政府機関が、電磁波兵器で市民を大量虐殺している現実

みるくさんや大沼安史さんをはじめ、事故や病気に見せかけて暗殺されている被害者や、被害者家族が後を絶ちません。私の周りや、知り合いの被害者の周りで事故や病気、自殺に見せかけて暗殺されている人数は膨大な数に及びます。これは、もはや市民に対する大量虐殺行為といっていいでしょう。

電磁波兵器は、静かなる戦争のための沈黙の兵器であり、大衆はこの兵器を理解することができず、兵器に攻撃され征服されていることが信じられないのです。日本の年間自殺者3万人の内、数割は電磁波兵器を利用した暗殺だと考えられます。

静かなる戦争のための沈黙の兵器 とは 
https://ameblo.jp/syuusuto-memo/entry-12433229846.html

身の回りで、病気になったり、事故になったり、暗殺される人が増え続けている現実。もはや、私の周りでは電磁波兵器を利用した無差別市民テロ行為が横行しています。政府機関(ディープステート側の軍の公安部)が、電磁波兵器で市民を大量虐殺している現実を知っておいてください。

全ての人工電磁波は、人体に有害

電磁波の基本を学習し、送電線や家電からも電磁波が漏れていることが分かりました。(50Hz/60Hz)
日本国内には、交流電源の周波数について、東日本の50hzと西日本の60Hzの相違がありますが、これも日本分断に関係していると考えられます。50Hz/60Hzは脳波と同じELF帯であり、人間の意識に影響を与えます。医者は否定していますが、これらの人工電磁波には発がん性作用があります。

職場に行くと、みんなカップラーメンを食べたり、電子レンジを利用していますが、電磁波網に囲まれて、添加物やアルミが含まれる発がん性が高い加工食品ばかりを取り込めば、癌になるのは当たり前です。日本人は意図的に、癌にされ医療費を通じ、資産を回収された後に、病院で暗殺されているのです。抗がん剤にはマスタードガスが入っています。

実は、テクノロジー犯罪に関与している勢力は、精神医療利権や、癌利権とも密接に関係しており、まさに日本は狩場になっており、やりたい放題されているのです。現在進行形で、電磁波兵器を利用した日本人狩りが行われていることを皆さんにお伝えします。信じるかどうかは読者の判断に委ねますが、今起きている現実であり、私もいずれ電磁波兵器で病気や事故に見せかけて暗殺されるでしょう。本当に、膨大な数の人間が、この手法で暗殺されるのを私は目にしてきました。

※ニュースに起きているあまりにもタイミングが良い、事件や事故の一部も、電磁波兵器が利用されていると私は考えています。