakYtbTdkd1cxckE6MA

神経科学者の誓約

基本的な人権または国際法の違反への神経科学の適用への参加を拒否することを神経科学者から誓約します。

私たちは、私たちの仕事が人間の生活を減少させるのではなく、強化するために使われることを望む神経科学者です。私たちは、基本的な人権および国際法に違反する目的での神経科学の可能な使用に関心を持っています。私たちは、神経科学の分野で、そのような使用への貢献が受け入れられない文化を生み出すことを目指しています。

したがって、拷問やその他の人権や人格を侵害する強制的な尋問や操作への神経科学の適用に反対します。このようなアプリケーションには、過度の痛み、不安、または信頼を引き起こす薬物や、脳の刺激や不活性化などの操作が含まれます。

したがって、攻撃的な戦争への神経科学の適用にも反対します。積極的な戦争は国際法の下では違法であり、自衛ではない戦争と定義されています。攻撃的な戦争に従事している政府は、そのような戦争により効果的に従事するためのツールを提供されるべきではありません。Neuroscienceは、そのようなツールを提供できます。例としては、一方の兵士の有効性を高める薬物、もう一方の兵士の有効性を損なう薬物、移動、知覚、殺害するロボットなどがあります。

したがって、私たちは神経科学者として次のことを誓約します。
a )自分の仕事の潜在的な適用と、他の人の基本的な人権や拷問や攻撃的な戦争などの国際法に違反する適用への適用を認識させる。
b)基本的な人権または国際法の違反に対する神経科学の適用に故意に参加することを拒否する。

(Google翻訳&引用終わり)

This pledge has circled the neuroscience community…
https://nanobrainimplant.com/2019/09/08/this-pledge-has-circled-the-neuroscience-community/
neuro-pledge


全ての脳科学者、神経学者が、市民への人体実験に協力しないことを誓うべきです。