『ライフログ』(LifeLog)プログラムの次世代版

国防総省とマイクロソフトの「代理脳計画」
https://kaleido11.blog.fc2.com/blog-entry-118.html

「全情報認知システム」(TIAシステム)は米国民から猛反対にあったため、ぺンタゴンは、「全情報認知システム」(TIAシステム)をさらに発展させた『ライフログ』(LifeLog)プログラムをスタートしました。

(略)

個人のあらゆる行動が1つの巨大なデータベースに放り込まれることになる。送受信した電子メールから撮影した写真、閲覧したウェブページ、通話、視 聴したテレビ番組、読んだ雑誌に至るまで、とにかくすべての行動が含まれる。

そうした情報は、さまざまなソース――個人の行き先を突き止めるGPS送信機、目にしたものや会話を記録する視聴覚センサー、健康状態を監視する バイオメディカル・モニター――からかき集めた情報と結び付けられる。

提唱する国防総省の国防高等研究計画庁(DARPA)が示したプログラムの概要によると、このように統合された大量の個人情報は、「個人の生活に おける『脈絡』を追跡する」ために使用されるという。

これにより、どのようにして関係や出来事が発展していくのかを正確に知ることができるのだ。

たとえば、誰かが「検索エンジンのインターフェースを用いて(このデータベースにアクセスすれば)、過去の他人との関わり合いにおける特定の脈絡 を引き出したり、数秒前の経験、あるいは何年も昔の経験を呼び出したり」できるようになるかもしれない。

(引用終わり)

陸海空、宇宙軍の情報部に加え、NSA,CIA,DARPA,FEMA,FBIが米国のテクノロジー犯罪に関与しています。それはそのまま、『ライフログ』(LifeLog)プログラムに関与している組織とも一致するでしょう。

テクノロジー犯罪の主犯は、ペンタゴンと防衛省です。ロックフェラー~ビルゲイツ財団系列も、確実に関与しています。テクノロジー犯罪は、この『ライフログ』(LifeLog)プログラムを理解するとよりわかりやすくなります。私の予想では、地球上のすべての人間の脳と生体のコピーを仮想空間上に作り、アバター化し、それを現実の人間と結びつける予定ではないかと危惧しています。


ビッグデータ・ジャングルの向こう側に見える人口削減
https://kaleido11.blog.fc2.com/blog-entry-2178.html


全ての日本人と被害者は、テクノロジー犯罪の本質を履き違えていた

テクノロジー犯罪はやはり、人工知能世界政府設立のための大規模な事前人体実験であるというのが私の結論です。米国で17万人以上、日本でも数万人の被害者がいます。これレベルの人体実験をする理由は、脳と生体情報のビックデータ収集にあるでしょう。また、各国の各地域にいる民族の行動分析の側面もあり、どの様な民族でも遠隔コントロールできるシステムの開発が目的と考えられます。同時に、あらゆる職業の人間が被害にあっているため、どの様な職業でも人工知能で代用出来るシステムの開発も並行して行われているのでしょう。

あらゆる個人情報を記録する米国防総省の新プロジェクト
https://wired.jp/2003/05/21/%e3%81%82%e3%82%89%e3%82%86%e3%82%8b%e5%80%8b%e4%ba%ba%e6%83%85%e5%a0%b1%e3%82%92%e8%a8%98%e9%8c%b2%e3%81%99%e3%82%8b%e7%b1%b3%e5%9b%bd%e9%98%b2%e7%b7%8f%e7%9c%81%e3%81%ae%e6%96%b0%e3%83%97%e3%83%ad/

米国防総省、問題の『ライフログ』プロジェクトをひそかに打ち切り
https://wired.jp/2004/02/06/%e7%b1%b3%e5%9b%bd%e9%98%b2%e7%b7%8f%e7%9c%81%e3%80%81%e5%95%8f%e9%a1%8c%e3%81%ae%e3%80%8e%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%95%e3%83%ad%e3%82%b0%e3%80%8f%e3%83%97%e3%83%ad%e3%82%b8%e3%82%a7%e3%82%af%e3%83%88/

こういったプロジェクトは、市民や議会の反対になると、打ち切りというポーズだけして新たなプロジェクトを極秘に進めるのが基本です。現在は、ライフログプロジェクトの進化版が、現在進行形で進められていると予測できます。

※私は、テクノロジー犯罪には『ライフログ』(LifeLog)プログラムの次世代版が使われていると考えています。

ナノエシックス、心と機械の相互作用について…
https://syuusutomemo.fc2.net/blog-entry-587.html

イーロン・マスク氏が脳インターフェイスNeuralinkの技術をライブ披露、脳モニタリング装置を移植した豚を使って
https://jp.techcrunch.com/2020/08/29/2020-08-28-elon-musk-demonstrates-neuralinks-tech-live-using-pigs-with-surgically-implanted-brain-monitoring-devices/

8月29日が世界TI-dayです。その前日にこのライブは、意図的なものを感じます。イーロン・マスクもビル・ゲイツと同じく、ビルダーバーグ会議に関係しているメンバーです。オランダ王室、東インド会社筆頭キャボット家、ロックフェラー家、ビルゲイツシニア、全て繋がっています。帝国的な植民地拡大、永続植民地化システムの側面があります。

日本はすでにローマ帝国と大英帝国の植民地であり、電磁波兵器網ですでに覆われており、人々の生体情報は極秘の電磁波兵器網を通しすでに収集され、人工知能で学習されています。すでに、日本の中にいる主要民族の取扱説明書と攻略法を、ローマ帝国と大英帝国は入手している事でしょう。これ以上このシステムが続くと、永久に植民地化にされます。そろそろ、皆さん目を覚ましましょう。