集団ストーカーは創価学会が単独でやっているという、科学的洗脳の可能性

非常に優秀で分析能力が高い人たちまでが、ある日突然集団ストーカーは国家犯罪ではなく創価学会だといい始めたり、池田大作に関する情報ばかり発信するケースを多く見てきました。ここから導き出される答えは、加害勢力が、情報をかく乱させるために、意図的に精神工学兵器を利用して、大量の被害者の脳に、『創価学会』、『池田大作』などの洗脳データを送っていると考えられます。

すでに、池田大作は再起不能であり、存命しているかどうかもわかりません。創価や統一というのは、日本を裏から支配している権力者層の代理組織にすぎません。その成り立ちを理解していると、この情報工作が本体ではなく、代理組織を叩かせるという役目があることがよくわかります。

集団ストーカー=創価説がここまで蔓延しているのには、軍情報機関、警察公安部が大量の被害者の脳に洗脳データを送っているというのが、私の仮説です。そうでなければ、理性的な被害者が、ある日突然変容し、国家犯罪であることを否定し、創価学会説を主張するという不可解な現象を説明できません。

集団ストーカーが始まると同時に、私の近所や実家に公明党のポスターが張られ、私自身よくわからないけれど、被害の最初期は何故か創価学会だと思っていました。今振り返ると、私も洗脳されていたのかもしれません。同時に、加害勢力の黒幕の最末端代理組織の中に、創価学会が含まれているのも事実です。無関係ではないので、そこもご注意ください。

※本当に創価学会がやっていたら、ターゲットの家や実家の周りに公明党のポスターを張ったり、ターゲットの家に聖教新聞を置いたりはしないでしょう。情報機関の印象操作の常套手段です。
※創価学会が集団ストーカーとは別に、創価学会にとって不利益になる個人に対し、組織的工作を行っているのは事実です。大体、カルト宗教というのは、こういった行為はどこもやっています。ただし、テクノロジー犯罪は確実に、軍と警察、それと同等の組織以外では不可能です。テクノロジー犯罪の被害がある被害者は、国家犯罪の被害者です。