【小冊子原稿】テクノロジー犯罪の基本構成要素

テクノロジー犯罪は、以下の5つが複合的に使われます。

1.遠隔からの生体監視

対人レーダーでターゲットを自動追尾しながら、電磁波、放射線、音波、磁気などを複合利用して、あらゆる生体情報を遠隔から取得し人工知能に学習させ、分析しています。

脳や神経系の監視はもちろん、医学的計測機器で取得できるあらゆる基本データを収集しており、ターゲットの民族の生体的ビッグデータを極秘に研究しています。

思考盗聴システムにより、ターゲットの自動思考回路や脳内MAPも収集され、思考予測や行動予測にも使用されます。遠隔からの生体監視には、ステルス性が高い気付かれにくいものと、違和感の大きいステルス性が低いものがあります。また、干渉波の体感精度には個人差があり、遠隔からの生体監視による干渉波に敏感な人と鈍い人がいます。

対人レーダーで自動追尾されている被害者は、自分の肉体自体が盗聴器になっており、スパイ用ロボットの様な役割を強制的に持たされています。その結果、個人情報の保護は困難であり、プライバシーは完全に失われます。被害者の五感から得られる情報は、全てハッキングして読み取れることを知っておいてください。

2.精密機器のハッキング

テクノロジー犯罪は国家犯罪です。
軍の情報機関や公安部は、政府機関に登録されているすべての個人データにアクセスできます。それに加え、スマホやパソコン、免許証のICチップ、スマートTV,lot家電、その他の精密機器のハッキングにより、ターゲットの個人情報は完全に取得されます。特にパソコンとスマホは、徹底的に監視されます。

3.指向性エネルギー兵器を利用した遠隔拷問

テクノロジー犯罪には、指向性エネルギー兵器も使用されます。基本は人工知能が自動で拷問メニューを行いますが、オペレータが手動に切り替えて行うこともあります。

電磁波兵器、音響兵器、各種放射線、その他極秘兵器を利用した遠隔からの拷問が365日行われます。電磁波兵器は本物の軍事兵器であり、高度に暗号化され、周波数の重ね合わせや暗号通信も使われるため、市販されている計測器では証拠がとりにくいという特徴があります。

テクノロジー犯罪は、遠隔からの軍事攻撃であり、宗教団体や近所のおじさんの嫌がらせではにので、正しい認識を持ってください。

4.極秘科学技術の人体実験

極秘裏のプラズマ兵器、スカラー波兵器、ナノ兵器、ウイルス兵器の被害を訴える被害者も世界中におり、一部の被害者には実際に体内から特殊なチップやナノ繊維が検出されるなど、証拠が出るケースもあります。あらゆる先端軍事兵器のデータ取得のために一般市民を極秘に人体実験にしていると考えられます。肉体を遠隔から操作する技術も完成済みです。

テクノロジー犯罪は、極秘の人体実験の要素が強く、原爆やプルトニウム投与実験と同系統の犯罪であり、超長期的なデータ取得が目的です。社会的影響力が弱い一般市民が多数ターゲットにされているのは、人体実験を隠ぺいしやすいという理由があります。

5.精神工学兵器を利用した遠隔洗脳

脳に電磁波や音波、磁気を送り遠隔から洗脳する技術が広く使われています。マイクロ波視聴効果を利用した音声送信技術を利用したサブミナル洗脳の被害も世界中で確認されています。洗脳は24時間365日行われ、人工知能による自動洗脳が基本ですが、合間に人間オペレータが直接洗脳することもあります。

一般的な洗脳と異なり、精神工学兵器による遠隔洗脳は持続的かつ直接的であり、意識的に洗脳を解除しなければあっという間に洗脳されてしまうため、常に意識的に洗脳を解く必要があります。精神工学兵器を利用した洗脳には、五感送信があり、映像や匂い、味、触感まで再現する技術が完成していいます。仕事中も遠隔洗脳が行われるため、よほどの精神力が無ければこの被害に耐えることは難しいのが現状です。


テクノロジー犯罪は、空間にある全てに多層に向けられる

テクノロジー犯罪は、ターゲットだけではなくその周りの空間全てに向けられています。自宅や職場であれば建物はもちろん、周囲の道路や接近する人や車まで自動で監視されており、工作に利用できるすべてが使われます。
テクノロジー犯罪は、電磁波兵器網の対象空間にある生物や電子機器に対し、同時に使用できます。1つの部屋に5人いれば、それぞれに異なる電磁波兵器のプログラムを使用しながら、同時に所有する電子機器を監視し、ハッキングすることも可能です。

ターゲットの周囲にある一般市民を操作し、特定のキーワードを喋らせたり、事故を誘発させることも行われています。また、ターゲットと周囲の人間の感情を操作し、仲たがいする心理工作もよく使われます。皆さんは、電磁波兵器網がターゲットだけではなく、その周辺にいるすべてに向けられていると理解してください。

大抵、大きな町には複数のテクノロジー犯罪被害者が存在します。私の住む小さな町にも、他に被害者がいました。そして、職場にも明らかに電磁波兵器の被害を受けていると思われる人が複数に確認できています。ターゲットの家や職場だけではなく、街そのものが、遠隔プログラムの対象であるという認識を忘れないでください。

テクノロジー犯罪被害者の集まりに出て、話してみると、被害内容が明らかに共通しており、同じプログラムが複数の被害者に同時に使用されているという仮説が正しいことが、体感的にわかりました。いずれは、全ての日本人に向けられる可能性があるため、現在の被害者の情報は非常に重要な意味があります。