【小冊子原稿】あなたがテクノロジー犯罪を受けているかどうか

これから紹介する20項目を見てください。当てはまる項目が多いほど、テクノロジー犯罪の被害にあっている可能性が高いです。テクノロジー犯罪の特徴は、外部からの人工知能を利用した攻撃であり、数学的要素があり環境によって、被害が変わるということです。

1.毎日、同じ時間に目が醒める。なかなか眠れず、変な夢を見ることが増えた。
2.側頭部、後頭部、頚椎、目のあたりに電磁気的違和感を感じ、めまいや耳鳴りをたびたび感じる。
3.自然の中や人込みの中にいると、体が楽になる。
4.頭部が熱く、目が乾きやすい。体が重く感じる。
5.頭の中で誰かの会話や、一方的なデータ送信の様なものがある。
6.自分の周りにいる人々が突然、疲労感を示す。
7.物忘れがひどくなる。
8.家電がよく壊れる。
9.筋肉をピクピク動かされたり、指先や足先の電気的な痛み、しびれが起きる。
10.授業中や仕事中、車の運転中に非常に眠くなる。
11.不自然なタイミングの咳き込みや、生理現象が増えた。
12.人体が、微振動する。
13.家族や親戚、ペットに異変が起き、つまずいたり、転んだり、病気や入院する回数が増える。
14.知らない内に、切り傷やあざが出来ていることがたびたびある。
15.スイッチを入れたかのように、異常な食欲や性欲が起きる。
16.安定した職業に就職したいが、不自然な転職を繰り返している。
17.理由がないのに、家族、友人、パートナー、職場の人間関係がだめになる。
18.自宅に、シロアリや害虫が増えた。
19.本来の自分の趣味とは異なる、陰湿な音楽や書籍を何故か手に取る機会が増えた。
20.自分が行く必要のない、もしくは行きたくない場所に行くよう促される。欲しくないものを購入してしまうことが増えた。


20項目の内、半分以上に当てはまった方に、やってもらいたいことがあります。
両手を頭のてっぺんと後頭部に1分間ずつ、しっかり当ててください。その時、電磁波パルスを周期的に感じたり、頭部やそれを支えた手が微振動した場合は、テクノロジー犯罪を受けている可能性があります。