テクノロジー犯罪は、中国でも軍と公安部の管轄

「24時間、人の声が聞こえる」中国当局によるエレクトロニック・ハラスメントの恐怖
https://www.epochtimes.jp/p/2020/09/62127.html

軍部高官「脳制御は機密プロジェクト」 民間人は被験体か
https://ameblo.jp/244tuyo3/entry-12528668592.html

世界中のテクノロジー犯罪に関する情報を見ると、世界中の被害者が軍情報部と警察の公安部の連携(一部の権力者のために働くディープステート勢力)を指摘する。創価学会がーとかいっているのは、日本ぐらいで、世界中の被害者はこの犯罪をよく理解している様です。

その分、日本人は簡単に洗脳されやすく、自分の頭で考えることが出来ないように時間をかけて調教されているのかも知れません。多くの日本の被害者に合って、話を聞くと、国や警察、軍がそんなことをするはずはないという態度で、カルトや在日の仕業という思い込みがかなり深い現状があります。

日本に限らず、国家が国民のために存在したことは、過去にも現在にもなく、恐らく未来にもほとんど現れないでしょう。国家はつねに、少数の権力者のために働き、国家は少数の権力者のためならば、平気で非道な事をしてきた歴史の証明があります。

米国や英国、ドイツ、中国がそうであるように、日本国内のテクノロジー犯罪も軍の情報機関と公安部が犯人です。日本の軍事的な通信網を創価学会は独占していません。協力している可能性はありますけどね。

日本国内で大規模なテクノロジー犯罪が可能なのは、在日米軍と防衛省、警察(特に公安部)の中の、少数の権力者のために働くディープステート部隊です。米軍と自衛隊は、電波法に縛られていません。テクノロジー犯罪被害者も、一般の方も、そろそろ、米国や英国、ドイツ、中国がそうであるように、日本国内のテクノロジー犯罪も在日米軍と自衛隊、公安の連携、およびその協力機関が犯人であるということに気付いてください。