【小冊子原稿】テクノロジー犯罪の目的

A.極秘軍事・諜報ネットワークのインフラ拡大

電磁波、音波、磁気、放射線などを複合的に使い、人工知能と繋げ、遠隔からあらゆる建築物をスキャンし、所有する設備、書籍、書類などを遠隔から監視できるネットワークの基盤づくりです。遠隔からターゲットの思考を盗聴し、健康状態を監視し、場合によっては思考を書き換え、脳を破壊し、病気誘発し、暗殺します。この新たな秘密警察ネットワークは、すでに完成済みです。

B.極秘人体実験データの収集

電磁波兵器や放射線を利用した非人道的な人体実験を、非戦時中にも行うために大量の市民をモルモットにしてデータを収集しています。人体実験をしている事実を隠ぺいする工作も、軍事演習に利用されています。

C.電磁波兵器を利用した軍事演習 諜報スキルの開発と技術工作員の育成

始めて銃が大量生産された時期、人類はやはりあらゆる新たな戦術を生み出しました。電磁波兵器も同じです。人間は新しいおもちゃを手にしたら、試さずにはいられません。電磁波兵器を利用した新たな戦術と、それを取り扱う技術者の育成も目的の1つです。電磁波兵器を利用した新たな諜報戦術を市民に試して、データを集めています。

ロボット兵士の開発、非人道的工作員の開発にも電磁波兵器は利用しています。加害工作員も、気付いたら良心を失ったロボット人間にされており、時期が来れば別の作戦に利用されるかもしれません。このローテーションを繰り返し、どんな命令でもこなすロボット兵士、ロボット傭兵の量産が開始され始めています。

D.各民族の人体の脳地図、神経地図、DNA、あらゆる生体データの収集

人間というのは、思いのほか民族ごとに性質が異なります。各民族の遺伝子、思考、脳地図、人体地図、それらのビッグデータを集めて分析しています。どの民族が、どの様な工作に弱く、どうすれば支配しやすいかのデータも盗まれています。大量の日本人のテクノロジー犯罪被害者のデータは、日本侵略と管理に利用されます。日本に住む各民族の取扱説明書が、完成しつつあります。

E.人口削減と資産強奪

電磁波兵器は、病気を生み出したり、暗殺したり、資産を強奪するのにも利用されています。国体にとって不要な国民を殲滅するのにも利用されています。地球人口のコントロールといえば響きはいいですが、実際は大量虐殺です。

F.内部告発や国家犯罪の隠ぺい工作スキルの開発

内部告発者や国家犯罪の隠ぺいに、権力者の不祥事の隠ぺいにこ現在進行形で利用されています。

G.超人とロボット人間の研究・開発

超人計画により、エリートのみ能力の底上げが行われ、残りの9割の人間には白痴化プログラムが施されます。世界支配層は、人類を、高度電子工学で脳と肉体を強化した人間、奴隷用のロボット人間、原始的な人間、この3つに分類する予定です。世界支配層中枢は、安全な範囲での人体強化に留めるつもりで、自らをロボット化する気はない様です。

H.帝国主義的な植民地拡大、植民地管理

植民地拡大や植民地管理に、電磁波兵器網はすでに使われています。国家を所有するオーナー連中が、遠隔から政治をコントロールする役目もあります。カースト制度の固定のためにも使われます。

このシステムには、静かなる戦争のための沈黙の兵器の側面もあり、日本列島は見えない電磁波で絨毯爆撃されています。このシステムを停止しない限り、日本は永久的に植民地です。日本が独立したければ、このシステムを停止する必要があります。

I.権力者の道楽、儀式、生贄

一部の権力者は、テクノロジー兵器を私物化し、私的に利用して悪趣味なことに使っています。儀式や生贄、権力者の道楽にこのシステムは既に使われています。

J.人工知能世界政府樹立のための前準備

人間の脳を完全に、スーパーコンピュータ上に再現するプロジェクトが行われています。地球人口と同じ数のコピーデータが、仮想空間上にアバターとして生み出されるかもしれません。人工知能知能世界政府を支える各種人工知能を育てるためのエサとして、テクノロジー犯罪を通して得られた膨大なデータが使われています。

その他に、人口削減後の人工知能世界政府を支えるために、あらゆる技術者の生体プログラムが収集されています。人類の仕事の9割は今後人工知能に置き換えられる予定であり、不要になった市民は時間をかけて殲滅される予定です。

K.特定の人間が地球全体を遠隔コントロールするシステムの開発

少数の人間(国境を越えた王侯貴族連合)が、人類の99.9%を遠隔から管理できるシステムを作るための実験中です。
ごく一握りの人間が、各国の国民の制脳権を独占するのが狙いです。