職場でのテクノロジー犯罪と対策

職場のテクノロジー犯罪は、自宅とほぼ同じです。違いは、職場の空間と人間関係です。電磁波で職場の人間を遠隔操作し、工作に利用することもよくあります。電磁波で職場の人間の脳を操り、特定のほのめかしや動作を強要させたり、被害者にミスを誘発させる工作が相次いでいます。

大企業や人の出入りが激しい企業では、工作員が多数入り込みます。工作員や政府機関の人間が、職場にテクノロジー犯罪に関わる技術監視装置を設置することがあります。経験上、天井や床下、壁の中、擬態した入れ物にしまわれていれています。指向性エネルギー兵器による単純な攻撃は、外部から簡単に行えるため、職場に設置されている技術監視装置には、遠隔生体監視に関わる装置の比率が高いと考えられます。もちろん、攻撃系の装置が仕込まれるケースもあります。

職場のテクノロジー犯罪は、工場や身動きが取れない事務職では酷くなるケースがあります。なるべく、機械類が多い職場や、身動きが取れない職場は避けた方がいいかもしれません。自由に外を動き回れる仕事は、多少楽になる傾向があります。

働いている会社と、会社が入っている建物の所有者は異なることがよくあります。技術監視装置は、基本的に建物の管理者と、政府機関の管轄です。会社でテクノロジー犯罪が酷いからと言って、必ずしも働いている会社が犯人であるとは限らないのでご注意ください。

軍事的な電磁波兵器であれば、1000km以上の射程距離があり、必ずしも技術装置は必要ではありませんが、経験上転職するたびに、職場の天井や壁に不審な装置が設置され、職場の周りにアンテナや電灯が新たに建てられ、通信線の数が増えます。これは私だけではなく、多くの被害者にも同じ現象が起きているため、何かしらの細工がされているのは間違いないと考えられます。


職場のテクノロジー犯罪は、防御が困難

職場での服装の自由度は職業ごとに異なります。在宅勤務であれば、自宅の電磁波シールドルームの中で作業も出来ますが、普通の職場ではまず不可能です。衣服による防御ぐらいしか、手段がないのが現状です。運転手などであれば、車体を改造し電磁波シールド素材を取り入れることも可能です。

衣服だけでは電磁波を防ぐのは不可能ですが、何もしないよりはマシになります。衣服の自由度も職業ごとに異なります。自分の職場にあった防御対策を施してください。

電磁波や音波の防御素材を利用した衣服

1.下着
テクノロジー犯罪被害者は、職場での遠隔レイプ被害に遭っています。遠隔レイプには空気振動も併用されるため、電磁波防御素材と振動を弱める素材を併用するのがいいでしょう。

2.ズボン下
冬場であれば、ズボンの下に電磁波シールド素材を利用したズボン下をはくことが出来ます。

3.ズボン
ズボンは非常に大切です。普通のズボンでも、材質により体感被害が変わってきます。電磁波防御素材や防振効果がある素材を使ったズボンを作成するといいです。電磁波防御衣服は、エコロガでも購入できます。ただし、市販されているものは、マイクロ波などの特定の周波数しか防御は出来ません。

4.シャツ
シャツなどのインナーは、電磁波防御素材のものを使いたいです。出来れば、長袖の方がいいです。

5.上着
上着は心臓や内臓を守るためにも、内側に電磁波シールド素材や防振素材を貼り付けてもいいかもしれません。少々値段は高いですが、電磁波防御用の衣服も販売されています。

6.靴下
靴下も大切です。手を抜かずに、防御してください。

7.手袋
意外と大切なのが指先です。指先や足先に電波を当てられることが多く。ハッキングポイントの1つになっていると考えられます。手袋が可能な職場は限られますが、なるべく電磁波防御素材の手袋を使用してください。普通の手袋だと、意味はありません。

8.靴
靴も電磁波防御素材で作りたいです。靴は、アーシング効果があるものもあります。体に電気がたまりやすい人は、アーシング効果をもたせた電磁波防御素材を自作してもいいかもしれません。

9.帽子、ヘルメット
ここが最も大切です。出来れば頭蓋骨全体を覆う様に電磁波や音波を防ぐ素材を使った、帽子やヘルメットを作ってください。

10.その他
帽子のインナーやマフラー、腹巻きなど、他にも色々使えるアイテムがあります。電磁波防御素材で作ってください。サングラスがあれば、眼球をある程度守れます。ヘッドフォン型の防御装置を作ってもいいかもしれません。最近ではマスクも使われているため、電磁波防御素材を利用したマスクを作れないか、試してみてもいいかもしれません。歯もよく狙われますからね。

電磁波防御素材のタオルなども、職場によっては使えます。通勤途中は、電磁波防御素材の鞄を作り、その中に防御の薄い金属板を入れて、体を守ってもいいかもしれません。

電磁波防御素材の布を包帯のようにして、内臓を守ってもいいかもしれません。皆さんでも、いろいろなアイデアを考えて試してみてください。事務職で働いている方は、下半身を守るために座布団の中に、電磁波防御素材を入れている方もいます。


全身の対策をすることが大切

電磁波防御素材を利用した全身の衣服をそろえてください。お金はかかりますが、必要な投資です。最低でも帽子とインナーはそろえてください。手足は多少やられても問題はありませんが、頭と内臓は大切です。電磁波を防御できる効果は限られますが、何も対策をしないよりはずっとマシになります。


勤務時間と通勤時間を減らすことも大切

職場での被害が酷い人は、勤務時間と通勤時間をなるべく減らす工夫をしてください。また、休憩時間の対策も他必要です。車で休憩が取れる人は、車をシールド化して、そこで休んでもいいかもしれません。

注意点:めがねやブラジャーの金属フレームは、アンテナの役目があるため、非金属にしてください。肉体から金属をできるだけ外してください。

※電磁波兵器は軍事兵器で、電磁波防御素材の衣服では完全には防げません。ただし、何もしないよりはマシなので、ぜひ防御をしてください。夏に半袖を着ていて、日焼けした腕を見るとやはり衣服の防御はバカに出来ないと思い今回の記事を書きました。

本当に電磁波を防御する衣服を作るには、この記事に書いてあるような防御服を作るしかありません。
ガラスに極薄の金を蒸着させる事で、電磁波を防御できる
https://syuusutomemo.fc2.net/blog-entry-554.html

※車の窓に金メッキしたら、電磁波もある程度防げるかなぁ。