テクノロジー犯罪被害者関係者へ

被害者家族に出来ること

テクノロジー犯罪被害者のご家族は、最初に覚悟を決める必要があります。この国家犯罪は、超長期的な人体実験要素があり、一生被害は消えないという覚悟をご家族も持つ必要があります。また、犯罪の性質から被害者だけではなく、家族、親戚、友人、職場の関係者も監視対象になり、非開示型の監視と、認識できない程度の極軽度のテクノロジー犯罪が向けられます。

私が被害者のご家族にお願いしたいことは、3点だけです。

1.被害者の味方でいること
2.テクノロジー犯罪を防御するためのシールドルームの作成を許可する
3.家族に暴力を振るうなどの例外行為がない限り、絶対に精神病院に入れない

上記の3つだけは、絶対に必要です。特に、シールドルームの作成は命に係わる問題なので、許可してあげてください。この様な被害にあい、被害者が何かをしたのかと思うご家族も多いと予測できますが、この犯罪の被害にあう理由は非常に多岐に渡り、政治活動や内部告発者などの他、ネットの書き込みや権力者のたばこのポイ捨てを注意しただけで被害が始まった方もいます。中には何の理由もなく、人体実験のために選ばれた被害者もいるため、誰でもこの犯罪の被害者になりうることを理解してください。

仕事に関しては、テクノロジー犯罪は難病と同じほど酷い苦痛を伴うモノなので、それを理解した上で本人と話して決めて下さい。被害が弱ければ働けますが、被害が強ければ物理的に働くのは不可能です。

テクノロジー犯罪被害者を強制的に働かせるのは、障害治ることがない難病患者を強制的に働かせるのと同じなので、その症状のレベルにあった仕事にしなければ、物理的に仕事の継続は不可能です。最終的には、本人の意思を尊重してあげて下さい。

あとは、これまで通り接してください。

被害者ご家族に対して、精神工学兵器が利用されるケースがあります

テクノロジー犯罪には、開示型と非開示型があります。大抵、被害者のご家族には非開示型の分かりにくい攻撃が行われます。特に行われるのが、精神工学兵器による遠隔洗脳の内、サブミナル洗脳です。例えば、急に被害者を『精神病院に入れなければいけない』とという思いが強く生まれ、気が付くと統合失調症の書籍コーナーに誘導されたりします。そんなばかな、と思われるかもしれませんがよくある現象です。

被害者と被害者家族に対しては、感情操作が利用されることを知っておいてください。急に本来の自分ではない感情を強要された場合は、もしかして感情を操作されているかもしれないと思ってください。また、警察や行政から被害者を精神病院へ入院させるように依頼があっても、断って被害者の味方でいてあげて下さい。


※多少内容に問題があるため、のちほど新たな記事を書きます。
原稿の方は、以下の資料を使いながら、頭が回る日に書きます。

会社の同僚の集団ストーカー被害者の接し方
https://syuusutomemo.fc2.net/blog-entry-389.html

一般の方々へ 知っておいてもらいたいこと
https://syuusutomemo.fc2.net/blog-entry-16.html

身近な人が、集団ストーカー被害者になったら読む記事
https://ameblo.jp/syuusuto-memo/entry-12603316025.html

被害者のご家族に向けて伝えたいこと
https://ameblo.jp/syuusuto-memo/entry-12431662537.html