Part II: Resisting the Mind Control State

This essay is a compilation of thoughts on methods to resist governmentally and societally supported mind control torture, repression, and exploitation. It is part II of a series of three, and deals only with social and political issues. Part I, ``Motives for Mind Control,'' describes some of the motives for mind control and why it continues. Part III of the series, ``Mental Firewalls'' deals with the techniques and methods that survivors of this torture have developed to resist having their very mentation tampered with, their bodies and lives violated, and their minds turned into battlefields.
The purpose of this essay is not to try to convince anyone of what is truly going on, but rather to analyze the situation and consider what can be done about it (after you know well enough what is going on and are willing to act as if you know it). I have talked to a good number of mind control victims over the past few years, and many ask me what we can do about the situation. That has been a difficult question. There are many possible actions to take, but ineffective actions only waste time. It is a complicated and disgusting situation in the U.S. with regard to mind control abuses, and it does no good to pretend otherwise or mince words. This essay is perhaps part of an answer, such as it is, to those questions.

A Brief Description of Mind Control Torture
First, I should explain what I mean by mind control. Some so-called ``rebuttals'' of explanations of mind control harassment and technology focus on narrow semantic interpretations of the term, for example by setting up the straw man that any mind control technology must be able to completely control someone's mind. I am using the term in the more general sense that is now the common usage. By mind control I am referring to covert attempts to influence the thoughts and behavior of human beings against their will (or without their knowledge), particularly when surveillance of an individual is used as an integral part of such influencing. I am especially dealing with situations where individuals are singled out for campaigns of influencing and harassment using advanced technology. I am not referring to such things as everyday TV commercials trying to convince you that you need the latest shampoo -- unless the commercials are being used in a way deeper than this surface level such as with the inclusion of subliminals and triggers. (For more details and descriptions, see for example the Mind Control: Technology, Techniques, and Politics web site at http://www.datafilter.com/mc .)
The technology is rooted in surveillance devices, such as audio and video bugs, through-the-wall and remote sensing devices, and biosensors both remote and implanted. This provides the feedback for the influencing, as well as any ``entertainment'' value for voyeur/sadists and intellectual property theft for thieves. Coupled with the surveillance is some sort of ``effector'' or feedback path for influencing an individual. This may be as simple as spreading rumors and gossip based on the surveillance. It may include acting out ``street theater'' to the individual, letting them know they are under surveillance and putting them in bizarre situations to see what they do or to cause trauma and disorientation. This may even include spreading the information for use by ``assets'' in the newspaper, television, radio, and advertising businesses and on the internet. In some individuals hypnosis may have been used to condition certain reactions and behavior to be triggered by later cues. The use of technology ranges from using harassing phone calls coupled with surveillance-based feedback to provide aversive stimuli in a person's home, to abusing the media and the internet as a means for harassment, to the use of pulsed microwave beams to cause pain, anxiety, or heart palpitations, to the use of brain implants to record and affect the brain directly, to...

Thus there are several categories of mind control operations, for example covert druggings, hypnosis and trauma conditioning, one-shot EM-type brain blasting, short-term mind fucks, and ongoing feedback control setups for long-term torture and exploitation of victims, to mention a few. What they have in common is the attack against the mind of the victim, as well as the deniable and denied nature of the attack. The exact means being used in any particular case are beside the point here. These techniques do not just violate one or two of what everyone knows are fundamental human rights: In one fell swoop they violate almost every fundamental human right a person has.

Standing Up and Resisting
I am sure that most if not all of the strategies I will discuss in this essay have occurred to people involved in the area of mind control for any length of time. I hope this essay will prove useful by collecting these various ideas together and providing a big-picture overview of some possibilities. I have tried to cover the whole range of possible actions, including violent action. I know the torturers and their apologists may take this as some sort of propaganda coup, and that these state-sponsored terrorists may go around shouting ``terrorist,'' but the list would not be complete if I did not include those possibilities. Thinking about all the possible reactions can yield insights into seemingly unrelated matters.
Some people's response to ideas for action is to criticize the person putting forth the ideas. Remarks like, ``what have you done,'' ``why didn't you do this or that,'' and ``what is your hidden agenda'' are to be expected, indirectly if not directly. I am confident enough about my efforts over the past years to expose and stop these human rights violations to not let that bother me -- whether or not someone else might agree with my approaches. Developing a thick skin against smears and dirty tricks is necessary in American politics in general these days, and especially when trying to expose horrible atrocities carried out by well-funded and secretive groups. Everyone has his or her own skills, abilities, and situation, and knows if he or she is making his or her best effort in the circumstances.

I am coming out and saying a lot here, and I have given it a lot of consideration. Some people might argue that incremental progress is the way to present things, to preserve some notion of ``credibility.'' To me, preserving ``credibility'' means to point out what I know is the case after I know quite well it is the case. There have been denials every step of the way, even of technology that definitely exists like microwave voice projection and implanted tracking devices. Does that not impugn the ``credibility'' of the deniers, or the professional liars who are known to have tortured American citizens for decades? Why should anyone think that such programs of torture ever stopped? They have not.

The signers of the Declaration of Independence pledged their lives, their fortunes, and their sacred honor. I present this essay in the same spirit. If people are afraid to say that they are being tortured in the U.S. then the torturers will be free to keep on torturing. As the song goes, ``it starts when you're always afraid.''

I have already been subjected to torture-level extrajudicial surveillance and harassment by ``my fellow Americans,'' inside my own home and mind, for the past four [now six] years. This has sharpened my awareness in some ways, and I have seen quite directly how this stinking society and culture operate. So I know something about how these pathetic, juvenile and barbaric rapists work -- though it is difficult to imagine and it would make you feel sorry for them if it weren't for their many victims. So yes, I will write it. I will stake my credibility, career, family, and life on it because I know damn well it is true and there is no real alternative but slavery.

(Why didn't the colonists ``prove'' in a corrupt and controlled court that the soldiers of King George III oppressed the citizens of the colonies?)

The Actual Situation
This is a very brief rundown of the current situation in the United States today. Similar situations exist in other ``advanced'' countries, but my focus in this essay is on the U.S. (Though other countries have adopted or will adopt the American model of repression.) The situation has been described at length in other essays and books by various authors, so this is just a summary.
The United States is, for all practical purposes, a military/intelligence police state. This reality is hidden behind a facade of representative government and media psyops and lies. The evil empire had an evil twin. Citizens can be selected at random for horrible experimentation and abuse. Those who seriously challenge the corrupt system face covert harassment and abuse. Collaborators, apologists, and profiteers. Our elected representatives have no real power at all over the military/intelligence complex in the United States. They are generally bought and paid for by groups interested only in making ever more money, in any way possible.

There still are many decent people in the United States. At least that is what little faith I have left in America. The stated principles of this country still stand strong, even as they are ignored. That might be some slight hope for the country, but I hate this country now. I hate the United States. Read this paragraph again from the beginning. I hate the phony culture of lies and exploitation. I hate its stinking loudmouth hypocrite ``rulers'' and their goon squad torturers. I hate its ongoing atrocities and its phony veneer of ``civilization'' pasted over its blatant barbarity. The fourth reich is alive and well in North America, Americanized with lawyers, PR men, marketing, and advertising. The death camps are kept well-hidden as they continue operating for decades, as slaves are taunted with lies of freedom, free enterprise, and a ``strong economy.''

Great masses of people are not knowingly touched by this repressive system because they do not need to be: They are kept ``blissfully ignorant'' (or pretend it out of expedience). They think they are living in the phony nation the propaganda advertises, and are compliant subjects for their hidden and self-determined overlords. This might be called government from underneath a rock. The persecutions and exploitations are just as vile, if not more vile, because they are hidden. The entire culture suffers, but no one seems to notice the absence of real dissent or fresh ideas or leaders coming from outside the corrupt two-party system. It is like Disneyland, where everything is a facade. The difference is that in Disneyland everyone knows it is a facade, and people are not being tortured back behind the facades

American marketers might even portray this new feudal and repressive state as some sort of advance. For greedy fascists without consciences and who can manage to stay on the exploiting side rather than becoming one of the exploited it might be a real ``paradise.'' I hope historians for centuries hence will see the current American leadership as the Vichy government it is, collaborating with and profiteering from crimes against humanity. These leaders are either real fools or they know damn well what is going on in their repressive nation. Look at them on TV. They want to condition you to feel some phony nationalism and well-being at their slick lies; condition yourself instead to feel revulsion and disgust at propaganda reels. That box in your living room lies constantly, and to personify it further, it is one of the biggest and most culpable collaborators in American atrocities. Always another lie, always blaming a victim, always spinning this way and that, always an excuse or rationalization. Keep your mental distance from this mind poison and see it for the controlling tool it is (as well as for what it could be and could have been).

Let us assume a counterfactual for a moment and suppose that the U.S. government is not involved, that it is ``only'' private groups or foreign governments attacking and exploiting American citizens. In that case the U.S. government is still guilty and complicitous. They have kept the technology secret, have helped in the repression and discrediting of victims, and have done essentially nothing to stop the abuse. They have failed in the most basic functions of government. These are serious, serious crimes we are talking about here: literally torture and enslavement. (Should, say, Russian or Chinese government agents be free to mind control torture American citizens here in the U.S.? Should organized crime groups? Should industrial espionage agents or ``friendly'' intelligence services? Obviously not.)

It really is that bad: evolved torture techniques, a neutron bomb that destroys the person from within while society can ignore it. Understand, this is known stuff and much is admitted by the government; but still no actions are taken. While the government has only admitted a grain of sand in the desert of its atrocities, what we know is bad enough. And still nothing happens and the politicians go on grandstanding, pretending nothing is wrong, and stuffing their pockets. If someone came into your home and did this to you or your family directly you would be completely justified in shooting them dead -- and any jury in the country would agree with you. But when government agents do the same things, its Nazi pigs are protected and the victims are further smeared. If there is any use for ``Old Sparky'' it is to fry these torturing, treasonous, Nazi pigs.

The Community Against Mind Control
The community against mind control is a varied one. There are researchers who have uncovered mind control abuses (and then encountered the mind control coverups), there are victims and their families and friends, and there are other citizens who have heard and seen what is going on, recognized its truth, and acted on it. There are a few organizations set up to resist mind control, and several researchers and activists who have worked on the issue and with victims for many years. I will not name them here to avoid leaving anyone out. Fortunately or unfortunately, there is no real unified leadership fighting mind control in the United States, not to disparage anyone's work in the area.
First of all, being an outspoken critic of American mind control atrocities is not helpful to one's career, finances, or health. Things may get better as the atrocities gradually come more and more to light, but harassment and surveillance are to be expected. People working against mind control, especially when they are victims themselves, must deal with the fact that they are being watched and their every move (and even thought) is being analyzed. The criminal factions can move to thwart or counter any move even before it happens. Remember, these are atrocities committed against men, women, and children for years on end, committed by vicious and amoral people with powerful connections and funding sources. They will threaten, blackmail, harass, and murder to conceal their crimes. The lie of American freedom serves them well as cover for their fascist tactics, but also makes them especially fear exposure for what they are and what they have done against their own people.

Mind control victims themselves can be somewhat difficult to work with, and for good reason. They have survived and are still coping with almost unimaginable torture experiences and the associated psychological and physical trauma (these would be called torture sequelae, but the torture generally has not stopped and is ongoing). They have been betrayed in the worst way imaginable by their own people. They have been exploited and been put through experiences meant to demean them. They have been slandered, blackmailed, and threatened. They have had their minds repeatedly violated and often their bodies as well. They have seen provocateurs disrupting anything that looks like it might achieve something and know all too well about infiltration. They have watched their society and seen how pervasive this modern-day system of torture and exploitation is in the United States. They tend not to be financially well-off, for obvious reasons. They have often had such incredible and hard-to-believe experiences on an ongoing basis that they do not even mention the most outrageous ones, knowing they will face ridicule enough for describing their other experiences.

There are victims of various sorts of mind control experiments and operations, from childhood induced trauma and conditioning, to hypnosis abuses, to electromagnetic harassment, to covert drugging, to implanted devices, to street theater to... In short, any sort of mind control technology and technique the government has wanted to test it has tested on its unconsenting citizens. Thus there are many different experiences, or clusters, of mind control victims. The people themselves have varied backgrounds and have as an unfortunate commonality that for whatever reason they were singled out and tortured. There are some victims who have suffered brain damage and severe psychological problems as a result of their torture. There also are truly mentally ill people, true kooks, and provocateurs impersonating both to help discredit the real victims. Many victims have a history of some connection to the military or to an intelligence agency, which is sad but not surprising, and thus face realistic suspicions that they are agents or plants. Altogether these factors point to why mind control victims are reluctant to trust anyone, much less someone claiming to be or touted as their leader. Thus there is currently a sort of leaderless resistance to mind control, which I hope can be more effective than it currently is.

Mind control victims are very much like prisoners of war who have been tortured. The difference is that they generally do not know why they have been tortured, they do not have their own army or support system, and they have been tortured by citizens of their own country. That, and the torture is generally ongoing and has not stopped. Rather than any sort of sympathy or respect for having ``served their country'' by being selected for exploitation and torture for the sake of what is billed as ``national security'' or ``freedom,'' these veterans of mind control abuse are subjected to ridicule and abuse. The psychological torture, and often the physical torture, is ongoing.

The torture victims are supposed to second guess the reason for their torture. Why were they selected? What is so special about them? Their being selected for torture might even be portrayed as some sort of flattering attention that needs a special explanation, lest they be accused of having delusions of grandeur.

State and Societal Methods to Continue and Conceal Ongoing Mind Control Operations
The primary method used to conceal and continue ongoing mind control operations is secrecy. The weapons used are highly classified, and those who abuse them to summarily torture American citizens benefit from a conspiracy -- as defined in the dictionary -- to conceal their crimes. Secrecy is the American passion; it is the way the United States institutes fascist repression against its citizens while pretending to be a democracy respecting human rights. Secrecy has only grown more entrenched in the U.S. since some of the mind control abuses against citizens were exposed in the 1970s.
The psychiatric and psychological communities are also used as tools in the repression and torture of American citizens. Sometimes wittingly, sometimes unwittingly, mental health workers aid in and help cover up mind control operations in the United States. First, these communities aid in the repression by advertising mental illnesses and their symptoms while ignoring technological means for inflicting the same symptoms. They ignore the reality of government harassment campaigns and nonconsensual experimentation on the public. This lays the groundwork for mind control victims to be labeled as mentally ill and dismissed, or for some half-educated person to think they are helping by suggesting the victim ``get psychiatric help.'' Deniability is one of the first principles of covert action, and inflicting torture which mimics the symptoms of mental illness is not especially novel. The deniability is preserved by publicizing mental illnesses while denying mind control technology and harassment techniques.

Secondly, the mental health community aids in repression by directly diagnosing and even institutionalizing against their will people who claim to be mind control victims. This is nothing short of the former Soviet system of using psychiatry to discredit and silence dissidents and others, though with a typical American spin involving layers of lies and secrecy. There truly are mentally ill people, and their illnesses are unfortunately used as cover lies for torture. This is just another sad reflection on a profession sworn to ``do no harm.'' Aside from a few trusted practitioners, the mental health community and system should be considered collaborators in American repression, at least until their diagnostic manuals have entries for electronic and other mind control, nonconsensual experimentation, and trauma and torture sequelae due to harassment campaigns like those the U.S. government has carried out for years against its own people. The psychiatric community is used to enforce belief in the socially demanded delusion that the U.S. government does not engage in extrajudicial torture and harassment of its own citizens (and the delusion that the psychiatric community does not have years of mind control blood on its hands).

Next, there is the American press. These liars participate in coverups of all sorts of intelligence community atrocities, while at the same time preaching about freedom of the press and their mythical watchdog roles. A recent canonical example is provided by the mainstream papers' attempts at discrediting and smearing the few journalists who dared to report CIA knowledge of Contra drug trafficking -- even though it was already known from Senate hearings years earlier. [In an interesting two-birds scenario, at the same time this cocaine was being imported the zero-tolerance just-say-no campaign was going full force, and our prisons were being filled to world-record levels with inner city users and sellers of some of this same cocaine.] Even when the CIA finally admitted as much in its own reports, the press would not report it accurately, let alone apologize to the actual reporters they had smeared. This is what the dictionary and the law define as a conspiracy. Most media outlets in the U.S. are de facto propaganda outlets for the government, especially for the intelligence agencies. The shameful refusal of the press to cover human radiation experiments by the government for almost a decade after the information was released by a Congressional committee is another canonical example, perhaps even closer to the case of mind control torture.

Not only will the press not openly report ongoing mind control abuses and torture, many in the press act as apologists for it and even as participants in the torture. Many mind control victims have become very familiar with the way that symbols and codewords are used to both let the victims know they are under surveillance and to attempt to smear and discredit them. This coded and between-the-lines speech is apparently standard issue in the intelligence and diplomatic communities, while ordinary citizens tend to scoff at the notion of basic ``English 101''-type symbolism being used by journalists and spies. Deniability is the principle. Have your cake and deny it too.

The techniques for deniable smears include making the smears either be so specific or so general that they can be denied -- and these deniable smears can be distributed across the entire media spectrum like other concerted propaganda campaigns. An example of the specific sense would be what the victim ate last night or what the victim's spouse said during sex (intended to harass and goad). The general smear could be general stories about things the victim has recently done or been interested in. These are deniable, though the victim knows, and is supposed to know, but cannot say or do much for fear of being called insane. This is combined with symbolic and between-the-lines ``stories'' dealing with the victim in a deniable way, smears by juxtaposition, soundalike phrases, and the whole bag of psyop tricks and ways to communicate (or in this case harass) between the lines. [When you start to pick up the messages between the lines, be aware that there are often more lies between the lines than on them.] Some of these smears are so stupid that you would laugh in the torturer's face if the smear did not reveal human rights violations against the victim or you did not know the absolutely vicious intent the torturer had.

The press techniques used mirror some of those reported to have been used by the CIA in manipulating South and Central American populations via psychological operations carried out through the media. It is no surprise at all that these techniques would have been brought back and diffused into the U.S. covert political reality. Who is watching the spies and national security complex in the current political climate? The American press consists of some of the most arrogant, manipulative, thin-skinned, and provincial people imaginable, always rationalizing away their own criminal complicity in crimes against humanity. The few exceptions know who they are.

To discredit mind control victims, the media will play them up as schizophrenic kooks. Acts of physical and psychological terror by the government are ignored, while those speaking out against such terror are ridiculed. The United States is so transparent in its propaganda it is amazing anyone is gullible enough to believe it, except that it is so pervasive. Many Americans fall for the lies and misinformation because they have been so inundated with propaganda and lies for all of their lives that they cling to their adult Santa Clauses and refuse to confront differing facts.

In a larger sense, the press engages in what Jeff Cohen has called propaganda from the center. I would modify that by saying that the press and the government engage in both propaganda and terrorism from the phony center. The phony center is the place where the system works. It is the place where no human rights violations happen within the U.S., and where everything runs smoothly so businesses and corporations can go on making money. It is not Republican or Democratic. It is the status quo minus all the unfortunate and ugly realities and events that might cause ripples. Crime and crime coverage fit right into the phony center, though, because this gives the system some bad guys to chase and catch, showing how the system works and even polices itself. State crimes are almost never mentioned, and white-collar crimes are not mentioned often. It is mostly crimes by people who are in what might be called the lower classes, except that in the phony center there is no such thing as class in America. Crime coverage also serves very effectively to scare the public, so they will willingly accede to authority and, increasingly of late, surrender more of their liberties. (There are also the high-profile ``entertainment crimes'' which can displace real news for months.) Terrorism from the center is any act of terrorism that tends to reinforce the impression of the phony center. It can serve to discredit ``extremists'' as well as to terrorize dissidents who might threaten the power of the elites. This terrorism might include public acts to be misreported on the news or cointelpro actions secretly carried out against people and groups.

In the service of the phony center, the press also utilizes a ``triangulation strategy'' to soften and minimize the most egregious atrocities taking place in the country. If there were a chance that people might learn of the secret government literally holding people as electronic slaves in distributed concentration camps created from the victim's own homes and minds, the CIA would be portrayed as fighting the slave trade overseas. See, I cannot argue with fighting slavery overseas. It is a good thing, assuming it is real and not just more PR propaganda. But now it has purposely distracted from the domestic abuses. The general rule is to triangulate by emphasizing something similar to the domestic problem except that it is not quite so bad or is committed by bad criminals the government is chasing or by foreign groups or governments. It masks the most serious abuses (people can only concentrate on so many things). Someone not familiar with the idea of masking by triangulation might even think someone in the press was trying to help but, gosh, here at least is a watered-down something.

Triangulation here is similar to the ``limited hang-out'' strategy so often used by intelligence agencies when they fear worse exposures of their crimes. That is, they admit a few abuses that are bad but hardly the worst abuses or the bulk of the abuses, play up those admissions for a time, and then declare that ``it's time to move on.'' Amazingly enough, after a few years they often begin denying and hiding the few admissions they actually made and we have what Robert Parry has called lost history (though most of the actual history was never revealed anyway).

Finally, in denying and covering up mind control crimes there are witting ``assets'' and collaborators in all parts of society. To say it is Stasi-like is not going too far. Some are profiting directly from this exploitation and enslavement, while others profit indirectly or hope to not become another victim by collaborating. Too many Americans are just plain cruel and barbaric. There are ``assets,'' apologists, and collaborators in the advertising and entertainment businesses, in academia, in science and engineering, anywhere you might look. Some are likely just following the cues of the unspoken dialogue and symbolism, while others are directly connected. Some may be mind control victims themselves, aware of it or not. This is a real, live conspiracy of the sort that Americans love to ridicule others for pointing out. I do not put anything past people who would participate in systematic torture, including manufacturing news ``events'' for distracting, discrediting, and as a launching point for their desired spin.

Consider that the Church report only scratched the surface of the abuses then, and that things got worse through the 80s and 90s, and you may get some inkling of the true situation.

Methods of Protest and Resistance
This is a listing of various possible methods to protest and resist the crime against humanity that mind control torture really is. They are listed very roughly in order of increasing severity and confrontation. They are not mutually exclusive, of course, and several or many could and should be employed at once. I would urge people not to act in rage, especially on some of the more extreme actions. Acting in rage may result in your being manipulated by others. Any actions should be undertaken with premeditated thought and understanding of the implications. On the more extreme actions there is no rush (unless you feel like it, with your true free mind). Be prepared from the start for the long term, and keep your eyes on the prize, so to speak.
Contacting law enforcement, like the FBI. This is typically the first thing someone does when a violent crime has been committed. (It may take a mind control victim some time to realize what is going on, and that such vicious mind manipulations are in fact being directed against him or her in a concerted manner. That is, it may take some time to realize that it can and does ``happen here'' even though we do not see such crimes openly reported in the paper or on the evening news.) In the case of mind control and electromagnetic harassment crimes this option has proved to be of no value whatsoever. I do not know of one case where this resulted in any investigation or anything other than polite dismissal, at the very best. Some mind control victims are afraid to contact the authorities. This may be because they fear further abuse or fear that any investigation will turn against them when back channels are utilized by their torturers. Psyops typically employ such threats, including blackmail threats based on anything observed over years of torture/surveillance, physical threats against loved ones, and purposely instilled distrust of anyone who might be able to help.

There is also good reason to believe that the FBI is in fact directly involved as the harasser in many cases. Historically, the FBI has made both a study and a practice of targeting and harassing American citizens. The FBI without a doubt knows about the sort of electronic weaponry that many victims say has been used to harass and torture them. They have held classified conferences where they discuss such weapons and plan for sharing this technology with other law enforcement agencies -- yet they still deny that the technology exists. These would be called secret police tactics in most other nations, but the perception management of the American citizenry requires that such descriptions not become commonly used here.

Legal actions. When the authorities are no help, many people turn to the judicial system for relief. First, one has to find a lawyer willing to take the case. This can be difficult in itself, as many lawyers either refuse to believe the victims or else want nothing to do with challenging the secret government. Even lawyers willing to take the cases may lack the specific expertise needed in national security law. Assuming a lawyer has been found, there remains the problem of gathering evidence for use in court -- evidence of a crime that has been tailored over the years precisely not to leave such evidence. Surveillance and harassment will be used to attempt to thwart any effective actions of the victim, he or she will not be able to act in private, and certainly will not be allowed private counsel with lawyer-client privilege. Finally, assuming a lawyer has been found and a case put together there remains the problem that the courts are heavily stacked in favor of secret government agencies.

At some point, if any progress is being made at all, there will be a claim of national security and the government will move for dismissal. If the victim is lucky enough to get to this stage the trial will be dragged out for years and cost hundreds of thousands of dollars -- all while the torture goes on and the victim's whole life is derailed and devoted to regaining his or her fundamental human rights. (This process in practice reveals what a farce the American participation in international treaties like those against torture and slavery is, since the U.S. claims that its current laws, Constitution, and courts provide implementation of these protections for its citizens.)

A common misconception is that there is no law against what the mind control torturers are doing, that it is somehow ``legal.'' While it would be helpful and useful to have new laws on the books to more specifically protect the mind control victims and make people aware of such crimes, there are plenty of laws currently on the books that could be used to stop the torture and punish the torturers. In American law it a matter of if there is a will there is a way. (This is illustrated in the selective prosecutions and in the ignoring of the clear crimes of the powerful that happens all the time in American ``justice.'') While this trend that mocks the rule of law usually works against justice, if we can generate the political will we may be able to get some justice.

Letter writing, direct contact with legislators. In a functioning representative government, citizens should be able to contact their representatives when the usual system has failed them. Mind control victims can indeed contact their representatives, but to little effect. Some representatives simply ignore or throw away letters from mind control victims. Others may make a few inquiries that get nowhere and then give up. The political facts are that most representatives have almost no power when it comes to investigating abuses of the intelligence apparatus (though they do not want to let on that they are powerless in that regard). Some representatives have been co-opted into the intelligence community and actually run interference for the agencies rather than representing their constituents who are undergoing torture. This is terribly expedient for them, since they know they cannot be held accountable for actions they take in secret. (Some representatives may just be naive and fall for the slide shows of lies that spies like to give to representatives in secret sessions, knowing that no one has the chance to counter their misinformation.) Nonetheless, one can hope that there are some decent people left in government who recognize what is happening. Phone calls and paper letters to legislators tend to be more effective than email.

Our nation is wealthy and we are continually assured that the economy is good. The cold war supposedly ended. If the American political system cannot deal with the nation's continuing atrocities under these conditions, when can it?

Direct political activity. Voting is only a part of the direct political activities that can be undertaken. The problem is the lack of candidates and politicians willing to deal with these issues. Even a few politicians with real spines, not worried about their own reelection but about doing what is right, could start to make a difference. For now, working at the primary and grass-roots level may be more effective than waiting until the standard Democrat and Republican are selected and presented as a choice. Third parties can bring new issues to the table. If we can figure out who in the government is secretly anti-human rights we can work to ensure that those people are not reelected, since they have no place in public government -- and if they are themselves responsible for torture they belong in prison. The barrier here is the abuse of secrecy in government to keep the public from knowing. If we could get a few roll-call votes on important human rights issues those could be used as a voting guide -- but always watch out for phony legislation designed only to give the illusion of human rights support. The important part of the voting is not just your single vote but to campaign tirelessly yourself and with others against modern-day Nazis hiding anywhere in government.

Appeals to human rights organizations. Mind control victims have appealed to human rights organizations for years, trying to get them to focus their attention on domestic, covert human rights abuses. For years they have been rebuffed or ignored. Human rights organizations, many based in the U.S., freely point their fingers at human rights abuses overseas while ignoring domestic human rights abuses and victims. Recently, though, there has been some progress made in getting a few organizations to begin to address these abuses. It is only a small step so far, but at least it is something. As far as I know no organizations have dealt directly with the issues of mind control victims (even those acknowledged by the government). The World Organization Against Torture, USA, did recently discuss human experimentation without consent in its report on American compliance with the Convention Against Torture. Continued appeals to other groups to follow this lead and to deal directly with mind control issues may be productive. Remember, though, that the setting up of phony front organizations, groups, and ``charities'' is a long practiced way to co-opt, control, and neutralize opposition.

Appeals to the press. The American press has already been discussed at length in this essay. Nonetheless, there are still a few decent people in the press acting as real journalists who may have the ability to get the truth out. People should also support those decent journalists if the propagandist media turns on them, and remember who the propagandists are. Support press organizations who tell the hard but important truths.

Appeals to churches, religious organizations and other groups who might be sympathetic. You can appeal to your minister, priest, rabbi, roshi, etc., and the congregation, sangha, or whatever the congregants are called, in the name of whatever God or spirit or force or practice the religion worships or advocates. Most religions at least give lip service to human rights. It might help. You cannot have freedom of religion without the freedom of thought, and some religious people have the sense to understand this.

Some victims can also be helped, at least helped to cope with the torture, by practicing whatever faith they still follow or believe. It is important to always know that this has nothing to do with the Nazi pigs playing at God and trying to steal away human dignity and free will.

I have thought for some time that mind control survivors might benefit from contact with Holocaust survivors, if only to hear how they have coped for so many years with the knowledge that their fellow human beings and countrymen tried to exterminate them. How this lasting scar affected their families and views (after their torture ordeal was actually over). I would hope they at least see that these are Auchwitz-level atrocities, being committed for decade after decade here in the U.S. But not everyone you think ought to understand something will, and we are all embedded in a lying propaganda society.

Teaching and educating the public. One thing mind control victims can do is to try to teach and educate the public about the sorts of abuses that have taken place in the past, as well as those which are ongoing. The media and standard educational systems barely touch on these abuses. Much of the technology involved in some of the abuse is actively denied, even that which is definitely known to exist. There is no corresponding lack of education regarding mental illnesses, which tend to be used to dismiss and ridicule claims of mind control abuse. Possible methods are leaflets and flyers, web sites, mailing lists, bumper stickers (``Visualize Domestic State-Sponsored Terrorists in Prison''), and so forth, as well as just broaching this forbidden topic in polite company. Trying to inform and work with scientists, engineers, psychiatrists, historians, decent military people, real journalists, etc., could be helpful.

Teach the young, if no one else, that their elders and societal leaders -- and in some cases their own parents -- are stinking hypocrite liars who are in league with Nazi-style criminals and torturers. Teach them what ``adulthood'' really means in a sick society based on lies. This is the case just from known and acknowledged facts, though one has to dig a bit to find them out in our information-controlled society. Think about when and how, in the process of growing up, some people ``put on the swastika armband'' -- and how it can be prevented.

Do not back away from mental illness just because it has been used as a cover lie for experimentation and abuse. This Soviet-style repression is a reflection on American society and not on the unfortunate people repressed in that manner. The truly mentally ill have it bad enough without their government and society using their illnesses as a cover for torture and repression. Not to mention the psychological scars inflicted by torture on its victims.

If nothing else, record what has happened and what is happening for the sake of history. Ethical standards were not ``different back then,'' when back then is now (a favorite excuse of apologists). Make it so that years from now any historian looking back will have to evaluate the lies and speeches of the current politicians taking into account the vicious atrocities they are complicit in. People so small as to support slavery and exploitation, implicitly or explicitly, in the twenty-first century -- not the 1850s. ``Never again'' as an empty slogan (or referring to historical Nazi conditions that are never likely to happen again exactly) is worse than nothing, especially if it helps in dismissing current atrocities that can ``never again happen'' but really are happening. Or if it gives a misleading and false sense that someone might care and take some action when new atrocities arise.

Researching mind control technologies and techniques. Gathering any and all evidence and information on mind control harassment and technology is a very positive thing, and I encourage it wholeheartedly. One should not, though, mistake this for some preliminary step that must be ``completed'' before any other action can be taken. The main problem now is a political one, not a technical one to show that the covert harassment and devices exist. That it exists is clear to anyone who has really looked into the situation. Those with a vested interest in denial will deny forever if they have the chance.

Art. Various artistic media can be used to help people understand, feel, and act. It can also help victims heal somewhat from the ongoing abuse. But government propagandists can form rock bands, paint paintings, etc., too. Perhaps more importantly, the propagandists can help market any artists who are willing to sell their souls to torturers for some fame and money -- or whose messages unwittingly happen to fit in with the propagandists' current campaign.

Formal lobbying. These days in Washington it takes money and connected lobbyists to get anything done. If the money became available to a person or group involved in resisting mind control abuses it might be worth hiring a professional lobbying firm. That firm would have the connections to at least get the message heard in the corridors of power that American citizens are being tortured and perhaps we should stop it. I do not see such large sums of money materializing anytime soon, and mainly this is a cynical and true comment on the U.S. government up for sale. (Slaves forced to buy their own freedom?)

Publicity stunts. Sometimes it can take outrageous stunts to get media attention. News is entertainment, after all, and sometimes entertainment and ratings can be productively leveraged against the prerogative of protecting the national security establishment. (Perhaps I should say phony national security establishment, since ``national security'' is only a buzzword that has long been rendered meaningless and divorced from anything of the sort. Like ``sources and methods'' it is a magical incantation that means ``I am not telling you anything, and watch out if you push it.'')

Greenpeace used to use publicity stunts to excellent effect. One can hang huge signs, for example. Vietnam war protesters used to claim that squirt guns full of water actually had LSD in them, or they would ``levitate'' the Pentagon. How about spamming millions of people to alert them to human rights abuses, rather than try to sell them the usual ripoff? A problem with this approach in resisting mind control fascism is that it might play into claims that it was just some nutty schizophrenic acting up: ``We can laugh at it and get some ratings points, but we all know that it is just some poor deluded mentally ill person.''

Something like a hunger strike is hardly a ``stunt,'' but it can bring attention to the matter and make clear what a life or death situation it is. In the callous culture of the U.S. today a hunger strike tends not to have much effect on the public at large, and will even bring on ridicule. It does inform the hunger striker's family, friends, and acquaintances, in a very painful way (that sometimes is necessary). Unfortunately, a mind control victim has to consider that he or she might not even be allowed the freedom to starve to death: claims of mental illness might be used to forcibly stop the hunger striker at some point as well as to discredit the powerful protest. (This might even be done by a ``well-meaning,'' ill-informed, or complicitous family member, supposedly for the victim's ``own good.'')

Appealing to world opinion and international organizations. Organizations like the World Court can be petitioned for redress against the United States. The U.S. ignores international law, of course, unless it suits American interests, so any progress here would be strong but largely symbolic. The U.S. also manipulates international organizations in myriad ways and with lots of money. One can also appeal to foreign governments, but they are not likely to respond openly for fear of the U.S. or because they have an interest in the continuation of the mind control abuses and secrecy. Appealing directly to citizens of other countries may be helpful, because their media may be freer to report on American abuses and they may be freer to speak out and take actions to help the mind control victims.

Calls for boycotts. Boycotts could be called against any companies known to be involved in producing mind control equipment or in covering up the ongoing atrocities. This might include weapons producers, newspapers, psychological organizations, etc. Beyond this, there could be a general call for people around the world to avoid buying American products and traveling to the United States. Tourists could be asked not to indirectly support the current repressive regime in the U.S., and warned that they might take home more than just memories in their heads. As with all boycotts, if they are successful some innocent people will be penalized. Some economic hardship hardly compares to the suffering of the victims of the criminal American government, and segments of American society that profit directly or indirectly from this ongoing crime and repression that they ignore. (Perhaps I should not say that, since in the United States profits trump all suffering, torture, and exploitation.) To be successful, of course, a boycott needs to be well-advertised and have a number of people willing to keep promoting it.

Street protests. Taking to the streets with signs and chants is a classic means of protest. Citizens who pass by wonder what is going on, and can be given literature. A large demonstration may get some notice in the local press. This could be an effective method for drawing more attention to the problem. It does take some organization to put together a demonstration, and investigation of local laws for conducting demonstrations. A fair number of people need to be in the same geographic area or willing to travel there. The government has also in the past few decades studied and refined techniques to disrupt and discredit street protests, and developed a whole new generation of crowd-control weapons.

Building demonstration weapons. One technique to get beyond the denials that mind control technology exists is to build demonstration weapons. If someone were to build a microwave voice projection weapon and publicly demonstrate it, it might get some publicity and might make people aware of the very real threat that such weapons pose. This still might not get through to hard-headed types with no imagination or empathy who cannot understand -- or pretend not to understand -- the extreme violation of having one's mind tampered with even when inside one's home, potentially at any time of the day or night. That is, the horror of not being able to trust your own thoughts, of being aversively conditioned by nonconsensual behavior modification inside your home, and of knowing that your tormentors are purposely inflicting psychological damage on you. All this taking place in a society that pretends it is not happening, where the economy is good so everything must be all right, and where the rhetoric all drips with mention of freedom, liberty, and human rights.

On the positive side, it would not take especially advanced technology to demonstrate to people the basic capacity to turn someone's home into a personal concentration camp. Basic electronic surveillance coupled with an aversive stimulus generator like a targetable microwave beam able to interfere with heart rhythms would suffice. One could throw in devices based on the microwave hearing principle for good measure.

On the negative side is the money and expertise required. Most victims, like most citizens, are not technically trained and even those who are may lack the specific training to design and construct such specialized devices. Testing would also be necessary, and unlike the government's methods I do not think randomly selected people should be used as guinea pigs. As a matter of safety I might suggest testing a microwave voice projection device on dogs who were trained to obey spoken commands. If they would perform their tricks with no other cues than the microwave induced commands played from an audio tape it could reasonably be assumed that they heard the command (or at least perceived the microwave stimulation if correct responses to the microwave signals are reinforced).

An added benefit of this animal testing, or of stating an intention to do such testing, is that it would generate outrage. Americans can be totally indifferent when human beings are being systematically tortured for years on end, but let them hear that you might fry a dog's brain and they would suddenly be outraged and appalled. [We are human beings interacting in a human society; that is why human rights are so important. For example, if animal rights activists were to begin to make serious progress in their cause, and were then seen as a threat rather than as a useful but harmless distraction for people who might otherwise seriously challenge the state, they would soon find their human rights to speak, associate, and organize to be in grave peril.] Practically speaking the frequencies for dog skulls may differ from those of humans. And of course these weapons have already been tested for years both on animals and humans by their developers.

Another negative to demonstration weapons is that even after all the demonstrations the public may still be indifferent. The usual naysayers would say that now you have demonstrated this one method, but that it still does not explain effect X or Y that a given victim has experienced. Or else they would say that now all you have to do is shield against microwaves or measure them to get tangible proof. But microwaves used in this fashion are only one small (and perhaps long obsolete) part of the arsenal of electromagnetic and acoustic weapons that can be used in mind control operations. It is a losing proposition for a few poorly funded citizens to attempt to re-engineer all the results of literally decades of research on which billions of dollars have been directly or indirectly spent. Building demonstration weapons might further the proliferation of these denied weapons, but they are out there already.

As far as getting attention, imagine the following scenario. Suppose someone built, or simply claimed to have built, a subliminal influencing device capable of subtly influencing a whole town full of people -- perhaps by generating some form of modulated ELF radiation. Suppose they then claimed that they were going to turn it on full blast on the day before a general election. That might at least get people thinking about the fragility of democracy (and with truly advanced technology the farce of democracy) when such weapons are shrouded in secrecy and used on the general population.

Leaving the country. I am sure that most people who have been victimized by state-sanctioned terror here in the United States have thought at some point about leaving the country. Others who know what really goes on here have probably thought about it too. There is some resistance to being driven out of one's homeland, especially when you only want your fundamental human rights. This is especially true in the United States where we enshrine the Bill of Rights while at the same time having secret torture squads to covertly trample it. Most people have family and friends in their country and region, if the torturers do not succeed in isolating the victim like they try to do.

One problem with leaving the country is where to go. Where does the long arm of U.S. covert action not reach? Where do satellites not pass overhead regularly? What country would the U.S. not carry out covert actions in, even if the local government were opposed to it? Going overseas might even make the harassment and surveillance legal under U.S. law (for what that is worth since those laws are either ignored or have been rendered impotent anyway). On the other hand, some places might provide more freedom to live, work, and think, and to continue working against the U.S. mind control tyranny from exile.

Currently, most countries would probably not grant official political asylum since it would be a slap in the face of a powerful and vengeful United States government. While other governments surely know of the technological advancements in mind control technology, they also participate in the denials of its existence. In some sense, there is a conspiracy of governments and intelligence agencies around the world against the ordinary citizens around the world. Some countries are as repressive in other ways as the United States is to its mind control victims, and so one would hesitate to leave one form of fascism for another -- depending on the level of torture being imposed. [Morons like to use this as some sort of excuse for American atrocities: ``See, we are not the absolute worst country in the world.'' Worst or not, Americans are the biggest hypocrites and rank right up there with the worst torturers.]

There is uncertainty about whether there is any place one can go to escape the torture and surveillance. There may be psyops aimed at keeping some victims from leaving the country, especially if they might obtain something like MRI evidence of what was done to them here or if their exploitation is considered especially valuable. There may also be psyops aimed at getting other people to leave the country if they are making too many waves here. In the ways of American society, one might be subjected to playground taunts for leaving, like you are ``running away from a fight,'' and so forth. Playground taunts mean nothing compared to having ones mind, life, and family constantly violated and I would not hold it against anyone if they took the next plane out. I may yet do the same.

Civil disobedience. Historically, civil disobedience has included actions like people chaining themselves to doorways, blocking traffic, and trespassing on government property to protest its policies. Other possible actions might include painting anti-mind control graffiti on walls, buildings and monuments. Civil disobedience might also include using the judicial system in ways to purposely slow it down and interfere with its normal operation, as a protest against its unwillingness to deal with government atrocities. I have wondered at times about the engineering feasibility of putting a cable around the neck of the Lincoln monument and pulling its head off with a pickup truck. (Not as a protest against Lincoln or emancipation but to tear down a symbol of stinking American hypocrisy.) You know how Goebbels will portray this.

Tax revolt. This is essentially a form of civil disobedience, to refuse to pay taxes to the illegitimate government that tortures and holds its own citizens as slaves. Having to pay the torturers' salaries is like adding insult to injury. Morally there is nothing wrong with a truly conscientious decision not to pay taxes to an illegitimate occupation government, but practically speaking this may not be the best way to resist. Setting people up for politically motivated audits is an old American trick, and if there is something there for auditors to catch it is that much more effective.

If the IRS agents cart you off to jail for tax evasion you will likely not get out the message you would have wanted to. Tax collectors, like law enforcement officers, would also still be necessary under a legitimate government. In a sense they are the pawns of the people really calling the shots (which is not to excuse knowing abuses by such officials). The people calling the shots would love to incite a proxy war between, say, police officers and demonstrators because they then have discredited the demonstrators, hardened the police citizens and other citizens against the cause of the demonstrators, and gained a platform for more militarization of law enforcement.

Economic sabotage. The ancient Egyptians would not free Moses' people until a host of plagues was called down on their kingdom. Human nature has not changed since then, and Americans have a long and sad history of clinging to blatantly exploitative practices at all costs -- while always pontificating about freedom. Some people might decide that if they are not allowed to receive equal benefits in a society then those who implicitly or explicitly benefit from their exploitation should not have the fruits of that exploitation. The idea of economic sabotage is to disrupt the economy and cost it money. Americans, at least those in charge, simply do not care about the cries of domestic torture victims. What they do care about is money. The idea then is to make their repression and torture cost them money. In some sense this is the same philosophy as in calling for boycotts, but more direct. This is the first of the ideas on the list that the American state-sponsored terrorists and propagandists would likely shout ``terrorist'' about.

To conduct such economic sabotage it first has to be clear to those in charge (and preferably to the public at large) what was done and why it was done. Let me describe an example where one or a few people can incur huge costs. It is only an example, of course. Suppose someone were able to obtain a quantity of toxic waste, for example several drums of PCBs. Suppose they then drove around a major city at night spreading those chemicals and then announced to a newspaper, to authorities, and on the internet what they had done it and why. Publicity is important here because otherwise the government could ignore it like it does so many other things. It could then take literally tens or hundreds of millions of dollars to clean up that toxic waste. The idea is to cost money, and not to harm people, so this particular plan would have to be tailored for that. As for environmentalists who might react with horror to this very suggestion, I feel about the same to them as I do toward animal rights activists who are horrified that a dog might be experimented on: There are human beings being subjected to systematic, long term torture. I'll take their outrage too, as preferable to their indifference to vicious ongoing atrocities. Environmental activists have been the target of enough cointelpro actions that they should be in a better position than many others to understand something about the daily torture inflicted on mind control victims.

Various economic sabotage methods have been perfected and practiced by covert organizations like the CIA for years. If nothing else, this is telling about how segments of the U.S. government think. One can obtain good insights into these methods by studying the methods the U.S. used to destroy the Cuban economy covertly (thus ``proving'' the Cuban government a failure). For example, introducing a crop pest into a major growing region can ultimately cost hundreds of millions of dollars. Much of the American infrastructure is vulnerable, from power stations to gas lines to water supplies.

Even though these are tried and true CIA methods, used on peasants and ordinary men, women, and children around the world to incite unrest against their governments, a drawback is that the American propaganda machine will portray these as terrorist acts rather than as acts of freedom fighters. If these acts so much as cause the hair on someone's head to get ruffled, the film crews will roll and the same media that would not touch years of systematic domestic torture will have a field day empathizing with and pointing out the ruffled hair inflicted by those horrible terrorists.

One predictable consequence would be for those feeding at the trough of government to write neat little proposals to obtain money to strengthen and defend the infrastructure -- with the implicit but always unspoken purpose of ``defending'' from possible attack by other Americans fighting against domestic U.S. state-sponsored torture.

Direct violent action. This option is often considered taboo to even mention, but years of American principles actually support the right of the people to resist tyrants who would enslave them. These principles mean something to me, if not to lying hypocrites who think the Constitution is just a big poster to put up behind themselves at a photo op. Sometimes it is a time for war, especially in self-defense against those who would enslave you and violate your home and family. People like to cite Martin Luther King, Jr. as an example of non-violence in practice. First of all, as much as I respect King, I suspect he might not have been nearly as successful as he was if there were not more extreme elements that the elites could consider him as a moderating influence to. Even so, the power elites attempted to replace him with their own puppets, they harassed him, they placed him under surveillance, they spread around embarrassing tapes of him to the press and to their friends attempting to discredit him, and then he was shot dead. The elites finally decided that the day of overt repression and exploitation had passed. So, rather than ending, such exploitation ``went black'' behind a wall of lies, secrecy, and propaganda.

As an example of direct violent action, suppose someone developed a demonstration weapon like a portable microwave beam weapon, and set out to use it against legislators, government officials, and journalists who were deemed to be collaborators or apologists for the torture of innocent American citizens. If nothing else these people would get a good idea of the sort of fascist torture they directly or indirectly support against other Americans.

Thinking along these lines you realize that the secret government already poses such a threat to these people, and that the secret government's weapons are more advanced and can be employed more subtly. This very threat, with or without the blackmail that spies are known for, may be enough to keep these collaborators in the fascist camp. A critical mass of cowards and expedient, greedy, amoral fascists. An aversive directed energy experience in the middle of the night might serve as a ``wake-up call.''

One problem with direct violent action is where and against whom to direct that action. A fortified base or command and control center involved in coordinating or conducting mind control operations, even if its location were known, is not likely to be very vulnerable to anything a regular citizen could muster against it. Any attack would be symbolic at best and quite likely result in the death of the attacker. (Then again, someone driven to suicide anyway by being harassed and tortured might reason that it is better to take one or two of the torturing Nazis with him or her rather than to die alone in misery.) Of course someone under constant surveillance anyway is not going to have the element of surprise.

Beyond these problems, though, there are active efforts by the torturers to conceal the guilty parties and to confuse and misdirect the victims. They would probably think it was really funny to goad someone into attacking a completely innocent person -- or better, a person who for some reason they wanted to see hurt. Suppose a mind control victim took a gun to a government building and shot some people he had determined were complicitous in some way with his torture. First, we all know how the press would play it: a lone nut schizophrenic went crazy and shot someone. His claims of being mind controlled would be held up as supporting that.

Now, the targeted people or organization might be the actual mind controllers, or the person might have been tricked by what is called a deception operation. Suppose the victims were not directly involved, but that they had plenty of collaborator, profiteer, apologist blood on their hands and were easier to get to than cowardly torturers hiding in a fortified bunker. Suppose the mind control victim were crying out from torture to send a message. Would the targeted organization or society at large get the actual message? They might, or they might get another message entirely. They might consider that the person was goaded and directed by the mind controllers into attacking them, and take this as an implicit threat by the mind controllers that they had better not cause any trouble because there are more Manchurians out there.

Besides the direct propaganda use, there would be a greater tendency for members of society to develop a fortress mentality and barricade themselves against the ``ordinary people.'' For example, after targeting a known pseudo-journalist propagandist and torturer, the resulting propaganda storm might be used to drive even the few decent journalists into high-security enclaves and further accelerate their separation from ordinary people that has been going on for some time.

Even assuming that the targeting of directly complicitous torturers could be done correctly, the use of direct violence might be counterproductive. A standard propaganda technique to distract from protest and resistance is to highlight (or create) instances of unpopular groups like racists engaging in similar resistance tactics. The usual propaganda war...

For all these reasons and more, violence is a last resort. When it is realistically the only way to possibly secure fundamental human rights within a tangible time period, though, it is a way that must be taken.

Summary and Conclusions
First, I will re-list all of the possible methods for protest and resistance given above. After having read the descriptions above it may be helpful to now see just the paragraph headers all together. • Contacting law enforcement, like the FBI.
• Legal actions.
• Letter writing, direct contact with legislators.
• Direct political activity.
• Appeals to human rights organizations.
• Appeals to the press.
• Appeals to churches, religious organizations and other groups who might be sympathetic.
• Teaching and educating the public.
• Researching mind control technologies and techniques.
• Art.
• Formal lobbying.
• Publicity stunts.
• Appealing to world opinion and international organizations.
• Calls for boycotts.
• Street protests.
• Building demonstration weapons.
• Leaving the country.
• Civil disobedience.
• Tax revolt.
• Economic sabotage.
• Direct violent action.
Believe me, I know the sorts of reactions that this essay may cause, both from people who know it is true and from the sorts of people who just cannot believe that their TV would actually deceive them and lie to them. Nonetheless, it must be said and actions must be taken. A current euphemism is that the government is developing non-lethal ``weapons of mass protection,'' but the reality is that these are weapons of mass enslavement. We either arbeit for our freedom or we arbeit for our slavemasters. This is not a short term thing, and all citizens need to be made aware that their remaining freedoms are at risk. No one is going to ``do it for us,'' but if we all do what we can and get others to join in we can change things together. A million small actions can bring about a large positive change; a million wrenches in the works can shut down a corrupt machine.
Everyone has their own special talents, opportunities, and situation, and can focus on what he or she can best do to start setting things right. It can help to form alliances, but beware of alliances that are meant to tear down or discredit real human rights movements such as those against mind control abuses. We cannot afford to tie our demands for basic human rights to anything trivial, though of course I would not put down people for working on other causes too. This is a long term problem which will require a commitment to keep pushing for freedom and justice, so people need to also live the their ``regular'' lives as best as they can at the same time. But focusing only on the equivalent of a highway beautification project in Nazi Germany is not truly a ``good cause.''

We need to try to form alliances with other groups working for fundamental human rights, or who recognize how such rights underlie our entire society. You cannot build any sort of civil, legitimate society without the foundation of human rights. Good people can disagree on many things, but fundamental human rights is not one of them.

It's the torture, stupid. The sorts of things that are being done to people in the U.S. cannot be tolerated in a civilized nation (or any nation). Phony American ``human rights,'' which are only propaganda campaigns for the U.S. to wage against its enemies while ignoring its own abuses, and any others it finds expedient to ignore, are one of the biggest obstacles to actual human rights in the world.

※今回の記事は、魚拓(https://archive.is/gSJx2)を復元したものです。

Google翻訳版

パートII:マインドコントロール状態への抵抗

このエッセイは、政府や社会が支援するマインドコントロールの拷問、抑圧、搾取に抵抗する方法についての考えをまとめたものです。3つのシリーズのパートIIであり、社会的および政治的問題のみを扱います。パートI「マインドコントロールの動機」では、マインドコントロールの動機と、それが続く理由について説明します。シリーズの第3部である「メンタルファイアウォール」は、この拷問の生存者が、彼らの精神をいじられたり、身体や生活が侵害されたり、心が戦場に変えられたりすることに抵抗するために開発された手法と方法を扱っています。
このエッセイの目的は、本当に起こっていることを誰かに納得させようとすることではなく、状況を分析し、それについて何ができるかを考えることです(何が起こっているのかを十分に理解し、あたかも行動するつもりか、知ってるでしょ)。私は過去数年にわたってかなりの数のマインドコントロールの犠牲者と話をしてきました、そして多くは私に状況について何ができるか尋ねます。それは難しい質問でした。実行できるアクションは多数ありますが、効果のないアクションは時間を浪費するだけです。米国では、マインドコントロールの濫用に関して複雑で嫌な状況であり、他のふりをしたり、言葉を細かくしたりするのはよくありません。このエッセイは、おそらくそれらの質問に対する回答の一部であると思われます。

マインドコントロール拷問の簡単な説明
まず、私はマインドコントロールとはどういう意味かを説明しなければなりません。マインドコントロールの嫌がらせやテクノロジーの説明のいわゆる「反論」は、用語の狭い意味の解釈に焦点を当てています。たとえば、マインドコントロールテクノロジーは誰かのマインドを完全にコントロールできなければならないというストローマンを設定することによってです。私はより一般的な意味でこの用語を使用していますが、それが今では一般的な用法です。マインド・コントロールとは、特に個人の監視がそのような影響力の不可欠な部分として使用される場合、人間の意志に反して(または知識なしに)人間の思考や行動に影響を与える秘密の試みを指します。私は特に、高度なテクノロジーを使用した影響力や嫌がらせのキャンペーンで個人が特定されている状況を扱っています。私はあなたが最新のシャンプーを必要とすることをあなたに納得させようとする日常のTVコマーシャルのようなものについて言及していません-コマーシャルがサブリミナルやトリガーを含めるなど、この表面レベルよりも深い方法で使用されている場合を除きます。 (詳細と説明については、たとえば、マインドコントロール:テクノロジ、テクニック、および政治のWebサイト(http://www.datafilter.com/mc)を参照してください。)
このテクノロジは、オーディオやビデオのバグなどの監視デバイスに根ざしています。、壁貫通型およびリモートセンシングデバイス、およびリモートと埋め込み型の両方のバイオセンサー。これは、影響力のあるフィードバックと、盗撮/サディストの「娯楽」価値や泥棒の知的財産の盗難を提供します。監視と組み合わせて、個人に影響を与えるためのある種の「エフェクター」またはフィードバックパスがあります。これは、監視に基づいて噂や噂を広めるのと同じくらい簡単かもしれません。それには、個人に対して「ストリートシアター」を演じること、彼らが監視下にあることを彼らに知らせ、彼らが何をしているのかを見たり、トラウマや見当識障害を引き起こしたりするために彼らを奇妙な状況に置くことが含まれるかもしれません。これには、新聞、テレビ、ラジオ、および広告ビジネスやインターネットで「資産」が使用する情報を広めることも含まれます。一部の人では、催眠術は、特定の反応や行動を後の手がかりによって引き起こされるように調整するために使用された可能性があります。テクノロジーの使用は、嫌がらせの電話を監視ベースのフィードバックと組み合わせて使用​​し、個人の家に嫌悪的な刺激を与えることから、嫌がらせの手段としてメディアやインターネットを悪用することまで、パルスマイクロ波ビームを使用して痛みや不安を引き起こすことにまで及びます。 、または心臓の動悸、脳を直接記録して脳に影響を与えるための脳インプラントの使用…

したがって、マインドコントロール操作にはいくつかのカテゴリがあります。たとえば、秘密の麻薬、催眠術および外傷の条件付け、ワンショットEMタイプの脳などです。ブラスト、短期的なマインドファック、被害者の長期拷問と搾取のための継続的なフィードバック管理のセットアップなど、いくつかの例を挙げます。彼らが共通して持っているのは、被害者の心に対する攻撃と、攻撃の否認可能な性質と否認された性質です。特定のケースで使用されている正確な手段は、ここでのポイントの横にあります。これらの手法は、誰もが知っている基本的な人権の1つまたは2つに違反するだけではありません。一挙に、人が持っているほとんどすべての基本的な人権を侵害します。

立ち上がって抵抗する
このエッセイで説明する戦略のすべてではないにしても、ほとんどの場合、マインドコントロールの領域に携わっている人がいつまでも起こったと思います。このエッセイが、これらのさまざまなアイデアをまとめて収集し、いくつかの可能性の全体像を示すことで役立つことを願っています。私は暴力的な行動を含む可能な行動のすべての範囲をカバーするように努めました。私は、拷問者とその謝罪者がこれをある種の宣伝クーデターと見なしている可能性があり、これらの国営のテロリストが「テロリスト」と叫んで回っている可能性があることを知っていますが、それらの可能性を含めなかった場合、リストは完全ではありません。考えられるすべての反応について考えることで、一見無関係な問題への洞察を得ることができます。
行動のアイデアに対する一部の人々の反応は、アイデアを出している人を批判することです。 「あなたは何をしましたか」、「なぜこれをしなかったのか」、「あなたの隠された議題は何か」などの発言は、直接ではないにせよ間接的に期待されます。他の誰かが私のアプローチに同意するかどうかにかかわらず、これらの人権侵害をわずらわせないようにするための過去数年間の私の取り組みには十分自信があります。最近のアメリカの政治、特に十分な資金と秘密主義のグループによって実行された恐ろしい残虐行為を暴露しようとする場合、スミアや汚れたトリックに対する厚い皮膚を発達させることが必要です。誰もが自分のスキル、能力、状況を持ち、その状況で最善を尽くしているかどうかを知っています。

私は出てきて、ここでたくさん言って、私はそれに多くの配慮をしました。一部の人々は、漸進的な進歩が物事を提示し、「信頼性」の概念を維持する方法であると主張するかもしれません。私にとって、「信頼性」を維持することは、私がそれをよく知った後で、私が知っていることを指摘することを意味します事実です。マイクロ波音声プロジェクションや埋め込み型トラッキングデバイスなど、確かに存在するテクノロジーであっても、あらゆる段階で拒否がありました。それは、何十年もの間アメリカ市民を拷問してきたことが知られている否定者や専門家の嘘つきの「信頼性」を損なうのではないでしょうか?なぜ誰かがそのような拷問のプログラムが止まったと考えるべきなのでしょうか?彼らはそうではありません。

独立宣言の署名者たちは、彼らの命、財産、神聖な名誉を誓った。私はこのエッセイを同じ精神で提示します。もし人々がアメリカで拷問を受けていると言うことを恐れているなら、拷問者は自由に拷問を続けることができるでしょう。曲が進むにつれて、「それは常に恐れているときに始まります」

私は過去に、自分の家と心の中で「仲間のアメリカ人」による拷問レベルの超法規的監視と嫌がらせを受けています。 4 [今6]年。これは私の意識をいくつかの点で鋭くしました、そして私はこの悪臭を放つ社会と文化がどのように機能するかを直接直接見ました。だから、私はこれらの哀れで、少年的で野蛮な強姦犯がどのように働くかについて知っています-想像するのは難しく、それが彼らの多くの犠牲者のためでなければ、あなたは彼らを気の毒に思うでしょう。そう、私はそれを書きます。私はそれが真実であり、奴隷制以外の本当の選択肢はないことを私はよく知っているので、私の信頼性、キャリア、家族、そして人生を賭けます。

(ジョージ3世の兵士が植民地の市民を弾圧したことを植民地主義者が腐敗し統制された法廷でなぜ「証明」しなかったのですか?)

実際の状況
これは米国の現在の状況の非常に短い要約です今日。他の「高度な」国にも同様の状況が存在しますが、このエッセイで私の焦点は米国にあります(他の国々はアメリカの抑圧モデルを採用したか、採用する予定ですが)。状況は他のエッセイや本で詳細に説明されていますさまざまな著者によるので、これは単なる要約です。
米国は、すべての実際的な目的のために、軍事/諜報警察国家です。この現実は、代表的な政府のファサードとメディアの精神と嘘に隠されています。邪悪な帝国には邪悪な双子がいた。市民は、恐ろしい実験や虐待のためにランダムに選択することができます。腐敗したシステムに真剣に挑戦する人々は、秘密の嫌がらせや虐待に直面します。共同編集者、謝罪者、および収益者。私たちの選出された代表は、合衆国の軍事/諜報複合体に対して全く真の力を持っていません。彼らは一般的に、いかなる方法でも、より多くのお金を稼ぐことだけに関心があるグループによって購入され、支払われます。

アメリカにはまだまともな人がたくさんいます。少なくともそれは私がアメリカに残した小さな信念です。述べられているこの国の原則は、無視されているにもかかわらず、依然として強いままです。それはその国にとって少し希望かもしれませんが、私は今この国が嫌いです。アメリカは嫌いです。この段落を最初からもう一度読んでください。私は嘘と搾取の偽りの文化が嫌いです。私はその悪臭を放つラウドマス偽善者の「支配者」と彼らの暴力団の拷問者を嫌っています。私はその残酷な残虐行為と、その露骨な野蛮さに貼り付けられた「文明」の偽の単板が嫌いです。 4番目の帝国は、弁護士、広報担当、マーケティング、広告でアメリカ化された北米で健在です。死の収容所は、奴隷が自由、自由企業の嘘と野次されているとして、彼らは、何十年も動作し続けるよう、十分に隠されたまま、と``強い経済されている。「」

人々の大質量が故意に彼らなぜなら、この抑圧的なシステムに触れていませんする必要はありません:彼らは「至福に無知」に保たれています(または不便をかけたふりをしています)。彼らはプロパガンダが宣伝する偽国に住んでいると思っており、彼らの隠された自決した支配者の従順な主題です。これは岩の下から政府と呼ばれるかもしれません。迫害や搾取は、隠されているため、それほど卑劣ではありませんが、同様に卑劣です。文化全体が苦しんでいますが、腐敗した2党体制の外からやってきた本当の異論や新鮮なアイデアやリーダーの欠如に誰も気づいていないようです。それはすべてがファサードであるディズニーランドのようなものです。違いは、ディズニーランドでは誰もがそれがファサードであることを知っていること、そして人々はファサードの後ろで拷問されていないことです。

アメリカのマーケティング担当者はこの新しい封建的で抑圧的な状態をある種の進歩として描写するかもしれません。良心のない貪欲なファシストにとって、搾取の1つになるのではなく、搾取側に留まることができる人にとっては、それは本当の「楽園」かもしれません。したがって、何世紀にもわたって歴史家が現在のアメリカのリーダーシップをビシー政府と見なすことを願っています人道に対する犯罪と協力し、それから利益を得る。これらの指導者たちは本当の愚か者であるか、彼らの抑圧国で何が起こっているのかをよく知っている。テレビで見てください。彼らはあなたに彼らの滑らかな嘘でいくつかの偽のナショナリズムと幸福を感じるように条件付けたいです。代わりに、プロパガンダリールで嫌悪感や嫌悪感を感じるように自分自身を調整してください。リビングルームにあるそのボックスは常に存在します。それをさらに具体化するために、アメリカの残虐行為における最大かつ最も過酷な協力者の1つです。常に別の嘘、常に犠牲者を非難し、常にこのように回転し、それは常に言い訳または合理化です。この心の毒からあなたの精神的な距離を保ち、それが制御ツールであるかどうか(そしてそれが何であるか、何であったかもしれないか)を確認してください。

ちょっと仮説を立てて、米国政府が関与していないと仮定します。それは、米国市民を攻撃および搾取する「唯一の」民間団体または外国政府であると仮定します。その場合、米国政府はまだ有罪であり、共犯です。彼らはテクノロジーの秘密を守り、被害者の抑圧と信用失墜を助け、虐待を止めるために本質的に何もしていません。彼らは政府の最も基本的な機能に失敗しました。これらは、私たちがここで話している深刻で深刻な犯罪です。文字通り拷問と奴隷化です。 (たとえば、ロシアや中国の政府エージェントは、ここアメリカでアメリカ市民を拷問することを自由に自由に行えるのでしょうか?組織犯罪グループが必要ですか?産業スパイエージェントまたは「友好的」な諜報サービスが必要ですか?明らかに

それは悪いことです。):進化した拷問技術、中性子爆弾は人を内部から破壊し、社会はそれを無視できます。理解してください、これは既知のものであり、多くは政府によって認められています。しかし、それでもアクションは実行されません。政府はその残虐行為の砂漠で砂粒を認めただけですが、私たちが知っていることは十分に悪いです。そして、それでも何も起こらず、政治家たちは何も間違っていないふりをし、ポケットを詰め込んで、グランドスタンディングを続けます。誰かがあなたの家にやって来て、あなたまたはあなたの家族に直接これを行った場合、あなたは彼らを射殺することで完全に正当化されます-そして国内のどの陪審もあなたに同意するでしょう。しかし、政府機関が同じことをするとき、そのナチのブタは保護されて、犠牲者はさらに汚されます。 「古いスパークリー」の用途がある場合は、これらの拷問、反逆、ナチス豚を揚げることです。

マインドコントロールに反対するコミュニティマインドコントロールに反対する
コミュニティは多様なものです。マインドコントロールの乱用を発見した(そしてマインドコントロールの隠蔽に遭遇した)研究者がおり、犠牲者とその家族や友人がいるほか、何が起こっているのかを聞いて見、その真実を認識して行動した他の市民がいますそれ。マインドコントロールに抵抗するために設立されたいくつかの組織と、この問題に取り組み、長年被害者と取り組んできた研究者や活動家がいくつかいます。ここでは、誰も除外しないように名前を付けません。幸いなことに、または残念なことに、米国には真の統一されたリーダーシップによるマインドコントロールとの闘いはありません。
まず第一に、アメリカのマインドコントロールの残虐行為を率直に批評することは、自分のキャリア、財政、または健康に役立ちません。残虐行為が次第に明るみに出ていくにつれ、状況は良くなるかもしれませんが、嫌がらせや監視が予想されます。マインドコントロールに反対して働く人々は、特に被害者自身である場合、彼らが監視されており、彼らのあらゆる動き(そして考えさえ)が分析されているという事実に対処しなければなりません。犯罪派は、それが発生する前でも、移動を阻止または阻止するために移動できます。これらは、長年にわたって男性、女性、子供に対して犯された残虐行為であり、強力なつながりと資金源を持つ悪質で非道徳的な人々によって犯されたことを覚えておいてください。彼らは脅迫し、脅迫し、嫌がらせをし、彼らの犯罪を隠すために殺害するでしょう。アメリカの自由という嘘は、ファシストの戦術をカバーするのに役立つだけでなく、彼らが何であるか、そして彼らが彼ら自身の人々に対してしたことへの暴露を特に恐れさせます。

被害者自身のマインドコントロールは、ある程度の困難を伴う場合があり、それには正当な理由があります。彼らは生き残っており、ほとんど想像もできない拷問体験とそれに関連する心理的および肉体的トラウマに対処しています(これらは拷問後遺症と呼ばれますが、拷問は一般に停止しておらず、進行中です)。彼らは彼ら自身の人々によって想像できる最悪の方法で裏切られました。彼らは搾取され、彼らを侮辱することを意図した経験を積んできた。彼らは中傷され、脅迫され、脅迫されています。彼らは彼らの心を繰り返し侵害され、しばしば彼らの体も同様に侵害されてきました。彼らは、挑発者が何かを達成し、侵入についてすべてをよく知っているように見えるものを妨害するのを見てきました。彼らは自分たちの社会を見て、拷問と搾取のこの現代のシステムが米国でいかに広まっているかを見ました。明らかな理由から、彼らは財政的に裕福ではない傾向があります。彼らはしばしば信じられないほど信じ難い経験を継続的に経験しており、他の経験を説明するのに十分な嘲笑に直面することを知っているので、最もとんでもないことについてさえ言及していません。

幼年期に誘発されたトラウマやコンディショニングから、催眠虐待、電磁的嫌がらせ、隠密麻薬、埋め込み型デバイス、ストリートシアターなど、さまざまな種類のマインドコントロール実験や操作の犠牲者がいます...つまり、あらゆる種類のマインド政府がテストしたかった制御技術と技術は、同意しない市民に対してテストしたものです。したがって、マインド・コントロールの犠牲者には、さまざまな経験、つまりクラスターがあります。人々自身は様々な背景を持っており、不幸な共通点として、何らかの理由で彼らが選ばれ拷問されたという共通点があります。拷問の結果、脳の損傷や深刻な心理的問題に苦しんでいる犠牲者がいます。真に精神的に病気の人々、真のコック、そして真の犠牲者の信用を傷つけるために両方になりすました挑発者もいます。多くの犠牲者は、軍隊や諜報機関と何らかのつながりがある歴史がありますが、これは悲しいことですが、驚くことではないため、エージェントや植物であるという現実的な疑いに直面しています。まとめると、これらの要因は、マインドコントロールの犠牲者がだれもを信頼することに消極的である理由を示しています。したがって、現在、マインドコントロールに対する一種のリーダーレスの抵抗があります。これは、現在よりも効果的であると思います。

マインドコントロールの犠牲者は、拷問を受けた捕虜と非常によく似ています。違いは、彼らが一般に彼らが拷問された理由がわからないこと、彼らは彼ら自身の軍隊または支援システムを持っていないこと、そして彼らは彼ら自身の国の市民によって拷問されたことです。それ、そして拷問は一般的に進行中であり、止まっていません。 「国家安全保障」または「自由」として請求されているもののために搾取と拷問の対象として選ばれて「国に仕えた」ことに対する同情や敬意ではなく、マインド・コントロールの退役軍人虐待は嘲笑と虐待の対象となります。心理的拷問、そしてしばしば身体的拷問が進行中です。

拷問の犠牲者は彼らの拷問の理由を二番目に推測することになっています。なぜ彼らは選ばれたのですか?それらの何がそんなに特別なのですか?彼らが拷問のために選ばれたことは、彼らが壮大な妄想を持っていると非難されないように、特別な説明を必要とするある種のお世辞としての注意として描かれることさえあるかもしれません。

進行中のマインドコントロール操作を継続および隠蔽するための州および社会の方法進行中のマインドコントロール操作
を隠蔽および継続するために使用される主な方法は秘密です。使用される武器は高度に分類されており、アメリカ市民を略式に拷問するためにそれらを乱用する人々は、辞書で定義されているように、彼らの犯罪を隠す陰謀から恩恵を受けています。秘密はアメリカの情熱です。これは、米国が人権を尊重する民主主義のふりをしながら、国民に対するファシスト抑圧を導入する方法です。 1970年代に市民に対するマインドコントロールの虐待の一部が暴露されて以来、秘密は米国でより定着しているだけです。
精神医学と心理学のコミュニティは、アメリカ市民の抑圧と拷問のツールとしても使用されています。時々、意識せずに、時には気付かずに、メンタルヘルスワーカーが合衆国のマインドコントロール活動を支援し、隠蔽するのを助けます。まず、これらのコミュニティは、同じ症状を与えるための技術的手段を無視しながら、精神疾患とその症状を宣伝することによって抑圧を助けます。彼らは政府の嫌がらせキャンペーンと公衆に対する同意のない実験の現実を無視している。これは、マインドコントロールの被害者が精神障害と解雇されて解雇される、または一部の教育歴のない人が被害者に「精神医学的助けを得る」ことを提案することで彼らが助けていると考えるための基礎を築きます。否認可能性は秘密の最初の原則の1つですアクション、および精神疾患の症状を模倣する拷問を加えることは、特に新しいものではありません。マインド・コントロール・テクノロジーとハラスメント手法を否定する一方で、精神疾患を公表することにより、否認可能性が維持されます。

第2に、メンタルヘルスコミュニティは、マインドコントロールの被害者であると主張する意志に対して直接診断し、制度化さえすることで、抑圧を支援します。これは、嘘や秘密の層を含む典型的なアメリカのスピンではあるが、精神科を使用して反体制派や他の人々の信用を落とし沈黙させる旧ソビエトのシステムに他ならない。本当に精神的に病気の人がいて、その病気は残念ながら拷問の嘘として使われています。これは、「害を及ぼさない」ことを誓った職業についてのもう1つの悲しい反省にすぎません。少数の信頼できる実務家は別として、メンタルヘルスコミュニティとシステムは、少なくとも彼らの診断マニュアルに電子版のエントリがあるまで、アメリカ抑圧の協力者と見なされるべきですその他のマインドコントロール、同意のない実験、米国政府が長年にわたって自国民に対して行ってきたような嫌がらせキャンペーンによるトラウマと拷問の後遺症。精神医学コミュニティは、米国政府が超法規的拷問や自国民への嫌がらせを行っていないという社会的に要求される妄想(および精神医学コミュニティが何年にもわたって心をコントロールする血を何も持っていないという妄想)を信じさせるために使用されています。

次に、アメリカの報道機関です。これらのうそつきは、あらゆる種類の諜報機関の残虐行為の隠蔽に参加すると同時に、報道の自由と彼らの神話的な番犬の役割について説教します。最近の標準的な例は、コントラ麻薬密売に関するCIAの知識をあえて報告した数人のジャーナリストを信用し、汚そうとする主流の論文の試みによって提供されています-それはすでに数年前に上院の公聴会で知られていました。 [興味深い2羽の鳥のシナリオでは、同時にこのコカインがインポートされていて、許容範囲ゼロのキャンペーンは全面的に機能しており、私たちの刑務所は都心部のユーザーと売り手で世界記録レベルに満たされていましたこの同じコカインのいくつか。] CIAが最終的に自分の報告で多くを認めたとしても、マスコミはそれを正確に報告せず、まみれていた実際の記者に謝罪することは言うまでもありません。これは辞書と法律が陰謀として定義するものです。米国のほとんどのメディアは、政府、特に諜報機関にとって事実上の宣伝媒体です。議会委員会によって情報が発表されてから約10年間、政府による人間の放射線実験を報道することについてのマスコミの恥ずべき拒否は、おそらくマインドコントロール拷問の事例にさらに近い、もう1つの正規の例です。

報道機関は進行中のマインドコントロールの虐待や拷問を公然と報告しないだけでなく、報道関係者の多くはそれに対する謝罪者として、そして拷問の参加者としても行動します。マインドコントロールの被害者の多くは、シンボルとコードワードを使用して被害者に監視下にあることを知らせ、中傷や信用を傷つけようとする方法に慣れ親しんでいます。このコード化された行間スピーチは明らかに諜報機関および外交コミュニティの標準的な問題ですが、一般市民はジャーナリストやスパイが使用している基本的な「英語101」タイプの象徴の概念をあざ笑う傾向があります。否認可能性が原則です。あなたのケーキを持って、それも否定してください。

拒否可能なスミアの手法には、スミアを非常に具体的または一般的なものにすることも含まれます。これらの拒否可能なスミアは、他のコンサートプロパガンダキャンペーンのように、メディアスペクトル全体に分散させることができます。具体的な感覚の例としては、被害者が昨夜何を食べたか、または被害者の配偶者がセックス中に言った(嫌がらせやひどい意図)があります。一般的な塗抹標本は、被害者が最近行った、または興味を持ったことについての一般的な話である可能性があります。被害者は知っていて、知っているはずですが、これらは否定できますが、狂気と呼ばれるのを恐れて、言うことも、することもできません。これは、犠牲者を否定的な方法で扱う象徴的で線間の「物語」、並置による塗抹、サウンドのようなフレーズ、およびすべてのサイオプトリックとコミュニケーションの方法(またはこの場合は嫌がらせ)と組み合わされます行の間。 [線の間のメッセージを拾い始めるときは、線の間よりも線の間に嘘があることが多いことに注意してください。]これらの塗抹標本の一部は非常に愚かで、塗抹標本が明らかにならなかった場合、拷問者の顔で笑うでしょう。被害者に対する人権侵害、またはあなたは拷問の絶対的な悪意を知りませんでした。

使用されたプレス手法は、メディアを通じて行われた心理的操作を通じて南米および中央アメリカの人口を操作する際にCIAによって使用されたと報告されている手法のいくつかを反映しています。これらの手法が米国の隠された政治的現実に持ち込まれ、拡散されていたとしても、驚くにはあたりません。現在の政治情勢で誰がスパイと国家安全保障複合体を見ているのですか?アメリカのマスコミは、想像を絶する、傲慢で、操縦性があり、肌が薄く、地方の人々で構成されており、常に人道に対する罪で自分の犯罪者を正当化している。いくつかの例外は、彼らが誰であるかを知っています。

マインドコントロールの犠牲者の信用を落とすために、メディアは統合失調症の偽物として彼らを煽ります。政府による身体的および心理的なテロ行為は無視されますが、そのようなテロに反対する発言は嘲笑されます。米国はその宣伝において非常に透明であり、それが非常に広まっていることを除いて、誰もがそれを信じるのに十分なだまされやすいことは驚くべきことです。多くのアメリカ人は、宣伝と洪水に溢れ、大人のサンタクロースにしがみついてさまざまな事実に立ち向かうことを拒否しているため、嘘と誤報に陥っています。

広義では、マスコミはジェフコーエンが中心から宣伝と呼んだものに関与しています。報道と政府は偽のセンターからの宣伝とテロの両方に従事していると言って、それを修正します。偽のセンターは、システムが動作する場所です。これは、米国内で人権侵害が発生しない場所であり、企業や企業がお金を稼ぐためにすべてがスムーズに行われる場所です。それは共和党や民主党ではありません。それは現状を差し引いて、さざ波を引き起こすかもしれないすべての不幸で醜い現実と出来事です。ただし、犯罪と犯罪の報道は偽のセンターにぴったり収まります。これは、システムが追跡して捕まえる悪意のある人物にシステムを提供し、システムがどのように機能するか、さらにはそれ自体を監視するためです。州犯罪についてはほとんど言及されておらず、ホワイトカラー犯罪についてはあまり言及されていません。偽のセンターではアメリカに階級のようなものがないことを除いて、それはほとんど下層階級と呼ばれるかもしれない人々の犯罪です。犯罪報道はまた、国民を怖がらせるのに非常に効果的であり、そのため彼らは自発的に権威を認め、最近ではますます自由を放棄している。 (また、何ヶ月も本当のニュースを追い出すことができる注目を浴びる「娯楽犯罪」もあります。)センターからのテロは、偽のセンターの印象を強める傾向があるテロ行為です。それは「過激派」の信用を落とすだけでなく、エリートの力を脅かす可能性のある反体制派を脅かすのにも役立ちます。このテロリズムには、人々やグループに対して秘密裏に行われたニュースやcointelproの行動について誤って報告される公共行為が含まれる可能性があります。

偽装センターのサービスでは、報道機関は「三角測量戦略」を利用して、国内で発生している最も悪質な残虐行為を和らげ、最小限に抑えます。犠牲者自身の家と心から作られた分散型強制収容所で文字通り人々を電子奴隷として保持している秘密政府について人々が知る可能性があるとすれば、CIAは海外での奴隷貿易と闘っていると描写されます。ほら、私は海外での奴隷制との戦いについて議論することはできません。それが現実であり、PR宣伝だけではないと仮定すると、それは良いことです。しかし今、それは故意に家庭内暴力をそらしている。一般的なルールは、それがそれほど悪くないか、政府が追っている悪質な犯罪者や外国のグループや政府によって犯されていることを除いて、国内問題と同様のものを強調することによって三角測量することです。それは最も深刻な虐待を覆い隠します(人々は非常に多くのものに集中することができます)。三角測量によるマスキングの考え方に慣れていない人は、マスコミの誰かが助けようとしているとさえ思うかもしれませんが、まあ、ここには少なくとも骨抜きの何かがあります。

ここでの三角測量は、犯罪の悪化を恐れて諜報機関が頻繁に使用する「限られた場所」戦略に似ています。つまり、彼らは悪いが最悪の虐待または虐待の大部分はほとんどないいくつかの虐待を認め、しばらくの間それらの容認を試して、そしてそれから「次に進む時間だ」と宣言します。数年後、彼らはしばしば彼らが実際に行ったいくつかの入場を否定して隠し始めます、そして私たちはロバート・パリーが失われた歴史と呼んだものを持っています(実際の歴史のほとんどはとにかく明らかにされなかったけれども)。

最後に、マインドコントロール犯罪の否定と隠蔽には、社会のあらゆる部分に「資産」と協力者がいることを目撃しています。それはシュタージのようなものだと言っても遠すぎません。この搾取と奴隷化から直接利益を得ている人もいれば、間接的に利益を得たり、協力して別の犠牲者にならないことを望んでいる人もいます。あまりにも多くのアメリカ人は、単に残酷で野蛮です。広告とエンターテインメントビジネス、学界、科学と工学の「資産」、謝罪者、および協力者は、どこを見ても構いません。他の人が直接つながっている間、いくつかはおそらく暗黙の対話と象徴性の手がかりに従っているだけです。中には、意識しているかどうかにかかわらず、マインドコントロールの被害者自身もいる場合があります。これは、アメリカ人が指摘するために他人を嘲笑するのが大好きな種類の、実際の生きている陰謀です。私は、気を散らす、信用を落とすための製造ニュース ``イベント ''を含め、体系的な拷問に参加する過去の人々は何も入れず、希望するスピンの出発点としても使用しません。

教会の報告が虐待の表面をかすっただけであり、物事が80年代と90年代を通して悪化したと考えてください、そしてあなたは本当の状況のいくつかの内面を得るかもしれません。

抗議と抵抗の方法
これは、マインドコントロールの拷問が本当にそうである人道に対する犯罪に抗議し、抵抗するためのさまざまな可能な方法のリストです。それらは重大度と対立の増加順に非常に大まかにリストされています。もちろん、これらは相互に排他的ではなく、同時にいくつかまたは多くを採用することができます。私は人々に、特により極端な行動のいくつかについて、怒りをもって行動しないことを強く勧めます。怒りの中で行動すると、他人に操作される可能性があります。すべての行動は、計画的な思考とその影響の理解をもって行われるべきです。もっと極端な行動では、急いではありません(あなたがそう思うのでなければ、真の自由な心で)。言うまでもなく、最初から長期にわたって準備し、賞品に目を離さないでください。
FBIのような法執行機関に連絡する。これは通常、暴力犯罪が犯されたときに誰かが最初に行うことです。 (マインドコントロールの被害者が何が起こっているのかを理解するのにしばらく時間がかかる場合があり、そのような悪質なマインド操作が実際に彼または彼女に対して協調して向けられていることを意味します。また、そのような犯罪が新聞やイブニングニュースで公に報告されていない場合でも、「ここで発生」します。)マインドコントロールや電磁的嫌がらせの犯罪の場合、このオプションは何の価値もないことが判明しています。この結果、丁寧な解雇以外の調査や何かが行われた事例については、よく知りません。一部のマインドコントロール被害者は、当局に連絡することを恐れています。これは、彼らがさらなる虐待を恐れたり、拷問者がバックチャネルを利用したときに調査が彼らに不利になったりするのを恐れているためかもしれません。 Psyopsは通常、そのような脅威を使用します。これには、長年にわたる拷問/監視に基づくあらゆるものに基づく脅迫の脅威、愛する人に対する物理的な脅威、助けてくれる可能性のある人物に対する意図的な不信感が含まれます。

FBIが実際に多くの場合に嫌がらせ者として直接関与していると信じる十分な理由もあります。歴史的に、FBIはアメリカ市民を標的にして嫌がらせをする研究と実践の両方を行ってきました。 FBIは、多くの犠牲者が嫌がらせや拷問に使用されたと言っている種類の電子兵器について間違いなく知っています。彼らはそのような兵器について議論し、この技術を他の法執行機関と共有することを計画する機密会議を開催しました-それでも彼らはまだ技術が存在することを否定します。これらは、他のほとんどの国では秘密警察の戦術と呼ばれますが、アメリカ市民の知覚管理では、そのような説明がここでは一般的に使用されないようにする必要があります。

法的措置。当局が助けにならないとき、多くの人々は司法制度に救済を求めます。まず、訴訟を起こす意思のある弁護士を見つけなければなりません。多くの弁護士が犠牲者を信じることを拒否するか、秘密政府に挑戦することとは何の関係も望んでいないため、これはそれ自体難しい場合があります。訴訟を起こそうとする弁護士でさえ、国家安全保障法に必要な特定の専門知識を欠いている可能性があります。弁護士が見つかったと仮定すると、法廷で使用するための証拠、つまり、証拠を残さないように長年にわたって調整されてきた犯罪の証拠を収集するという問題が残っています。監視と嫌がらせは、被害者の効果的な行動を阻止するために使用されます。彼または彼女は、プライベートで行動することができず、弁護士とクライアントの特権を持つプライベートな弁護士を許可されません。最後に、弁護士が見つかり、事件がまとめられたと仮定すると、秘密の政府機関に有利なように裁判所が重くなっているという問題が残っています。

ある時点で、何らかの進展があった場合、国家安全保障の主張があり、政府は解雇に向けて動きます。犠牲者がこの段階に到達するのに十分幸運である場合、裁判は何年も引き延ばされ、数十万ドルの費用がかかります-拷問が続き、犠牲者の全人生が脱線し、彼または彼女の基本的な人間を取り戻すことに専念しています権利。 (実際のこのプロセスは、米国が現在の法律、憲法、および裁判所が市民にこれらの保護の実施を提供していると主張しているため、拷問および奴隷制度に対するもののような国際条約へのアメリカの参加がどれほどひどいものであるかを明らかにします。)

一般的な誤解はマインドコントロールの拷問者がしていることに対する法律はないが、それはどういうわけか「合法的」であるということです。マインドコントロールの被害者をより具体的に保護し、人々に気づかせるために、本に新しい法律を設けることは有益かつ有用です。そのような犯罪のうち、拷問を止め、拷問者を罰するために使用できる法律には、現在、たくさんの法律があります。アメリカの法律では、意志があるかどうかが問題です。 (これは選択的起訴とアメリカの「正義」で常に発生する強力な犯罪の無視を例証するものに示されています。)法の支配をあざけるこの傾向は通常正義に反しますが、政治的意志を生み出すことができれば、正義を得ることができるかもしれません。

手紙の執筆、議員との直接の接触。機能している代表政府では、市民は通常のシステムが失敗したときに代表者に連絡できるはずです。マインドコントロールの被害者は、実際に代理人に連絡を取ることはできますが、効果はほとんどありません。一部の代表者は、単にマインドコントロールの被害者からの手紙を無視するか捨てます。他の人はどこにも届かずに諦めるいくつかの問い合わせをするかもしれません。政治的事実は、ほとんどの代表者が諜報機関の乱用を調査することに関してはほとんど権限を持たないということです(彼らはその点で彼らが無力であることを許したくありませんが)。一部の代表は諜報機関に選出されており、拷問を受けている彼らの構成員を代表するのではなく、実際に機関に干渉を実行しています。彼らは彼らが秘密にした行動に対して責任を負うことができないことを彼らが知っているので、これは彼らにとってひどく好都合です。 (一部の代表者は、ナイーブで、秘密のセッションで代表者に伝えたいスパイの嘘のスライドショーに陥る場合があります。誤った情報に対抗する機会が誰にもないことを知っています。)それでも、ある程度のまともな人々がいることを期待できます。何が起こっているのかを認める政府に残された。電話や議員への紙の手紙は、電子メールよりも効果的である傾向があります。

私たちの国は裕福であり、経済が良好であることを継続的に保証しています。冷戦はおそらく終わった。アメリカの政治システムが、これらの状況下での国家の継続する残虐行為に対処できない場合、いつそれは可能ですか?

直接的な政治活動。投票は、実施できる直接的な政治活動の一部にすぎません。問題は、これらの問題に対処しようとする候補者と政治家の不足です。彼ら自身の再選について心配するのではなく、正しいことをすることについて心配する本当の背骨を持つ数人の政治家でさえ、違いを生み始めることができます。現時点では、初等および草の根レベルでの作業は、標準の民主党と共和党が選択されて選択肢として提示されるまで待つよりも効果的です。サードパーティは新しい問題を提起することができます。政府内で誰が密かに反人権であるかを知ることができれば、それらの人々が公職に立候補できないため、再選されないように努めることができます。拷問の責任がある場合は、刑務所に所属しています。ここでの障壁は、国民が知らないようにするための政府の秘密の濫用です。重要な人権問題について数回の投票を得ることができれば、それらを投票ガイドとして使用できますが、人権支援の幻想を与えることのみを目的とした偽の法律には常に注意してください。投票の重要な部分は、あなたの単一の投票だけでなく、政府のどこかに隠れている現代のナチスに対してあなた自身と他の人たちとたゆまぬキャンペーンをすることです。

人権団体に訴える。マインドコントロールの被害者は、国内の秘密の人権侵害に注意を向けさせようとして、何年も人権団体に訴えてきました。何年もの間、彼らは反発されたり無視されてきました。多くの米国を拠点とする人権団体は、国内の人権侵害や被害者を無視しながら、海外での人権侵害に自由に指を向けています。しかし最近では、いくつかの組織がこれらの虐待に取り組み始めるためにいくつかの進歩がありました。今のところ小さな一歩ですが、少なくともそれは何かです。私の知る限り、マインドコントロールの被害者(政府から認められた被害者であっても)の問題に直接対処した組織はありません。世界拷問禁止機構、米国は、拷問禁止条約への米国の遵守に関する報告で、同意なしに人間の実験について最近話し合った。このリードに従い、マインドコントロールの問題に直接対処するように他のグループに継続的にアピールすることは、生産的である場合があります。ただし、偽のフロント組織、グループ、および「慈善団体」の設置は、野党を選出し、統制し、無効化するための長い間実践されている方法であることを忘れないでください。

報道機関にアピールします。アメリカの新聞はすでにこのエッセイで詳細に議論されました。それにも関わらず、真のジャーナリストとして行動している報道関係者の中には、真実を明らかにする能力のあるまともな人々がまだ数人います。プロパガンディストのメディアが彼らに好意を示すならば、人々はまたそれらのまともなジャーナリストをサポートし、プロパガンディストが誰であるかを思い出すべきです。難しいが重要な真実を伝えるプレス組織をサポートします。

教会、宗教団体、その他同情的なグループにアピールします。大臣、司祭、ラビ、ロシなど、そして会衆、サンガ、または会衆が何と呼ばれていようとも、神または霊または力の名前で、あるいは宗教崇拝または擁護者の名前で訴えることができます。ほとんどの宗教は、少なくとも人権にリップサービスを提供しています。役立つかもしれません。思想の自由なくして信仰の自由はあり得ず、一部の宗教家はこれを理解するセンスを持っています。

一部の犠牲者は、彼らが今も従うまたは信じる信仰を実践することによって、助けられ、少なくとも拷問に対処するのを助けられます。これは、ナチの豚が神を攻撃して人間の尊厳と自由意志を盗もうとすることとは何の関係もないことを常に知っておくことが重要です。

私はしばらくの間、マインドコントロールの生存者がホロコーストの生存者との接触から利益を得るかもしれないと思っていました。この永続的な傷跡がどのように家族と見解に影響を与えたか(拷問の試練が実際に終わった後)。私は彼らが少なくともこれらがアウチビッツレベルの残虐行為であることを理解してほしいと思います。ここ米国では数十年にわたって犯されていますが、あなたが何かを理解する必要があると思う人全員ではなく、私たちは皆嘘つきの宣伝社会に埋め込まれています。

公衆を教育する。マインドコントロールの被害者ができることの1つは、過去に発生した種類の虐待だけでなく、現在行われている虐待についても、国民に教え教育することです。メディアと標準的な教育システムは、これらの虐待にほとんど触れません。悪用の一部に含まれているテクノロジーの多くは、存在が明らかに知られているものであっても、積極的に拒否されています。マインドコントロール虐待の主張を却下し、嘲笑するのに使用される傾向がある精神疾患に関する教育の対応する欠如はありません。可能な方法は、チラシやチラシ、Webサイト、メーリングリスト、バンパーステッカー(「刑務所での国内の国家支援テロリストを視覚化する」など)だけでなく、丁寧な会社でこの禁止されたトピックをただ口にするだけです。科学者、エンジニア、精神科医、歴史学者、き​​ちんとした軍人、本物のジャーナリストなどに情報を伝え、協力しようとすることが役立つでしょう。

他の誰もいないとしても、彼らの年長者や社会指導者、そして場合によっては自分の両親が、ナチス様式の犯罪者や拷問者と連帯している偽善者の嘘つきであることを若者に教える。嘘に基づく病気の社会で「成人」が実際に何を意味するかを彼らに教えます。これは、既知の認識された事実からのケースですが、情報管理社会でそれらを見つけるには少し掘り下げる必要があります。いつ、どのように、そして成長の過程で、「卍の腕章を着けた」か、そしてそれをどのように防ぐことができるかを考えてください。

実験や虐待のカバーライとして使用されたからといって、精神疾患から後退しないでください。このソビエト式抑圧はアメリカ社会を反映したものであり、そのように抑圧された不幸な人々を反映したものではありません。本当に精神的に病気の人たちは、政府や社会が病気を拷問や抑圧の覆いとして利用していなければ、それはかなりひどいです。被害者に対する拷問によってもたらされた心理的な傷跡は言うまでもありません。

他に何もない場合は、何が起こったか、そして歴史のために何が起こっているかを記録します。当時の倫理基準は「当時は異なる」ものではありませんでした(当時、謝罪のお気に入りの言い訳)。今後数年を振り返る歴史家は、現在の政治家たちが共謀している悪質な残虐行為を考慮に入れて、嘘とスピーチを評価しなければならないようにしてください。奴隷制と搾取を暗示的または明示的にサポートするほど小さな人々は、 21世紀-1850年代ではありません。空のスローガンとして(または決して正確に二度と起こらない可能性のある歴史的なナチの状況を参照して)「二度と二度と起こらない」現在の残虐行為を却下するのに役立つ場合、起こっている。または、新しい残虐行為が発生したときに誰かが気にして何らかの行動を起こすかもしれないという誤解を招く誤った感覚を与える場合。

マインドコントロールの技術と技法の研究。マインドコントロールの嫌がらせやテクノロジーに関するあらゆる証拠や情報を収集することは非常に前向きなことであり、心からお勧めします。ただし、他のアクションを実行する前に「完了」する必要があるいくつかの予備ステップとこれを混同しないでください。現在の主な問題は政治的な問題であり、秘密の嫌がらせやデバイスが存在することを示す技術的な問題ではありません。それが存在することは、実際に状況を調べた人には明らかです。拒否に既得権がある人は、機会があれば永遠に否定するでしょう。

アート。さまざまな芸術的メディアを使用して、人々が理解し、感じ、行動するのを助けることができます。それはまた、被害者が進行中の虐待からいくらか癒すのを助けることができます。しかし、政府の宣伝者はロックバンドを結んだり、絵を描いたりすることもできます。おそらくもっと重要なことは、宣伝者は、自分の魂をある種の名声とお金のために拷問者に売ろうとするアーティストや、メッセージが知らず知らずのうちに宣伝者の現在のキャンペーンに適合しているアーティストのマーケティングを支援できることです。

正式なロビー活動。最近のワシントンでは、何かを成し遂げるのにお金がかかり、ロビイストがつながります。マインドコントロールの乱用に抵抗することに関与している人やグループがそのお金を利用できるようになれば、専門のロビー活動会社を雇う価値があるかもしれません。その会社は、少なくともアメリカ市民が拷問されているという権力の回廊で聞いたメッセージを聞く関係を持っているでしょう、そしておそらく私たちはそれを止めるべきです。私はそのような高額のお金がすぐに実現するのを見ることはありません、そしてこれは主に米国政府が売りに出されていることに対する皮肉で真のコメントです。 (奴隷は自分の自由を買わざるを得ませんでしたか?)

宣伝はスタントします。時には、メディアの注目を集めるためにとんでもないスタントがかかることがあります。結局のところ、ニュースは娯楽であり、時として娯楽と格付けは国家安全保障機関を保護する特権に対して生産的に活用することができます。 (おそらく私は偽の国家安全保障の確立を言うべきです、なぜなら「国家安全保障」は長い間無意味にされ、あらゆる種類のものから離婚された流行語にすぎないからです。「情報源と方法」のようにそれは意味する魔法の呪文です「私はあなたに何も言っていません、そしてあなたがそれを押すかどうか注意してください」)

グリーンピースは優れた効果のために宣伝スタントを使っていました。たとえば、大きな看板を掲げることができます。ベトナム戦争の抗議者たちは、水で満たされた水鉄砲に実際にLSDが含まれているか、国防総省を「空中浮揚」させると主張していました。何百万もの人々にスパムを送信して、通常の詐欺行為を売ろうとするのではなく、人権侵害を警告するのはどうですか。マインドコントロールファシズムに抵抗する際のこのアプローチの問題は、それが単なる気の狂った統合失調症の行動だったという主張に影響を与える可能性があることです:「私たちはそれを笑って評価ポイントを得ることができますが、私たちは皆、それがほんの少し悪いことを知っています

ハンガーストライキのようなものはほとんど「スタント」ではありませんが、それは問題に注意を向けさせ、それが生死の状況を明らかにすることができます。今日の米国の冷淡な文化の中で、ハンガーストライキは一般の人々に大きな影響を与えることはなく、ばかげたことさえあります。ハンガーストライカーの家族、友人、知人に非常に苦痛な方法で通知します(必要な場合もあります)。残念ながら、マインドコントロールの被害者は、飢え死に至る自由さえ許されない可能性があることを考慮しなければなりません。精神疾患の主張は、ある時点でハンガーストライカーを強制的に停止し、強力な抗議の信用を落とすために使用される可能性があります。 (これは、おそらく犠牲者の「自分の利益」のために、「善意の」、知識が不十分な、または加害者の家族によって行われることさえあるかもしれません。)

世界の意見および国際機関に訴える。世界裁判所のような組織は、米国に対する賠償を求めることができます。もちろん、アメリカは国際法を無視します。それがアメリカの利益に合わない限り、ここでの進展は強力ですが、大部分は象徴的です。米国はまた、国際機関を無数の方法で、そして多額の資金で操作しています。外国政府に訴えることもできますが、米国を恐れたり、マインドコントロールの乱用や秘密保持の継続に関心があるため、公然と対応することはあまりありません。他の国の市民に直接アピールすることは、彼らのメディアがアメリカ人の虐待について自由に報道でき、犠牲者をマインドコントロールするのを助けるために自由に発言して行動できるので、役立つかもしれません。

ボイコットを要求します。ボイコットは、マインドコントロール機器の製造や、現在進行中の残虐行為の隠蔽に関与していることが知られている企業に対しては反対される可能性があります。これには、武器の生産者、新聞、心理組織などが含まれる可能性があります。これを超えて、アメリカの製品の購入や米国への旅行を避けるよう世界中の人々に一般的な呼びかけがあるかもしれません。観光客は、米国の現在の抑圧的政権を間接的に支持しないように求められる可能性があり、彼らは彼らの頭の中の単なる思い出以上のものを持ち帰ることができると警告しました。すべてのボイコットと同様に、彼らが成功した場合、一部の無実の人々が罰せられます。一部の経済的困難は、刑事アメリカ政府の犠牲者の苦しみや、彼らが無視しているこの進行中の犯罪や抑圧から直接的または間接的に利益を得るアメリカ社会の一部に匹敵しません。 (米国では利益がすべての苦しみ、拷問、搾取よりも優先されるため、おそらく私はそれを言ってはいけません。)ボイコットが成功するためには、もちろん、よく宣伝され、それを促進し続ける意欲のある人々が必要です。

街頭抗議。看板や聖歌で通りに行くことは抗議の古典的な手段です。通りがかりの市民は何が起こっているのか不思議であり、文学を与えられることができます。大規模なデモンストレーションは、地元のマスコミでいくつかの注意を引くかもしれません。これは、問題にもっと注意を向けるための効果的な方法かもしれません。デモとデモを実施するための現地法の調査をまとめるには、いくつかの組織が必要です。かなりの数の人々が同じ地理的領域にいるか、そこに旅行する意思がある必要があります。政府はまた、過去数十年の間に、街頭抗議を混乱させ信用を落とすための技術を研究および改良し、まったく新しい世代の群衆管理兵器を開発しました。

デモ用武器の構築。マインドコントロールテクノロジーが存在するという否定を乗り越えるための1つの手法は、デモ用の武器を構築することです。誰かがマイクロ波音声投影兵器を構築してそれを公に実演すると、ある程度の宣伝が得られ、そのような兵器がもたらす非常に現実的な脅威を人々に気付かせる可能性があります。これはまだ、想像力や共感のない堅苦しいタイプには通じない可能性があり、理解できない、または理解できないふりをする-たとえ家の中に入っていても、一日中いつでも心をいじられるという極端な違反です。または夜。つまり、自分の考えを信頼できない、家の中での同意のない行動の改変によって嫌悪感を抱く、そして拷問者が故意にあなたに心理的被害を与えているということを知る恐怖。これらすべては、それが起こっていないふりをする社会で起こります、そこでは経済が良いのですべてが大丈夫でなければなりません、そしてレトリックはすべて自由、自由、および人権について言及して滴り落ちます。

肯定的な面では、誰かの家を個人の強制収容所にするための基本的な能力を人々に実証するのに、特に高度な技術は必要ありません。心臓のリズムに干渉する可能性のあるターゲッティング可能なマイクロ波ビームのような嫌悪刺激ジェネレーターと組み合わせた基本的な電子監視で十分です。良い方法として、マイクロ波聴覚原理に基づくデバイスを投入することができます。

マイナス面は、必要なお金と専門知識です。ほとんどの市民のように、ほとんどの犠牲者は技術的な訓練を受けておらず、そのような特殊なデバイスを設計および構築するための特定の訓練を欠いているかもしれません。検査も必要で、政府の方法とは異なり、無作為に選んだ人をモルモットとして使うべきだとは思いません。安全上の理由から、口頭の指示に従うように訓練された犬でマイクロ波音声投影装置をテストすることをお勧めします。オーディオテープから再生されるマイクロ波誘導コマンド以外の手がかりなしでトリックを実行する場合、コマンドを聞いた(または、マイクロ波信号への正しい応答が強化されている場合は、少なくともマイクロ波刺激を知覚した)と合理的に想定できます。

この動物実験の追加の利点、またはそのような実験を行う意図を述べることの利点は、それが怒りを生み出すことです。人間が何年にもわたって体系的に拷問を受けている場合、アメリカ人はまったく無関心ですが、あなたが犬の脳を焼く可能性があり、彼らが突然怒り狂ったことを彼らに知らせてください。 [私たちは人間社会で相互作用している人間です。それが人権がとても重要な理由です。たとえば、動物の権利活動家たちが自分たちの活動に深刻な進展を見せ始め、そうでなければ国家に真剣に挑戦する可能性のある人々にとって、有用ではあるが無害な気晴らしではなく脅威と見なされた場合、彼らはすぐに彼らの人権を見つけるだろう話す、関連付ける、および組織化して重大な危険にさらされる。]実際に話すと、犬の頭蓋骨の周波数は人間の周波数と異なる場合があります。そしてもちろん、これらの武器は、開発者によってすでに動物と人間の両方で何年もテストされています。

デモ用武器のもう1つの欠点は、すべてのデモの後でさえ、一般市民はまだ無関心である可能性があることです。通常の反対論者は、あなたはこれでこの1つの方法を示しましたが、それでも特定の被害者が経験した効果XまたはYを説明しないと言います。さもなければ、今やらなければならないのはマイクロ波からのシールドまたはそれらを測定して具体的な証拠を得ることだけだと彼らは言うでしょう。しかし、この方法で使用されるマイクロ波は、マインドコントロール操作で使用できる電磁兵器および音響兵器の兵器の1つだけの小さな(そしておそらく時代遅れの)部分です。数十億ドルが直接的または間接的に費やされた文字通り数十年にわたる研究のすべての結果を再設計しようとする数人の資金不足の市民にとっては、失う命題です。デモ用兵器の製造は、これらの拒否された兵器の拡散を促進する可能性がありますが、すでに存在しています。

注意を引く限り、次のシナリオを想像してみてください。誰かが人でいっぱいの町全体に微妙に影響を与える可能性があるサブリミナル影響デバイスを作成した、または単に作成したと主張したとします。その後、総選挙の前日に、彼らがそれを全面爆破するだろうと主張したと仮定します。そのような兵器が秘密に包まれて一般市民に使用されている場合、それは少なくとも人々に民主主義の脆弱性(そして真に高度な技術では民主主義の茶番劇)について考えさせるでしょう。

国を去る。ここ米国で国家公認のテロの被害に遭ったほとんどの人は、いつか国を去ることを考えていると思います。ここで実際に起こっていることを知っている他の人も、おそらくそれについても考えているでしょう。特に自分の基本的な人権だけが欲しいときは、故郷から追い出されることに抵抗があります。これは、権利章典を安置すると同時に秘密裏に拷問隊を密かに踏みにじる米国で特に当てはまります。彼らがしようとするように拷問者が犠牲者を隔離することに成功しない場合、ほとんどの国の人々は彼らの国と地域に家族と友人を持っています。

国を離れる際の1つの問題は、どこへ行くかです。米国の秘密の行動の長い腕はどこに届かないのですか?衛星は定期的に頭上を定期的に通過しませんか?たとえ地方政府がそれに反対したとしても、米国はどの国で秘密の行動をとらないでしょうか?海外に行くと、米国の法律に基づいて嫌がらせと監視を合法化することさえあります(これらの法律は無視されているか、とにかく無力化されているため、その価値があるためです)。一方で、いくつかの場所では、亡命による米国のマインドコントロールの専制政治に対抗して、生活し、働き、考え、さらに働き続ける自由を提供するかもしれません。

現在、ほとんどの国は、強力で復讐心のある米国政府の前で平手打ちになるので、おそらく公式の政治亡命を認めないでしょう。他の政府はマインドコントロールテクノロジーの技術進歩を確実に知っていますが、その存在の否定にも参加しています。ある意味では、世界中の政府や諜報機関が世界中の一般市民に対して陰謀を企んでいます。一部の国は、米国が被害者の心をコントロールしているのと同じくらい他の点で抑圧的であり、したがって、課されている拷問のレベルに応じて、ある形態のファシズムを別の形態に残すことをためらうでしょう。 [Moronはこれをアメリカの残虐行為のある種の言い訳として使用したい:「ほら、私たちは世界で絶対に最悪の国ではありません。」最悪かどうか、アメリカ人は最大の偽善者であり、最悪の拷問者と一緒にランクアップします]]

拷問と監視から逃れるために行くことができる場所があるかどうかについては不確実性があります。特にここで彼らに何が行われたかについてMRIの証拠のようなものを入手する可能性がある場合、または彼らの搾取が特に貴重であると見なされる場合、一部の犠牲者が国を離れるのを防ぐことを目的とした精神療法があるかもしれません。ここであまりにも多くの波を立てている場合、他の人々に国を去らせることを目的としたサイコップもあるかもしれません。アメリカ社会のやり方では、あなたが「戦いから逃げている」などのように、人は去るために遊び場の罵倒にさらされるかもしれません。遊び場の罵倒行為は、心、人生、家族が絶えず犯されることに比べれば何の意味もありません。私はまだ同じことをするかもしれません。

市民の不服従。歴史的に、市民の不服従には、人々が戸口に鎖でつながれ、交通を遮断し、政府の財産​​を侵害してその政策に抗議するような行動が含まれています。その他の可能なアクションには、壁、建物、記念碑への反マインドコントロールグラフィティのペイントが含まれます。市民の不服従には、政府の残虐行為への不本意な抗議として、意図的に速度を落とし、通常の運営を妨害する方法で司法制度を使用することも含まれる場合があります。リンカーン記念碑の首にケーブルを付け、ピックアップトラックで頭を引っ張る技術的な実現可能性について、時々疑問に思いました。 (リンカーンや解放への抗議としてではなく、アメリカの偽善の悪さの象徴を取り壊すために。)あなたは、ゲーベルズがこれをどのように描写するかを知っています。

税の反乱。これは本質的に市民の不服従の形態であり、奴隷として自国民を拷問し、保持する違法な政府に税金を支払うことを拒否する。拷問者の給与を支払わなければならないことは、傷害に侮辱を加えるようなものです。道徳的に、違法な占領政府に税金を支払わないという誠実な決定には何も問題はありませんが、実際には、これが抵抗する最善の方法ではないかもしれません。政治的に動機付けられた監査のために人々をセットアップすることは古いアメリカのトリックであり、監査人がそれをキャッチするためにそこに何かがある場合、それははるかに効果的です。

IRSエージェントが脱税のためにあなたを刑務所に連れて行ったら、おそらくあなたが望んでいたであろうメッセージを出さないでしょう。法執行官のような徴税人も、正当な政府の下では依然として必要です。ある意味、彼らは実際にショットを呼び出す人々のポーンです(これは、そのような当局による虐待を知っていることを許すものではありません)。ショットを呼び出す人々は、たとえば、警察官とデモ隊の間で代理戦争を扇動することを好むでしょう。なぜなら、彼らはデモ隊を信用し、デモ参加者の原因に対して警察市民と他の市民を強固にし、さらに軍事化するためのプラットフォームを得たからです。法執行機関。

経済破壊。古代エジプト人は、多くの疫病が彼らの王国に召還されるまで、モーセの人々を解放しませんでした。それ以来、人間の本性は変化しておらず、アメリカ人は長くて悲しい歴史を持ち、露骨に搾取的な慣行に固執し続けています。一部の人々は、社会で同等の利益を受けることが許可されていない場合、搾取から暗黙的または明示的に利益を得る人はその搾取の成果を得るべきではないと決定するかもしれません。経済の破壊の概念は、経済を混乱させ、それにお金をかけることです。アメリカ人、少なくとも担当者は、国内の拷問被害者の叫びを気にしないだけです。彼らが気にするのはお金です。アイデアは、彼らの抑圧と拷問に彼らにお金をかけさせることです。ある意味これはボイコットを求めるのと同じ哲学ですが、もっと直接的です。これは、アメリカの国営のテロリストと宣伝者がおそらく「テロリスト」と叫ぶであろうリストの最初のアイデアです。

そのような経済破壊活動を行うには、まず、何が行われたのか、なぜそれが行われたのかを担当者(そしてできれば一般大衆)に明らかにする必要があります。 1人または数人が莫大な費用を負担する可能性のある例について説明します。もちろん一例です。たとえば、PCBのドラム缶など、誰かが大量の有毒廃棄物を入手できたとします。次に、彼らが夜にそれらの化学物質を広めながら大都市を車で回り、新聞、当局、そしてインターネットで彼らが何をしたのか、そしてその理由を発表したとしましょう。他の多くのことをするように政府はそれを無視することができるので、広報はここで重要です。その場合、その有毒廃棄物を一掃するために文字通り数千万から数億ドルかかるかもしれません。アイデアはお金をかけることであり、人を傷つけることではないので、この特定の計画はそれに合わせて調整されなければならないでしょう。この非常に示唆に恐怖に反応するかもしれない環境保護論者に関しては、犬が実験されるかもしれないと恐れている動物の権利活動家に対して私がするのと同じように私は彼らに同じように感じます:体系的で長期的な拷問を受けている人間がいます。私も彼らの怒りを、悪質な進行中の残虐行為への無関心よりも好ましいものとして取り上げます。環境活動家は、マインドコントロールの被害者に課せられた毎日の拷問について何かを理解するために、他の多くの人よりも良い立場にあるべき十分なcointelproアクションのターゲットになっています。

CIAのような隠れた組織によって、さまざまな経済妨害行為が完成し、実践されてきました。他に何もなければ、これは米国政府のセグメントがどのように考えるかについて語っています。米国がキューバの経済をひそかに破壊するために使用した方法を研究することで、これらの方法についての良い洞察を得ることができます(したがって、キューバ政府の失敗を「証明」します)。たとえば、主要な成長地域に害虫を導入すると、最終的に数億ドルの費用がかかる可能性があります。アメリカのインフラの多くは、発電所からガス管、水道まで、脆弱です。

これらは試行錯誤された真のCIAの方法であり、世界中の農民や一般の男性、女性、子供たちが政府に対する不安を扇動するために使用されていますが、アメリカのプロパガンダ機械はこれらの行為としてではなく、テロ行為として描写するという欠点があります。自由の戦士。これらが誰かの頭の髪の毛を波立たせるほどに行動する場合、映画の乗組員は転がり、長年の体系的な家庭内拷問に触れない同じメディアは、それらによって与えられた波立たせられた髪に共感し、指摘するフィールドデーを持ちます恐ろしいテロリスト。

予測可能な結果の1つは、政府の谷で給餌している人々が、インフラストラクチャを強化および防御するためのお金を得るためのきちんとした小さな提案を書くことです-暗黙の、しかし常に暗黙の言葉ではない目的は、対抗する他のアメリカ人による攻撃から「防御する」ことです米国の国家主導の拷問。

直接的な暴力行為。このオプションは、言及することさえタブーと見なされることが多いですが、長年のアメリカの原則は、奴隷化する暴君に抵抗する人々の権利を実際にサポートしています。これらの原則は、憲法が写真撮影で自分自身の後ろに掲げる単なる大きなポスターであると考える嘘をついている偽善者にではないにしても、私にとって何か意味があります。時にはそれは戦争の時です、特にあなたを奴隷にしてあなたの家と家族を犯す人々に対する自己防衛において。人々は、実際の非暴力の例としてマーティンルーサーキングジュニアを挙げたいと思います。まず第一に、私がキングを尊敬している限り、エリートたちが彼を穏健な影響力と見なすことができる極端な要素がなければ、彼はキングほど成功しなかったのではないかと思います。それでも、権力エリートは彼を自分の人形に置き換えようとしました、彼らは彼に嫌がらせをしました、彼らは彼を監視下に置きました、彼らは彼の恥ずかしいテープの周りに広がってマスコミと彼の信用を傷つけようとしている友人に広げ、そして彼は射殺されました。エリートたちは最終的に、明白な弾圧と搾取の日が過ぎたと決定しました。したがって、そのような搾取は、終わらせるのではなく、嘘、秘密、および宣伝の壁の後ろに「黒くなりました」。

直接的暴力行為の例として、誰かが携帯型マイクロ波ビーム兵器のようなデモ用兵器を開発し、無実のアメリカ市民の拷問に対して協力者または謝罪者と見なされた議員、政府当局者、ジャーナリストに対してそれを使用しようとしたと仮定します。 。他に何もなければ、これらの人々は、彼らが他のアメリカ人に対して直接または間接的に支持する一種のファシスト拷問の良い考えを得るでしょう。

これらの線に沿って考えると、秘密政府はすでにこれらの人々にそのような脅威を与えており、秘密政府の兵器はより高度であり、より巧妙に利用できることがわかります。スパイが知られている脅迫の有無にかかわらず、この非常に脅威は、これらの協力者をファシスト陣営に留めておくのに十分かもしれません。臆病者と便宜的で貪欲な無道徳なファシストの批判的な集団。真夜中の嫌悪感のある指向性エネルギー体験は、「目覚めの呼びかけ」として役立つ可能性があります。

直接暴力行為の1つの問題は、その行為をどこに、誰に対して向けるかです。マインドコントロール操作の調整または実施に関与する要塞化された基地またはコマンドアンドコントロールセンターは、たとえその場所がわかっていても、一般市民がそれに対抗できるものに対してはあまり脆弱ではありません。どんな攻撃もせいぜい象徴的なものであり、攻撃者の死に至る可能性が非常に高いでしょう。(再び、嫌がらせや拷問を受けてとにかく自殺に駆り立てられた人は、苦しんで一人で死ぬのではなく、拷問を受けたナチスを1人か2人連れて行くほうがよいと考えるかもしれません。)とにかく常に監視されている人は、とにかく驚きの要素はありません。

しかし、これらの問題以外にも、罪を犯した当事者を隠蔽し、被害者を混乱させ、誤った方向に導くための拷問者による積極的な取り組みがあります。彼らはおそらく、誰かを完全に無実の人、または、何らかの理由で怪我を見たいと思った人を攻撃するように仕掛けることは本当に面白いと思うでしょう。マインドコントロールの犠牲者が政府の建物に銃を持って行き、彼が拷問に何らかの形で加担していると判断した一部の人々を撃ったと仮定します。最初に、私たちは皆プレスがそれをどのように演じるかを知っています:孤独な統合失調症は狂って、誰かを撃ちました。マインドコントロールされているという彼の主張は、それを支持するものとして支持されます。

さて、標的とされた人々や組織は実際のマインドコントローラーであるかもしれません、あるいはその人はいわゆる欺瞞操作にだまされているかもしれません。被害者は直接関与していませんが、協力者、利益者、謝罪者の血がたくさんあり、要塞化されたバンカーに隠れている臆病な拷問者よりも簡単にアクセスできると仮定します。マインドコントロールの被害者がメッセージを送信するために拷問から叫んでいたとしましょう。対象となる組織や社会全体に実際のメッセージが表示されますか?彼らはそうするかもしれません、あるいは彼らは完全に別のメッセージを受け取るかもしれません。彼らは、その人はマインドコントローラーによって攻撃されたと言われ、誘導されたと考え、これにはマインドコントローラーによる暗黙の脅威として、そこにはより多くの満州人がいるので問題を引き起こさない方がよいと考えます。

プロパガンダの直接的な使用に加えて、社会のメンバーが「普通の人々」に対して要塞のメンタリティとバリケードを自分で開発する傾向が大きくなります。たとえば、既知の偽ジャーナリストのプロパガンディストと拷問を対象とした後、結果として生じるプロパガンダ嵐は、数人のきちんとしたジャーナリストでさえも高セキュリティの飛び地に追いやられ、しばらく続いている普通の人々からの彼らの分離をさらに加速するために使用されるかもしれません。

直接的に加害者を標的とする行為が正しく行われると仮定しても、直接的な暴力の使用は逆効果になる可能性があります。抗議と抵抗から気を散らすための標準的な宣伝テクニックは、同様の抵抗戦術に従事している人種差別主義者のような人気のないグループのインスタンスをハイライト(または作成)することです。通常のプロパガンダ戦争...

これらすべての理由などのために、暴力は最後の手段です。しかし、それが現実的な期間内に基本的な人権をおそらく確保する唯一の方法である場合、それは取らなければならない方法です。

まとめと結論
最初に、上記の抗議と抵抗の可能な方法をすべてリストします。上記の説明を読んだ後、段落のヘッダーだけをまとめて表示すると役立つ場合があります。
•FBIのような法執行機関に連絡する。
•法的措置。
•書簡、議員との直接の接触。
•直接的な政治活動。
•人権団体に訴える。
•報道機関にアピールします。
•教会、宗教団体、その他の同情的なグループにアピールする。
•一般の人々を教育する。
•マインドコントロールのテクノロジーとテクニックの研究。
•アート。
•正式なロビー活動。
•宣伝スタント。
•世界の意見や国際機関に訴える。
•ボイコットを求める。
•街頭抗議。
•デモ用兵器の構築。
•国を離れる。
•市民の不服従。
•税の反乱。
•経済の破壊。
•直接的な暴力行為。
私を信じて、私はこのエッセイが真実を知っている人々から、そして彼らのテレビが実際に彼らをだまして彼らに嘘をつくとは信じられない種類の人々から、このエッセイが引き起こすかもしれない種類の反応を知っています。それにもかかわらず、それは言われなければならず、行動がとられなければならない。現在の冒涜は、政府が非致命的な「大量保護の武器」を開発していることですが、実際には、これらは大量奴隷の武器であるということです。私達は私達の自由のために、または私達の奴隷の主人のために、いずれかを選択します。これは短期的なものではなく、すべての市民は彼らの残りの自由が危険にさらされていることを知っておく必要があります。誰も「私たちのためにそれをする」つもりはありませんが、私たち全員が私たちにできることをして他の人を参加させるなら、私たちは物事を一緒に変えることができます。100万回の小さな行動は大きな前向きな変化をもたらす可能性があります。作業中の100万のレンチが破損したマシンをシャットダウンする可能性があります。
誰もが独自の特別な才能、機会、状況を持っているため、正しい設定を始めるために自分ができる最善のことに集中できます。それは同盟を形成するのに役立ちますが、マインドコントロールの乱用に対するもののような本当の人権運動を破壊したり信用を失ったりすることを意図した同盟に注意してください。基本的な人権に対する私たちの要求を些細なことに結びつける余裕はありませんが、もちろん私は他の原因に取り組むために人々を捨てることはしません。これは長期的な問題であり、自由と正義を追求し続けることへのコミットメントが必要となるため、人々はできるだけ「自分の」通常の生活をできるだけ同時に生きる必要があります。しかし、ナチスドイツの高速道路美化プロジェクトに相当するものだけに焦点を当てることは、真の「正当な理由」ではありません。

基本的な人権のために働いている、またはそのような権利が私たちの全体の根底にある方法を認識する他のグループとのアライアンスの形成を試みる必要があります社会。人権の基盤なくして、市民で正当な社会を築くことはできません。善良な人々は多くのことに反対することができますが、基本的な人権はそれらの1つではありません。

拷問だ、ばかだ。アメリカの人々に行われているそのようなことは、文明国(または他の国)では容認できません。偽装アメリカ人の「人権」は、米国が自らの人権侵害を無視しつつ敵に対抗するための宣伝キャンペーンであり、他の人が無視することが好都合であると判断したものは、世界の実際の人権に対する最大の障害の1つです。