遠隔生体監視

テクノロジー犯罪には、遠隔生体監視が含まれる

今回取り上げる遠隔生体監視には、主に以下の が含まれます。

1.遠隔的神経監視(脳と神経系)、五感情報もここに含まれる
2.呼吸、心拍、体温、気の流れ、など、意識で制御できない人体の基本データ
3.人体の内部構造、筋肉の動き、血流の流れ、など
4.音声
5.体の動き(座標)、顔の表情、など

あらゆる周波数の電磁波(放射線含む)、磁気、音波、その他を使い、遠隔からターゲットの生体情報を取得し、人工知能による自動分析が行われています。それにより、ターゲットの思想や行動を予測でき、ターゲットの健康状態も常に把握されていると予測できます。

外出時には、監視カメラによる分析も併用し使われます。ただし、遠隔から電波でいつでも対象を撮影し、専用ソフトでリアルな3次元映像に復元できるため、監視カメラの有無はもはや関係のない時代に入っています。

1.遠隔的神経監視(RNM=リモート・ニューラル・モニタリング)

脳と神経の働きを測定する方法には、様々なものがあります。

A. 脳磁図 (Magnetoencephalography,、略称:MEG)
B. 経頭蓋的磁気刺激法 (Transcranial Magnetic Stimulation、略称:TMS)
C. ポジトロン断層撮影法 (Positron Emission Tomography、略称:PET)
D. 核磁気共鳴画像法(magnetic resonance imaging、略称:MRI)、fMRI (functional magnetic resonance imaging)
E. 近赤外線分光法
F.コンピュータ断層撮影(computed tomography、略称:CT)
G.単一光子放射断層撮影(Single photon emission computed tomography、略称:SPECT)
H.拡散テンソル画像(diffusion tensor image, 略称:DTI)
I.拡散強調画像(diffusion (weighted) image, 略称:DWI)
J.定量的脳波検査(Quntitative Encephalography、略称:qEEG) 
K.経頭蓋磁気刺激法(Transcranial magnetic stimulation、略称:TMS)
L.神経心理学的研究
M.ブレインマシンインターフェース (Brain Machine Interface: BMI)
N.遺伝子解析
O.その他

これらの手法の内、遠隔から使用可能な手法がとられていると予測できます。テクノロジー犯罪被害者の周辺では、磁気が異常なことが多く、磁気を計測する装置がない方は、磁気コンパスを9つ用意して机に置くとその様子がよくわかります。電磁波の他に、磁気を利用した何らかの手法がとられている可能性が高いです。

遠隔的神経監視や脳波測定による、思考盗聴システムが存在します。遠隔的神経監視により、ターゲットのこれから行うであろう動作を人工知能であらかじめ予測する事も可能です。

医療で、脳に情報を書きこむ場合は、電気と磁気が利用されます。

・電気的介入
.経頭蓋直流電気刺激(tDCS)
経頭蓋交流電気刺激
・磁気的介入
経頭蓋磁気刺激(TMS)

基本的に優先で可能な行為は無線でも可能であり、テクノロジー犯罪被害者に対する脳への干渉には、ELF変調を施したマイクロ波が多用されていますが、他にもあらゆる周波数の電波と磁気が使われていると考えられます。洗脳には、音波も併用されています。

人間の神経細胞の反応速度は、毎秒120mと言われています。音(毎秒約340m)や光(毎秒約30万km)に比べると遅く、遠隔から神経細胞の動きを読み取り、改ざんする事は容易です。遠隔から神経活動を監視し、電磁波で肉体の神経系を操り、筋肉を遠隔操作し、アンドロイドの様にプログラムした動作を強要するシステムも存在しており、すでに世界中で極秘に稼働しています。


2.呼吸、心拍、体温、気の流れ、など、意識で制御できない人体の基本データ

呼吸や心拍、体温、筋電図、気の流れ、その他あらゆる基本的な人体データを遠隔から収集しています。基本データだけでも、ターゲットの精神状態や健康状態が分かります。

3.人体の内部構造、筋肉の動き、血流の流れ、など

人体内部の情報の内、神経活動を除くあらゆる活動も観察しています。厳密には、筋肉や内臓も神経活動によりその動きを観測、予測できます。血液の流れを計測するだけで、かなり生体活動を分析できます。

肉体の各機関を監視する事で、病気の有無や内臓の弱まっている部分などもわかります。持病を持たせ、長期通院させ資産をすべて奪う工作が被害者やその関係者に対してよく使われます。日本の医療業界は、旧軍閥と繋がっており最終的には、国家犯罪の黒幕にそのお金は回収されます。

4.音声

テクノロジー犯罪被害者は、自らの肉体が盗聴器になっており、全ての音声とそれに伴う神経、筋肉の動きが遠隔から計測されています。私は、肉体の遠隔操作で、声帯の筋肉を操作され、特定のキーワードを発現する事を強要される被害にも合っています。

音声がもつ情報量は膨大であり、犯罪の鑑定にも使われます。音響分析からは、発言者の身長や体重、骨格の形、性別、声を発している大まかな空間もわかります。膨大な発言内容と、それに伴う神経活動を分析することで、ターゲットの語彙や知能指数、意識状態、健康状態もわかります。

被害者の中には、自分の声の人工知能から電話がかかってきたと主張する人が複数います。ターゲットの音声が自動分析され、コピー音声ソフトが作られている可能性さえあります。人間の声をまねする人工知能の進化は著しく、すでに素人では本人と見分けがつかないレベルにまで発達しています。

5.体の動き(座標)、顔の表情、など

肉体の座標を人工知能に学習させる事で、ターゲットの肉体のくせや状態が分かります。最新の顔認証ソフトを使えば、顔の表情から、どの様な感情を抱いているかもわかります。例えば人は、うなだれていると顔を下げます。肉体はそれ自体が、精神をよく現します。

加害勢力は、ターゲットの体の動きと顔の表情を、365日コンピュータに学習させ、パターン分析し、行動予測を行っています。


1~5を総合的に分析する事で、被害者は丸裸にされている

全ての人類のあらゆるデータを収集し、各個人の脳と肉体のコピーを仮想空間上に再現する極秘プロジェクトが進められています。世界支配層中枢は、全人類と同じ数のアバターを作成するつもりなのでしょう。

遠隔的生体監視により、被害者の考えていることや行動パターンは、99%筒抜けだと予測できます。これだけ莫大な予算と人員を投入しているのには、それだけのリターンがあるからです。

上記に加え、スマートホンやパソコン、スマート家電、GPSのデータなどが加わるわけで、被害者は丸裸にされています。電波だけで、裸体動画や内臓まで透視し撮影できます。それらのデータは、人間オペレータが逐一観察しているわけではなく、人工知能で自動処理されていると考えられます。

盗聴器や盗撮機などは昔の話です。電磁波(放射線含む)、磁気、音波の複合利用により、被害者の人体そのものが計測装置に改造されているのです。五感情報も、神経を通し盗まれています。

音波による遠隔生体監視も加わる

音波は医療でも、声帯活動の計測に利用されています。音波センサー、音波ソナー、音波レーダーは自動運転にも今後使われます。テクノロジー犯罪被害者のほぼ全てが、電波、放射線、磁気、音波を利用した兵器の複合被害にあっています。そのことから、音波を利用した遠隔生体監視も使われていると予測できます。

音波は電波に比べると防御が容易く、防振素材を使った防音室で防げます。


テクノロジー犯罪被害者はある種の開き直りも大切です!

電波と人工知能だけで、遠隔からターゲットを動画撮影し、その肉体の内部構造も分析できます。電波で空間ごとスキャンし、ターゲットの視点を分析する事で、その視野が何を捉えているかも自動分析できます。GoogleMapのより詳細な動画バージョンが、軍ですでに使われています。空間上にいるすべての人間及び、その視野が捉えている視界情報、五感情報も分析できます。

個人のプライバシーはすでに存在しません。あらゆる対策をして、少しでも加害勢力に渡す個人情報を減少させながらも、ある時点で割り切ることも大切です。神経質になりすぎると生きて行けません。すべての思考や趣味趣向が筒抜けだと、開き直り、いちいち相手を気にせずに自分がやりたいことをやっていきましょう。


コメント

今回の記事は、遠隔生体監視の小冊子原稿を書くための私的メモです。私は普通の市民で専門家ではなく、個人研究の要素が強いことを踏まえてお読みください。



(memo)



遠隔的神経監視(RNM=リモート・ニューラル・モニタリング)
https://syuusutomemo.fc2.net/blog-entry-512.html

【重要】脳と神経の働きを測定する方法 
https://syuusutomemo.fc2.net/blog-entry-515.html
※遠隔生体監視には、電磁波、磁気、放射線以外に、音波も使われている可能性があります。

脳波p300を利用した遠隔うそ発見器
https://syuusutomemo.fc2.net/blog-entry-369.html


ガルヴァーニ電気と電気生理学の始まり
https://syuusutomemo.fc2.net/blog-entry-516.html

超音波検査 Wikipedia

ポリグラフ Wikipedia

検知・検出<意外に身近な超音波センサ、どんなところで使われているのだろう?>
https://www.honda-el.co.jp/hb/3_33.html

生体データ活用の最前線 :スマートセンシングによる生体情報計測とその応用.
https://rnavi.ndl.go.jp/mokuji_html/028149441.html

いつも通り寝るだけで、複数の生体情報 (心電図・ 呼吸・脈動) と離着床行動を同時に計測
https://www.dendai.ac.jp/crc/tlo/tech/seeds/20190116.html

音波を利用した、センサー、ソナー、レーダーも使われている可能性。シュタージでは、対象者や対象者の所有物にに放射線スプレーを吹きかガイガーカウンターでターゲットの接近を検知していました。現在も、放射線やその他(スカラー波、様々な粒子など)が使われている可能性があります。超小型のナノチップが利用されているケースも、海外では確認されています。

人工知能による自動解析により、ターゲットのすべての情報が分かります。声の調子だけで、体調までわかります。テクノロジー犯罪被害者は、あらゆる生体情報が常に取られており、超高性能の分析を常に行われていると予測できます。

集団ストーカー被害者は、盗聴器を探しますが見つかりません。その理由は、軍の情報機関が関与する、プロの仕事だからです。現在の盗聴器は、目に見えないサイズまでありますし、電波だけで遠隔から盗聴できます。スマホやスマート家電を通し、盗聴する事も可能です。暗号化した、盗聴システムは探偵レベルの装置では発見できません。

遠隔的な神経監視により、ターゲットの脳を分析し、思考内容や意識の状態を分析し、それが遠隔からの自動洗脳に使われています。例えば、非常に幸福になる出来事が起きた場合は、いつもよりも酷い被害が用意され、意識をどん底まで落とされる被害に私はあっています。テクノロジー犯罪は、ターゲットの精神を汚染し、意志消沈させ、反抗心を破壊し、精神の自由を奪う非道な犯罪です。全自動、不幸増産システムの側面もあり、このシステムがある限り人類は幸せにはなれません。