Electromagnetic Weapons

本記事は、魚拓(http://web.archive.org/web/20000818184924/http://www.morethanconquerors.simplenet.com/MCF/cnn-mc.htm)を復元したものです。

Electromagnetic Weapons
and Mind Control

from CNN's Special Assignment, about 1985


The very first part is missing from the tape.

Announcer

That's the technology that can beam radio frequencies to destroy missile and aircraft components, scramble radar screens, and even alter human mind functions. It all sounds like another chapter in Star Wars controversy ... then military affairs specialist Chuck DeCaro hopefully can bring this issue into focus with this report.

DeCaro

Imagine the implications of a weapon with no visible trace -- a weapon that could knock out tanks, ships, and planes as fast as the speed of light. The same technology, with modifications, could disorient and even tranquilize military personnel, rendering them virtually helpless in the battle zone. These are the new weapons of war we will examine in this series.

For the past 40 years, the world has been riveted by the threat of nuclear war, and more recently by the prospect of space defenses using lasers and other modern technologies. But while both sides of the Geneva Summit will be focusing on these matters, progress is being made in even newer weapons that could render any arms agreement relatively useless.

Lightning is the most dramatic form of energy to be found in nature. Scientists have succeeded in creating limited types of artificial lightning. And some think that these could be the forerunners of a new type of directed-energy weapon, part of a family of weapons that operate within the radio frequency segment of the electromagnetic spectrum, and are thus referred to as radio frequency weapons.

Dr. James Fraser has researched electromagnetic effects for the Air Force for over ten years and he, like a growing number of weapons experts, feels that radio frequency, or RF, weapons could be the wildcard in the ongoing arms race.

Fraser


You could have tremendous amounts of radiated power, andwhat you did with that power, then, is a matter ofengineering design, and what your goal is.

DeCaro

Robert Bass, a physicist and Ph.D. in mathematics, is working on U.S. weapons research. He says that the Soviets seem to be ahead in a number of areas, and especially in RF weapons.

Bass


We are behind the Soviet Union in directed energy weaponsbased on 60 gigahertz microwave beams.

DeCaro

Dr. Bass and others feel a most likely form of Soviet RF weaponry would be high-powered microwaves, similar to a focussed, ultra-high-intensity radar beam. It would literally cook humans, and knock out computers and electronic surveillance and communications gear.

An operational RF weapon, relatively cheap and reusable, could devastate sophisticated and expensive war machinery. The 20 million dollar F-16 fighter, for example, is totally controlled through electronic sensors and computers. With no manual flight controls, the plane would literally fall out of the sky after being hit with a high-intensity pulse of microwave radiation.

Scientists say that microwaves and other types of RF pulses, operating at specific frequencies or windows, can be transmitted with little or no loss of power. Machines known as gyrotrons can produce the massive pulses needed to drive these devices, and it's believed that the Soviet Union has a three-to-five-year lead in this technology.

Over the past year CNN has repeatedly asked the Department of Defense and the Air Force about radio frequency weapons. After much resistance, DOD finally said that the subject was too sensitive to discuss.

This is a Tesla coil. It was invented some 90 years ago, but now a growing number of experts in the United States feel that it may form the basis of a new generation of Soviet weapons. They are known as radio frequency, or RF, weapons because they operate in the radio frequency spectrum. Their existence is noted in this Department of Defense publication, which says the Soviets could use them to destroy components of missiles, to interfere with radar and other electronic systems, and even to alter human mind functions.

The concept of RF weaponry was predicted at the turn of the century by Nicola Tesla, an American who had emigrated from Yugoslavia. He is best remembered as the man who invented alternating-current electricity.

In 1899, Tesla built this giant coil which produced 10 million volts of artificial lightning. From it he theorized the possibility of death rays. This, and many of his other ideas about the physics of electricity, were ridiculed by the scientific establishment.

Golka


Pure science is not a sure thing -- you can't predictwhat's going to work out and what's not going to work out.

DeCaro

Robert Golka, a research scientist, built a replica of the Tesla coil about 80 years later. Golka was trying to produce a phenomenon known as "ball lightning." He also used the Tesla coil to conduct testing for the U.S. Air Force.

Golka


What I was doing was setting in maybe five-foot-longmodels of advanced fighter aircraft, and we would want to tryto find out which part of the airplane was more vulnerable tolightning strikes, whether it was a wing-tip or the canardwhere the pilot sat, the dome, the...

DeCaro

These experiments could also demonstrate the effect of the electromagnetic pulse of a nuclear blast and, Golka says, the effect of RF weapons as well. Golka thinks that Tesla's theory that electromagnetic power could be transmitted through the Earth and its atmosphere without wires is a key element in the Soviet Union's work on RF weapons.

Tesla's novel weapons theories were generally ignored in the United States. Nikola Tesla died in 1943, and after the Second World War all his papers and effects were shipped to his native Yugoslavia where they were enshrined in a museum. Some say that that museum proved to be a goldmine for Soviet weapons scientists.

Bearden


We haven't even formally, so far as I know, to ourselves,admitted that these weapons exist in the hands of the SovietUnion.

DeCaro

Weapons analyst Tom Bearden, a retired U.S. Army lieutenant-colonel, is among a small group of scientists and engineers who believe that the Soviets have perfected Tesla's ideas and are developing radio frequency weapons on a scale unimagined in this country.

Bearden


There have been a series of tests of these kinds ofweapons, apparently, for a number of years. For example,airliners from Iran, before the fall of the Shah, saw deepwithin the Soviet Union very large, glowing spherical ballsof light which started out small and then expanded to verylarge size, which are apparently these kinds of weapons foruse in an anti-ballistic missile defense role.

DeCaro

Bearden believes that these satellite photographs are of mysterious non-nuclear explosions near an uninhabited island in the East Siberian Sea, and that they are discharges from an RF weapon that uses intersecting energy beams called "scalars."

Bearden


In doing so you can create, for example, either anelectromagnetic explosion at a distance, or you can create anelectromagnetic implosion at a distance -- the extraction ofenergy from a distant point. This would look like a coldexplosion, so to speak, and I believe the thing on April the9th, 1984, off the coast of Japan that involved several 747jet airliners -- I believe that incident was a test of acold-explosion weapon -- at least, it met all thecharacteristics.

DeCaro

Pilot Doug Happ was in one of the five airline crews that saw an incredibly large cloud rising from the moonlit overcast below.

Happ


It looked like a plate coming up through an overcast, bitit just kept expanding, and as it got higher it was apparentthat you could see right through the middle of it, so itlooked like a big smoke ring.

At the time that we first noticed this cloud we weren'tsure what to do and we took no evasive action because wedidn't know which way to go, and I think eventually we eitherrammed through it or it completely engulfed us.

DeCaro

Happ says when his flight reached Anchorage, Alaska it was checked for radioactive contamination. None was found.

Dr. James Fraser has done extensive research in electromagnetic effects for the U.S. Air Force.

Fraser


It could be due to a strong electromagnetic beam, but wedon't know that.

They can also be caused by chance terminal gradients;we've had for several years studies of clear air turbulence,for instance, which have produced this kind of disruption.

The people who sighted those are experienced pilots andshould have been familiar with that kind of event, and thisapparently was something outside their experience.

DeCaro

There have been a number of times when Soviet technological surprise has upset the strategic balance. In 1948 the Soviets detonated an A-bomb years before it was thought possible. In 1957 the Soviets stunned the world by launching Sputnik One, the world's first artificial satellite. And in 1976 the Soviets were discovered to have been embarked upon a program to build particle beam weapons, a discovery which led, five years later, to America's Star Wars program.

In each case the United States was able to regain the balance. But this time, with radio frequency weapons, some scientists feel that the Soviet lead may be permanent.

Next, how RF devices could be used against the human brain.

Commercial break

DeCaro

Brainstorm was a science-fiction movie about a device which electronically injected thoughts into the human mind. In this scene, the mind-control machine projects images into the brain of the chief scientist through an electrode headset. The scientist then finds himself experiencing the thoughts of a wild truck ride.

But even in this futuristic Hollywood tale, the subject still had to be connected to the machine by an electrode headset.

Scientist


It's remarkable

DeCaro

But not as remarkable as a real-life experiment where I was the subject of a prototype device designed to project images into the mind without electrodes. The prototype machine, developed from Soviet scientific data, could, according to some scientists, have a profound effect as a weapon of war.

Electronic mind-control research is not new. A scientific milestone in this area came in the 1960s when Dr. Jose Delgado demonstrated remote control over a charging bull.

By connecting a radio antenna to electrodes inserted into the bull's brain, Delgado proved that the animal's aggressive impulses could be thwarted by electronically manipulating the bull's muscle reflexes.

Delgado


Do you realize the fantastic possibilities if from theoutside we could modify the inside; could we give messages tothe inside?

But the beauty is that now we are not using electrodes.

DeCaro

In recent years Delgado has shown that the behavior of monkeys can be altered using low-power pulsing magnetic fields. But in these experiments, there were no antenna implants.

Delgado


Any function in the brain -- emotions, intellect,personality -- could we perhaps modify by this non-invasivetechnology.

DeCaro

Delgado's research has so far been limited to animals.

But in the Soviet Union a radio frequency, or RF, device has been used for over 30 years to manipulate the moods of mental patients. It's called a Lida machine. It radiates pulses of radio frequency energy as well as light, sound, and heat. The pulse rate is in the extremely low-frequency range between 0 and 100 pulses per second.

Dr. Ross Adey is the top researcher at the Veterans Administration Hospital in Loma Linda, California. He has been investigating the effects of the Lida machine.

Unidentified


Now what do the Soviets use this machine for?

Adey


Well, they don't use it any more. We should be very clearthat this is a machine that is regarded by them as somewhatobsolete technologically.

DeCaro

This scientist, who did not want his identity revealed, is employed by the U.S. Government and has done secret RF weapons research. He believes that tests done with the Lida and similar machines prove that humans are susceptible to remote alterations of mood and awareness.

Actor as Scientist


Certain kinds of weak electromagnetic signals work exactlylike drugs, and so the promise is that anything you can dowith drugs you could do with the right electromagneticsignal.

Apparently, there are specific sites involved, specificfunctions involved. It's a matter of matching up, just likeit is with a pill or a drug, to cause an effect. You couldhave a cause and effect relationship between a magnetic fieldand a biological function.

DeCaro

CNN enlisted the help of noted physicist Dr. Elizabeth Rausher and electrical engineer Bill VanBise to build and test an RF mind-interference machine from data found in Soviet scientific literature.

The machine itself was inexpensive and easy to construct using parts from a consumer electronics store. It emits a weak magnetic field pulsed at extremely low frequency.

As the subject of the test I was blindfolded and my ears were blocked to prevent inadvertent clues as to what was happening. A magnetic probe was placed about 18 inches from my head.

As the experiment began, two signal generators produced waveform patterns that were transmitted by the magnetic probe at about one one-thousandth of the Earth's magnetic field strength.

VanBise -- watching a chart recorder


Describe anything that you see, if any.

DeCaro

In the control room VanBise varied the waveforms being generated.

In another room I could see waveforms changing shape in my mind.

DeCaro during experiment


A parabola just went by.

Rausher


A parabola just went by.

VanBise


Oh, yeah, I did. I just flipped the switch. Parabola?

Rausher


Uh-huh.

VanBise -- makes note on the chart


Alright. Well, let's see. Check this out. That's whathappened, I flipped the switch.

Rausher


Yeah!

DeCaro


OK. A spike right there!

Rausher


A spike there.

DeCaro


A tight spike.

VanBise


I dramatically changed the generator; I stepped it by tenright here, and the intermix from the two generators wasright where you said that you saw a spike.

DeCaro

VanBise said that when I failed to see any change it was he had not set the proper frequency and power levels.

Later, I asked VanBise what a weapon using this technology could do.

VanBise


Induce basically what would be considered hallucinationsin people; direct them to do things against their so-calledbetter judgement...

DeCaro


How easy would it be to assemble a weapon from existingoff-the-shelf parts?

VanBise


Three weeks, I could put together a weapon that would takecare of a whole town.

DeCaro

We showed the results of our test to Dr. Robert Becker, a two-time Nobel nominee for his work in the biological effects of electromagnetism.

Becker


This is a very significant experiment because it carriesour understanding of how vision is actually performed a stepfurther into the mystery.

DeCaro

He said he thought the machine caused a disturbance in the brain's interpretation of vision and as such could be used as a weapon.

Becker


That kind of a disturbance in the visual system couldmarkedly influence the operations of a fighter pilot, ahelicopter pilot, or even as simple an aberration in thevisual field as making everyone seeing double or everyonehaving their visual field jitter like a poorly-adjustedtelevision screen.

The effect of that upon the efficiency with which an armyand air force or a navy would operate would be catastrophic.

DeCaro

When we come back, more about RF weapons.

Commercial break

DeCaro

This is a Soviet Lida machine. It transmits low-energy radio pulses between 0 and 100 cycles per second. In the Soviet Union Lidas have been used for years to tranquilize psychiatric patients without physical contact.

This sound, which is received by short-wave radios in the United States, is generated by another Soviet radio frequency device. It is known as the Woodpecker because of its tapping noise. It is broadcast by a number of high-powered radio transmitters operating deep in the Soviet Union since July 4th, 1976.

Though the official Defense Department explanation of the Woodpecker is that it is an over-the-horizon radar designed to track U.S. missile launches, some scientists suspect that the Woodpecker is designed to interfere with human brain function.

Dr. Becker


As far as I'm concerned, the potential that this has forproducing a direct psychoactive effect upon the totalAmerican population is there, has never been disproven...

DeCaro

Dr. Robert Becker is a pioneer in the field of bioeffects of electromagnetism.

Dr. Becker


The signal range within which the Woodpecker operates isthat which has been reported by many investigators to producea tranquilizing effect on animals.

Dr. Beck


We are just incredibly sensitive to these magneticstimuli.

DeCaro

Dr. Bob Beck, a Ph.D. in nuclear engineering, has done extensive research into electromagnetic effects on humans.

Dr. Beck


The signal was permeating power grids in the UnitedStates, it was being picked up by power lines, re-radiated,it was coming into the homes on the light circuits...

Dr. Valanskaya


I was surprised after coming here that the influence ofelectromagnetic fields was almost completely ignored

DeCaro

Dr. Larissa Valanskaya was heavily involved in electromagnetic research before being allowed to emigrate to the United States. She told CNN about Soviet Research in electro magnetic effects.

Dr. Valanskaya


They demonstrated experimentally and also demonstratedexperimentally that low-frequency, low-energy electromagneticfields also can posses biological information -- biologicalefficiency because any field not only carries energy but alsocarries information.

DeCaro

She stated that the research was carried out on orders from the Soviet Government.

Dr. Valanskaya


Of course, the military were extremely interested in thispotential to promote influence...

DeCaro

Is the United States military working in the field of electronic mind-control?

Officially, the Department of Defense will not comment because the subject area is, quote: "Too sensitive."

But CNN has learned from this government scientist, who did not want to be identified, that a Navy laboratory conducted research into the use of an RF device for counter-terrorism and special operations.

Actor as the scientist


It's possible to entrain a certain percentage of apopulation, apparently, with weak magnetic fields.

DeCaro

The study also showed that RF signals could dissolve certain types of rat brain cells at a distance, causing disorientation and nausea.

According to the scientist, even though the program was successful, the government never followed up on it.

Dr. James Fraser did electromagnetic research for the U.S. Air Force for many years. At one time he proposed a battlefield RF weapons system.

Dr. Fraser


You could make an antenna that would be carryable by ahelicopter and that this could be expected to produce a widevariety of symptoms, actually, by humans who happened to bestanding in the beam.

DeCaro

According to Dr. Fraser, the Air Force never followed up.

At Lawrence Livermore Laboratory another RF weapons concept is nicknamed "The Brain Bomb." According to the book Star Warriors the Brain Bomb would focus a nuclear blast into a huge pulse of low-frequency RF energy that would stun huge numbers of troops. Apparently it, too, has not yet been funded.

The Department of Defense will not comment about Soviet RF weapons, or if American RF weapons development is going forward. However, experts interviewed by CNN say that the Soviets are apparently ahead and could exploit that lead in a surprise strategic move -- a move that could have grave consequences for the United States.

From Washington this is Chuck DeCaro, CNN Special Assignments.

Announcer

That's our program for this weekend. We would encourage you to send us any comments you might have or maybe you have a suggestion for a possible story we could look into. If so, write us in care of:


Special Assignment
2133 Wisconsin Ave. NW
Washington, DC 20007

Google翻訳版

電磁兵器
とマインドコントロール

1985年頃のCNNの特別任務より



最初の部分がテープから欠落しています。

アナウンサー

これは、無線周波数をビームしてミサイルや航空機のコンポーネントを破壊したり、レーダー画面をスクランブルしたり、さらには人間の心の機能を変更したりできるテクノロジーです。それはすべてスターウォーズの論争の別の章のように聞こえます...そして、軍事問題の専門家チャック・デカロがうまくいけば、この問題をこのレポートに焦点を当てることができます。

デカロ

目に見える痕跡のない武器の影響を想像してみてください-光の速度と同じくらい速く戦車、船、飛行機をノックアウトできる武器。同じテクノロジーに変更を加えると、軍人の混乱や混乱を招き、戦闘ゾーンで事実上無力になる可能性があります。これらは、このシリーズで検討する新しい戦争の武器です。

過去40年間、世界は核戦争の脅威にさらされており、最近ではレーザーやその他の近代的な技術を使用した宇宙防衛の見通しに取り憑かれています。しかし、ジュネーブサミットの両サイドがこれらの問題に焦点を当てる一方で、いかなる武器協定も比較的役に立たないものにする可能性のあるさらに新しい兵器が進歩しています。

稲妻は自然界で見られる最も劇的なエネルギーの形です。科学者たちは、限られたタイプの人工雷の作成に成功しています。そして、これらは、新しいタイプの指向性エネルギー兵器、電磁スペクトルの無線周波数セグメント内で動作する一連の兵器の一部であり、したがって無線周波数兵器と呼ばれるものの前身であると考える人もいます。

ジェームズフレイザー博士は10年以上にわたって空軍の電磁効果を研究しており、彼は、ますます多くの兵器の専門家と同様に、無線周波数(RF)兵器が進行中の軍拡競争におけるワイルドカードになり得ると感じています。

フレーザー


あなたは途方もない量の放射電力を持つ可能性があり、その電力で何をしたかは、エンジニアリング設計の問題であり、あなたの目標は何ですか。

デカロ

物理学者で博士号を取得しているロバートバス 数学では、米国の武器の研究に取り組んでいます。彼は、ソビエトが多くの分野で、そして特にRF兵器で先行しているように見えると言います。

ベース


私たちはソビエト連邦の背後にあり、60ギガヘルツのマイクロ波ビームに基づく指向性エネルギー兵器を使用しています。

デカロ

バス博士などは、ソビエトのRF兵器の最も可能性の高い形式は、集束された超高強度レーダービームに類似した高出力マイクロ波であろうと感じています。それは文字通り人間を料理し、コンピュータと電子監視および通信機器を破壊するでしょう。

比較的安価で再利用可能な運用可能なRF兵器は、高度で高価な戦争機械を破壊する可能性があります。たとえば、2000万ドルのF-16戦闘機は、電子センサーとコンピューターによって完全に制御されます。手動の飛行制御がないと、飛行機はマイクロ波放射の強力なパルスに当たった後、文字通り空から落ちます。

科学者は、特定の周波数またはウィンドウで動作するマイクロ波やその他のタイプのRFパルスは、電力をほとんどまたはまったく失うことなく送信できると言います。ジャイロトロンと呼ばれる機械は、これらのデバイスを駆動するために必要な大量のパルスを生成することができ、ソビエト連邦はこの技術で3〜5年のリードを持っていると考えられています。

昨年、CNNは国防総省と空軍に無線周波兵器について繰り返し尋ねてきました。多くの抵抗の後、国防総省はついに、対象は敏感すぎて議論することができないと言った。

これはテスラコイルです。それは約90年前に発明されましたが、今では米国の専門家の増加する数がそれが新世代のソビエト兵器の基礎を形成するかもしれないと感じています。それらは無線周波数スペクトルで動作するため、無線周波数(RF)兵器として知られています。彼らの存在はこの国防総省の出版物に記載されており、ソビエトはそれらを使用してミサイルの構成要素を破壊し、レーダーや他の電子システムに干渉し、さらには人間の心の機能を変えることさえできると述べています。

RF兵器の概念は、世紀の変わり目に、ユーゴスラビアから移住したアメリカ人ニコラテスラによって予測されました。彼は交流電気を発明した人として最もよく覚えています。

1899年にテスラは1000万ボルトの人工雷を発生させるこの巨大なコイルを作りました。それから彼は死光線の可能性を理論化しました。これ、および電気の物理学に関する彼の他の多くの考えは、科学的確立によって嘲笑されました。

ゴルカ


純粋な科学は確かなものではありません。何がうまくいくのか、何がうまくいかないのかを予測することはできません。

デカロ

研究科学者のロバートゴルカは、約80年後にテスラコイルのレプリカを作成しました。ゴルカは「ボールライトニング」として知られる現象を生み出そうとしていました。また、テスラコイルを使用して米空軍のテストを実施しました。

ゴルカ


私がやっていたことは、多分5フィートの高度な戦闘機のモデルに設定していたことであり、翼の先端であろうとカナードであろうと、飛行機のどの部分が落雷に対してより脆弱かを調べたいと思います。パイロットが座った場所、ドーム、...

デカロ

これらの実験は、核爆弾の電磁パルスの影響と、RF兵器の影響も実証できるとゴルカは言います。ゴルカは、テスラの電磁力がワイヤーなしで地球とその大気を介して送信できるという理論は、ソビエト連邦のRF兵器に関する研究の重要な要素であると考えています。

テスラの斬新な兵器理論は、米国では一般的に無視されていました。ニコラテスラは1943年に亡くなり、第二次世界大戦後、彼のすべての論文と効果は彼の母国のユーゴスラビアに送られ、そこで博物館に安置されました。その博物館はソビエト兵器科学者にとって金鉱であることが判明したと言う人もいます。

ベアデン


私たち自身が知る限り、これらの兵器がソビエト連邦の手中に存在することを認めたことはありません。

デカロ

兵士のアナリスト、トムベアデンは引退した米陸軍大佐であり、ソビエトがテスラのアイデアを完成させ、この国では想像もできない規模で無線周波兵器を開発していると信じている科学者とエンジニアの小さなグループの1人です。

ベアデン


これらの種類の武器の一連のテストが、明らかに何年もの間行われてきました。たとえば、イランの旅客機は、シャーが陥落する前に、ソビエト連邦の奥深くで非常に大きく、球形の光球が小さく見え、その後非常に大きなサイズに拡大しました。これらの武器は明らかに、対弾道ミサイル防衛の役割。

デカロ

ベアデン氏は、これらの衛星写真は東シベリア海の無人島の近くでの非核の神秘的な爆発のものであり、「スカラー」と呼ばれる交差するエネルギービームを使用するRF兵器からの放出であると考えています。

ベアデン


そうすることで、たとえば、ある距離での電磁爆発を作成したり、ある距離での電磁爆縮を作成したりすることができます-遠方の点からのエネルギーの抽出。これは、いわば冷たい爆発のように見えます。1984年4月9日、日本の沿岸沖で、747機のジェット旅客機がいくつか関与したと思います-事件は冷たい爆発兵器の実験だったと思います-少なくとも、すべての特性を満たしていました。

デカロ

パイロットのダグハップは、下にある月明かりに照らされた曇りから信じられないほど大きな雲が昇る5人の航空会社の乗務員の1人でした。

ハップ


どんよりとした曇りの中でプレートが上がってきているように見えたが、少しずつ拡大し続け、高くなるにつれて、真ん中が透けて見えるので、大きな煙のリングのように見えた。

このクラウドに最初に気付いたとき、私たちは何をすべきかわからなかったし、どちらに行くべきかわからなかったので回避行動をとりませんでした。結局、それを突き抜けるか、完全に飲み込んだと思います。

デカロ

ハップは、彼の飛行がアラスカのアンカレッジに到着したとき、放射能汚染がないかチェックされたと言います。何も見つかりませんでした。

ジェームズフレイザー博士は、米空軍の電磁効果に関する広範な研究を行ってきました。

フレーザー


強い電磁ビームが原因である可能性がありますが、それはわかりません。

また、偶然の終端勾配によって引き起こされることもあります。たとえば、この種の混乱を引き起こしている晴天乱気流の研究は数年前からありました。

それらを目撃した人々は経験豊富なパイロットであり、その種のイベントに精通している必要があり、これは明らかに彼らの経験の外のものでした。

デカロ

ソビエトの技術的驚きが戦略的バランスを混乱させたことが何度もありました。1948年に、ソビエトはそれが可能であると考えられた何年も前に原爆を爆発させた。1957年、ソビエトは世界初の人工衛星であるスプートニクワンを打ち上げ、世界を驚かせました。そして1976年にソビエトは粒子線兵器を製造するプログラムに乗り出したことが発見され、その発見は5年後にアメリカのスターウォーズプログラムに至りました。

いずれの場合も、米国はバランスを取り戻すことができました。しかし今回は、無線周波数兵器を使用して、ソビエトの先導が永続的であるかもしれないと感じる科学者もいます。

次に、RFデバイスを人間の脳に対して使用する方法について説明します。

コマーシャルの時間

デカロ

ブレインストームは、思考を電子的に人間の心に注入するデバイスに関するSF映画でした。このシーンでは、マインドコントロールマシンが電極ヘッドセットを通じて主任科学者の脳に画像を投影します。その後、科学者は自分が野生のトラックに乗るという考えを経験していることに気付きます。

しかし、この未来的なハリウッドの物語でさえ、被験者は依然として電極ヘッドセットによって機械に接続されなければなりませんでした。

科学者


それは驚くべきです

デカロ

しかし、私が電極なしで心に画像を投影するように設計されたプロトタイプのデバイスの対象であった実際の実験ほど注目に値しません。一部の科学者によると、ソビエトの科学データから開発されたプロトタイプのマシンは、戦争の武器として大きな影響を与える可能性があります。

電子マインドコントロール研究は新しいものではありません。この分野での科学的マイルストーンは、1960年代にホセデルガード博士が充電中の雄牛を遠隔操作することを示したときに生まれました。

デルガドは、無線アンテナを雄牛の脳に挿入された電極に接続することにより、雄牛の筋肉反射を電子的に操作することにより、動物の攻撃的な衝動を阻止できることを証明しました。

デルガード


外部から内部を変更できるとしたら、素晴らしい可能性を実感できますか。内部にメッセージを送ることができますか?

しかし、美しさは、現在、電極を使用していないことです。

デカロ

近年、デルガドは、低電力のパルス磁場を使用してサルの行動を変化させることができることを示しています。しかし、これらの実験では、アンテナインプラントはありませんでした。

デルガード


脳のあらゆる機能-感情、知性、性格-は、おそらくこの非侵襲的なテクノロジーによって修正できるでしょう。

デカロ

Delgadoの研究はこれまで動物に限定されてきました。

しかし、ソビエト連邦では、無線周波数(RF)デバイスが30年以上にわたって精神病患者の気分を操作するために使用されてきました。それはリダマシンと呼ばれています。無線周波数エネルギーのパルスだけでなく、光、音、熱も放射します。パルスレートは、毎秒0から100パルスの非常に低い周波数範囲です。

ロスアデイ博士は、カリフォルニア州ロマリンダにある退役軍人病院のトップリサーチャーです。彼はLidaマシンの影響を調査しています。

正体不明


ソビエトは何のためにこの機械を使うのでしょうか?

アディ


まあ、彼らはもうそれを使いません。これは、技術的にやや時代遅れであるとみなされているマシンであることは明らかです。

デカロ

この科学者は、身元を明かしたくなかったため、米国政府に雇用されており、秘密のRF兵器の研究を行っています。彼はリダと同様の機械で行われたテストが人間が気分と意識の遠隔変化に影響を受けやすいことを証明すると信じています。

科学者としての俳優


特定の種類の弱い電磁信号は薬物とまったく同じように機能するため、正しい電磁信号を使用して薬物でできることは何でもできることが約束されています。

明らかに、特定のサイトが関与し、特定の機能が関与しています。薬や薬と同じように、効果を引き起こすのは、マッチングの問題です。磁場と生物学的機能の間には因果関係があります。

デカロ

CNNは、ソビエトの科学文献にあるデータからRF精神干渉マシンを構築してテストするために、著名な物理学者エリザベスラウシャー博士と電気技師のビルヴァンバイスの協力を得ました。

機械自体は安価で、家電店の部品を使用して簡単に構築できました。非常に低い周波数でパルスされた弱い磁場を放出します。

テストの対象として、私は目隠しをされ、何が起こっているのかについての不注意な手がかりを防ぐために耳がふさがれました。磁気プローブは私の頭から約18インチに置かれました。

実験が始まると、2つの信号発生器が、地球の磁場強度の約1000分の1で磁気プローブによって送信される波形パターンを生成しました。

VanBise-チャートレコーダーを見る


表示されたものがあれば説明してください。

デカロ

制御室で、VanBiseは生成される波形を変化させました。

別の部屋では、心の中で波形が形を変えるのを見ることができました。

実験中のデカロ


放物線が通り過ぎました。

ラウシャー


放物線が通り過ぎました。

VanBise


ああ、そうでした。スイッチを入れただけです。放物線?

ラウシャー


うん。

VanBise-チャートに記録します


よし。さて、見てみましょう。これをチェックしてください。それが起こったのです、私はスイッチを入れました。

ラウシャー


うん!

デカロ


OK。すぐそこにスパイク!

ラウシャー


そこにスパイク。

デカロ


タイトなスパイク。

VanBise


ジェネレーターを大幅に変更しました。私はここで10ずつステップを踏みました。2つのジェネレーターからのミックスは、スパイクを見たと言ったとおりでした。

デカロ

VanBise氏は、私が変更を確認できなかったのは、適切な周波数と電力レベルを設定していなかったと語っています。

後に、私はVanBiseにこのテクノロジーを使用した武器が何ができるのか尋ねました。

VanBise


基本的に人々の幻覚と考えられるものを誘発します。いわゆるより良い判断に反するように指示する...

デカロ


既存の既成の部品から武器を組み立てるのはどれほど簡単でしょうか?

VanBise


3週間で、町全体を守る武器を作ることができました。

デカロ

私たちは、電磁気学の生物学的影響に関する研究で2回のノーベル賞受賞者であるロバートベッカー博士にテストの結果を示しました。

ベッカー


これは非常に重要な実験です。というのも、ビジョンが実際にミステリーのさらに一歩進んだ方法についての理解が含まれているからです。

デカロ

彼は、機械が脳の視覚の解釈に混乱を引き起こし、それ自体が武器として使用される可能性があると考えたと彼は言った。

ベッカー


そのような視覚システムの乱れは、戦闘機パイロット、ヘリコプターパイロットの運用に著しく影響を与える可能性があります。あるいは、誰もが二重に見たり、誰もが視野の揺れを調整不良のように見たりするような、単純な視野の異常さえあります。テレビ画面。

陸軍と空軍または海軍が機能する効率に対するその影響は破滅的であろう。

デカロ

戻ってきたときは、RF兵器について詳しく説明します。

コマーシャルの時間

デカロ

これはソビエトリダマシンです。1秒あたり0〜100サイクルの低エネルギー無線パルスを送信します。ソビエト連邦では、リダスは何年にもわたって身体的接触なしに精神科の患者を静めるために使用されてきました。

米国の短波ラジオで受信されるこの音は、別のソビエト無線周波数デバイスによって生成されます。タッピングノイズのため、キツツキとして知られています。1976年7月4日以降、ソビエト連邦の深部で運用されている多数の強力な無線送信機によって放送されています。

ウッドペッカーに関する国防総省の公式説明は、アメリカのミサイル発射を追跡するために設計された地平線上のレーダーであるとしていますが、一部の科学者はウッドペッカーが人間の脳機能を妨害するように設計されていると疑っています。

ベッカー博士


私に関する限り、これが全アメリカ人の人口に直接精神活性効果をもたらす可能性があることは証明されていません...

デカロ

ロバートベッカー博士は、電磁気学の生体影響の分野におけるパイオニアです。

ベッカー博士


Woodpeckerが動作する信号範囲は、動物に鎮静効果をもたらすことが多くの研究者によって報告されています。

ベック博士


私たちはこれらの磁気刺激に非常に敏感です。

デカロ

ボブベック博士、博士 核工学の分野では、人間に対する電磁効果について広範な研究を行ってきました。

ベック博士


信号は米国の送電網に浸透し、送電線に拾われ、再放射され、光回路の家に流れ込んでいました...

バランスカヤ博士


ここに来て驚いたのは、電磁界の影響がほぼ完全に無視されていること

デカロ

ラリッサヴァランスカヤ博士は、米国への移住を許可される前に電磁気の研究に深く関わっていました。彼女は電磁効果におけるソビエト研究についてCNNに話しました。

バランスカヤ博士


彼らは実験的に実証し、また、低周波、低エネルギーの電磁界も生物学的情報を持っている可能性があることを実験的に実証しました-どのフィールドもエネルギーだけでなく情報も運ぶため、生物学的効率。

デカロ

彼女は研究がソビエト政府からの命令で行われたと述べました。

バランスカヤ博士


もちろん、軍は影響力を促進するこの可能性に非常に興味を持っていました...

デカロ

米軍は電子マインドコントロールの分野で働いていますか?

正式には、国防総省は件名を引用しているため、コメントしません。

しかし、CNNは、特定されることを望まなかったこの政府の科学者から、海軍の研究所がテロ対策と特殊作戦のためのRFデバイスの使用に関する研究を実施したことを学びました。

科学者としての俳優


明らかに弱い磁場で、人口の特定の割合を同調させることが可能です。

デカロ

この研究では、RF信号が特定の種類のラットの脳細胞を遠くから溶解し、見当識障害と吐き気を引き起こす可能性があることも示しています。

科学者によると、プログラムが成功したとしても、政府はそれをフォローアップしたことはありません。

James Fraser博士は、長年にわたって米空軍の電磁研究を行っていました。かつて彼は戦場のRF兵器システムを提案しました。

フレーザー博士


ヘリコプターで運ぶことができるアンテナを作ることができ、これは実際にはたまたまビームの中に立っている人間によって、多種多様な症状を引き起こすことが予想される可能性があります。

デカロ

フレーザー博士によれば、空軍は決して追跡していません。

ローレンスリバモアラボラトリーでは、別のRF兵器のコンセプトは「脳爆弾」と呼ばれています。『スター・ウォリアーズ』の本によると、脳爆弾は核爆風を低周波RFエネルギーの巨大なパルスに集中させ、膨大な数の軍隊を気絶させます。どうやら、それもまだ資金が供給されていません。

国防総省は、ソビエトのRF兵器について、またはアメリカのRF兵器の開発が進んでいるかどうかについてはコメントしません。しかし、CNNがインタビューした専門家は、ソビエトは明らかに先を行っており、それを利用して意外な戦略的動きにつながる可能性があると述べています。この動きは、米国に重大な結果をもたらす可能性があります。

ワシントンからは、チャック・デカロ、CNNスペシャル・アサインメントです。

アナウンサー

それが今週末のプログラムです。私たちは、あなたが持っているかもしれないコメントや、私たちが調査できる可能性のあるストーリーについての提案があれば、私たちに送ることをお勧めします。もしそうなら、私たちの世話をしてください:


特別割り当て
2133ウィスコンシンアベニューNW
ワシントンDC 20007


(memo)

MindNet is no longer active.
http://web.archive.org/web/20000612223938/http://morethanconquerors.simplenet.com/MCF/mn165.htm