日本列島の特定の空間のみ、スマート刑務所にしている

私は自宅から半径数Kmのエリアに閉じ込められており、その範囲を出ようとすると肉体の遠隔操作で、引き戻されます。職場もこのエリアにあり、職場の3Fの窓からは巨大な電波タワーが見えます。

FEMA計画は、日常に組み込まれてしまいました。電磁波兵器網を利用すると、特定の空間のみ、スマート刑務所に変えることが出来ます。望む数のターゲットを特定のエリアに閉じ込め、遠隔から指向性エネルギー兵器で拷問しながら、精神工学兵器で自動洗脳できます。すでに、日本中のエリアに私の町と同じ空間が出来ていると予測できます。

街そのものが巨大なスマート刑務所になってしまい、買い物さえ、特定系列のお店で強要させられています。給料も肉体の遠隔操作で、強制出費させられているため、実質的に、刑務所の低賃金奴隷労働と変わらない状態に置かれています。

1.特定のエリアに閉じ込められており、エリアの外に出ようとすると肉体の遠隔操作で戻される
2.肉体の遠隔操作で、特定の店舗で強制出費させられ欲しいものが手に入らない
3.給料が入ると、すぐに全額不要な出費を強要させられるため、実質的に刑務所の奴隷労働と変わらない
4.働いている意味がないため、退職しようとしても肉体の遠隔操作で妨害され、強制出勤させられる
5.指向性エネルギー兵器で、24時間365日遠隔自動拷問されている
6.精神工学兵器の洗脳が、ブレインジャックのレベルに達し、自らの自由意志さえ奪われ始めている
7.軍の特定の機関が、生殺与奪権を握り、たびたび心臓を攻撃したり自殺強要をほのめかしている
8.遠隔レイプを始めとした、非人道的な虐待行為が繰り返されている
9.外部に助けを求めようとしても、妨害される
10.孤立化させられた上で、人生のすべてをコントロールしようとして来る

これは今の私に実際に起きている事です。
私は、反原発サイトにオリンピックを批判するコメントを書いただけですよ。ここまでするのは異常とは思いませんかね。これが現在、2020年の日本です。同じ勢力が、スマートシティ法案を通し、ムーンショット計画を予定しているわけです。ちなみに、私の町には私以外にも遠隔コントロールされている人体実験台が、複数人います。

この様なことが日本中で、大規模で行われながらも、情報機関による隠ぺい工作により、日本人はこの事実を知りません。ここに書いている事は、現在進行形で行われている現実であり、この流れはこれから拡大していくでしょう。

正義の組織が存在すれば、助けてほしいものですが、残念ながらそんなものが日本に存在しないと分かりました。自ら行動をするしかありません。日本人というのは、安全な場所にいる限り親切ですが、自らに危険が及ぶ可能性があると、途端に逃げ出します。危険を顧みずに、テクノロジー犯罪被害者を支援する人たちは、今後果たして現れるのでしょうか。

私が知らないだけで、日本のどこかにまだまともな人たちがいるかもしれません。定期的に現状を伝え、情報を発信していきます。ちなみに、チップが埋め込まれ監視されるというのはデマであり、現実は、皆さんの生体情報をパソコンに登録するだけで、遠隔からレーダーで自動追尾できます。ナノチップを入れるか、スマホを所有させればより精度が高い監視が出来ます。

私はわかりました。
スマホには電話番号がありますよね、マイナンバーは皆さんの人体の電話番号の役目を今後果たすでしょう。いつでも皆さんの脳や神経系に、電波を送り、遠隔からプログラムできるようにするつもりの様です。スマホに電話をかける手軽さで、一斉に日本中の下層市民の脳と人体をコントロールし奴隷化する予定の様です。

※マスコミ関係者や、人権団体の質問にはいつでもお答えします。私と一緒に、私の街を歩いてもらいたいものです。丁寧に説明します。