テクノロジー犯罪とは 何か ※テスト原稿

テクノロジー犯罪(テクノロジーはんざい)とは、先端科学技術を利用した遠隔からの監視・拷問行為を指します。サイバー拷問(Cybertorture)や、エレクトロニックハラスメント(electronic harassment)と呼ばれることもあります。

テクノロジー犯罪の主犯は、世界中共通しており、政府機関が関与しています。軍の情報機関と、警察の公安部の連携です。テクノロジー犯罪には、軍事演習、秘密警察ネットワーク、極秘人体実験の要素があり、国家犯罪です。各国政府がスパイ協定で連携し、情報を隠ぺいしています。軍事兵器を民間人に極秘裏に使用しているため、ハラスメントではありません。

電磁波、レーザー、磁気、可視光、各種放射線、中性子、超音波、可聴域の音波、低周音波、等が利用され、一部の研究者はスカラー波や粒子ビームの使用にも言及しています。テクノロジー犯罪が現在の形になったのは、東ドイツのシュタージだといわれています。

基本は対人レーダーとセンサー網でターゲットを遠隔から補足し、生体情報を取得しながら、人工知能と接続された指向性エネルギー兵器や精神工学兵器で自動拷問・自動洗脳を行います。遠隔から脳や神経の要所を刺激し、特定の動作を強要したり、肉体を遠隔操作する技術も使われています。

rmc08

テクノロジー犯罪の主体は、軍の電磁波兵器兵器網です。軍のレーダー設備や軍事衛星に加え、警察の通信網、軍に協力している民間会社の通信網、電磁波兵器を組み込んだ民間の衛星、街灯、電信柱等も利用されています。最も使用されるのは、軍と警察のレーダー設備、軍事衛星、軍に協力する民間会社のアンテナです。

軍の対人レーダー兵器は、半径1000km以上の射程があり、日本のどこにいても遠隔から攻撃できます。ただし、重要性の低いターゲットの加害には民間会社のアンテナが使われている可能性があります。人工衛星や街灯などに、極秘裏に組み込まれた電磁波兵器も使われています。マクロからミクロまでフラクタル化した電磁波網ですでに地球全体が覆われています。

各国の軍部と通信会社は連携しており、民間企業のアンテナも軍の通信網に組み込まれ使われています。通信網の中に、極秘の軍事・諜報用電磁波兵器網が組み込まれています。元台湾陸軍中佐アラン・ユー氏が指摘するように、市販されている車や電子機器、街灯などにも極電磁波兵器が政府の情報機関により、極秘に組み込まれている可能性が極めて高く、こちらも利用されていると考えます。

精神工学兵器を利用した洗脳手法は、タビストック人間関係研究所とペンタゴンが共同で運営して来たMKプロジェクト(MKウルトラ計画が有名)やモナーク・マインドコントロール・プログラムと共通点が多いという特徴があります。

テクノロジー犯罪の内容は非常に多岐に渡り、大規模で超長期的な人体実験の要素があり、人工知能に膨大な市民の生体データを学習させる要素もあります。2020年になり、5Gとスマートシティ計画が始まり、全ての日本人がすでにテクノロジー犯罪被害者予備群になっています。ちなみに5Gは電磁波兵器ではなく、すでに完成していた電磁波兵器網に、新たに加えられた備品でしかないので認識に注意してください。

テクノロジー犯罪の主体は、軍の情報部、警察の公安部の軍事・諜報システムです。日本国内の犯行には、在日米軍(NSA,CIA含む)、自衛隊の情報機関、公安が関与しています。

※小冊子の原稿にする際は、もう少し表現を和らげるかもしれません。