夜空を見ていたら、おもい浮かんだイメージ

自転車に乗って、自宅に帰る途中、星空を見ながらぼんやり考えごとをしていました。
そうすると突然あるイメージが、浮かんできました。

人類を支配する巨大なシステム、それをくずすためのドミノ倒し。
その最初のドミノを必死で押している私。
最初のドミノの板さえ、超巨大でいくら必死で押してもびくともしません。

必死で押していると、どこからか不思議な存在が私のそばに現れ微笑みかけました。
不思議な存在が片手をドミノに手をかけると、すーっと軽くなり、最初のドミノは前方に倒れ始めました。

そして、巨大なドミノは次々と倒れていきました。
徐々に巨大になるドミノが、視界から消えるまで倒れて行きました。
大きすぎて、途中から先は見えませんでした。

あの不思議な存在の微笑みはどこかで見た気がします。
自宅に帰って来た今も、イメージだけが鮮明に残っているのでメモしました。
すっと肩が軽くなった感じがします。

コメント

非公開コメント